• このエントリーをはてなブックマークに追加
ライトノベルの書き方:その41(最終回)「これから必要とされる物語」(2,036字)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ライトノベルの書き方:その41(最終回)「これから必要とされる物語」(2,036字)

2015-11-10 06:00
    ライトノベルの作家に必要なのは、「これから必要とされる物語」を読み解く力だ。なぜなら、それがないと人々に受け入れられる物語を作れず、結果的にプロとして継続的に物語を書き続けることが困難になるからだ。
    作家には、まず何よりも「物語を書くための環境を整えること」が必要で、それには、自分が書いた物語を多くの人々に受け入れてもらうに越したことはないのである。


    では、「これから必要とされる物語」というのは、どのように読み解けばいいのか?
    それは、主に二つの状況から読み解くことができる。

    一つは「社会」。
    今現在、社会で何が起こっているのか?
    それが分かれば、それに呼応した物語を紡ぐことができる。

    例えば、今の社会で起こっていることの中で、物語に密接なつながりがあるのが「恋愛」である。女性でいえば「アラサー」や「アラフォー」、男性でいえば「オタク」など、今は、恋愛ができない若い男女が本当に多い。
    だか
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。