• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

週末に見たい映画#35「激突!」(2,544字)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

週末に見たい映画#35「激突!」(2,544字)

2013-09-13 06:00
  • 2
「激突!」は、スティーブン・スピルバーグ監督がもともとテレビ映画用に監督した作品である。しかし、それがあまりにも評判になったため、後に劇場映画として公開された。だから、スピルバーグ監督の劇場映画デビュー作でもある。

この作品には、原作も脚本もある。それを気に入ったスピルバーグ監督が自ら志願して原作者にかけ合い、撮らせてもらうことになったものだ。
ストーリーはシンプルで、乗用車の運転手が、ハイウェイで大型トラックを追い越したことから、そのトラックの運転手に逆恨みされ、追いかけ回される――というサスペンスだ。
そういうシンプルなストーリーだからこそ、監督の手腕というものが試される映画でもある。スピルバーグは、その手腕で世界中を唸らせた。そうして「激突!」を、単なるテレビ映画ではなく、映画史に残るような傑作にまで押し上げたのだ。

そのため、この映画の最大の見所は、なんといってもスピルバーグの監督手腕であ
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

×
この映画はぼくも幼少の頃に金曜か土曜のロードショウで食い入るように見てました。

こどものって旨いもの不味いものハッキリいうので、芸術的contextとは別にいつも旨い不味いに敬意を持っていました。

ハックルさんは志村けんは好きですか?

こんな一幕があったんです。志村けんの番組を(バカ殿)が食卓に流れて、障害児の弟が(差別の反転ね)もう年月は早いもので34になりますが、ぜったいチャンネルを譲らないんです。そんで、むせるように笑うんです。

ご飯食べながら、むせるように笑っている弟をみていたら、もう腹から笑が湧いてきて、気難しい親父も新興宗教の母もぼくも可笑しくて家族がみんな笑っていたんです。

さて、ぼくも話したいことがたくさんあるので、絵本を作ることに致しました。

幸運にも物心ついたときから三毛猫のミー子がいたので、出会いと別れを描いてみたくなりました。

どっかの公募に出します。

落ちたら、地元の行きつけの図書館に、わざとうっかり置き忘れていくというテロを敢行するかは分かりませんが、描いてみようとおもいます。

ハックルさん39
77ヶ月前
userPhoto
岩崎夏海
×
>>1
いいですね。
何かを作るというのは、きっと悪くない選択だと思います。
77ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。