• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

週末に見たい映画#37「カッコーの巣の上で」(2,296字)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

週末に見たい映画#37「カッコーの巣の上で」(2,296字)

2013-10-11 06:00
  • 2
「カッコーの素の上で」は1975年に制作された映画だが、原作自体は1962年に書かれた。そして舞台化され、何度も何度も上演された。大ヒットしたのだ。
そうして、この映画も大ヒットした。暗い内容だが、アカデミー賞の作品賞を初め主要なタイトルを総なめにし、映画史に残る名作となった。

「カッコーの巣の上で」は、今見ても文句なく面白い。なぜ面白いかといえば、役者の演技が素晴らしいからだ。
主演のジャック・ニコルソン、ルイーズ・フレッチャーをはじめ、全ての役者が鬼気迫る演技を披露している。精神病院の話なのだが、ふと気づくと「ドキュメンタリー映画を見ているのではないか」と錯覚させられるほど、リアリティに溢れているのだ。

そういうわけで、この映画は褒めるときりがない。そのためここでは、この作品が誕生した経緯や、ヒットした要因などを、当時の時代背景とともに読み解いてみたい。
そうすることで、この映画が現代においてど
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

×
大男がなんかでっかいもんぶんなげてて記憶がある。
ジャックいいすよね。不潔なところがいい。
76ヶ月前
userPhoto
岩崎夏海
×
>>1
チーフですね。
あの映画にはネイティブ・アメリカンの悲劇と矛盾も遠景に描かれていて、とにかく深い作品ですね。
76ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。