• このエントリーをはてなブックマークに追加
石原莞爾と東條英機:その25(1,708字)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

石原莞爾と東條英機:その25(1,708字)

2023-11-27 06:00
    近代化によっていわゆる生産性が爆発的に増大した。そうして「新聞」というものが生まれた。ものづくりの生産性が上がって、印刷物を大量に、しかも短期間に作り、配れるようになったからだ。それで、毎日印刷物を発行して配るという、それまでは夢でしかなかったソリューションが徐々に、しかし確実に構成されていった。

    日本における新聞は、明治維新以降徐々に浸透していった。しかし大正に入る頃まで、まだそれほどの巨大産業ではなかった。なぜかといえば、新聞を作ることはできるようになったものの、まだ読者が育っていなかったからだ。

    当時の日本には、新聞を読むリテラシーと財力のある人が限られていた。特に維新からしばらくは、そもそも文章を読むことのできる人が少なかった。確かに識字率は高かったが、それは単に名前を読み書きできるくらいで、難しい文章を読解できる人は少なかった。

    ところが、そんな新聞に驚くばかりの追い風が吹く。そ
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。