• このエントリーをはてなブックマークに追加
間違ったフェミニズムで「マウンティング」してくるすべてのリベどもに
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

間違ったフェミニズムで「マウンティング」してくるすべてのリベどもに

2017-03-31 20:35
  • 12
ce40f1fbceacc81199c17669dce330cb038f4f3b


 市川大河という何だかよくわからない御仁がいます。
 グラサンにハゲにヒゲという893紛いの、オタクとは180°違うルックスをツイッターアイコンにして睨みを利かせていらっしゃるのですが、どうも特撮やロボットものがお好きでいらっしゃるらしい。度々問題を起こしておいでらしく、2chにウォッチスレなどを立てられている御仁なのですが、例の「ガンダム事変」*1の時にぼくに噛みついてきて、それ以降もことある毎にそれを蒸し返しておいでのご様子です。
 先日、この大河アニキはシミルボンの『機動戦士ガンダムを読む』第3回でぼくをやり玉に挙げていらっしゃいました。

 数年前Twitterで、『ぼくたちの女災社会』等の著書を持つ兵頭新児氏が、「『ガンダム』って何となく女性ファン少なそうな気がするけどな。シャアなんか明らかに市川治の系譜を狙ってたはずだが。とは言え、やはりその市川治でもわかるように腐女子が「男の世界に乱入してきた存在」であることには原理的に変わりようがない」とツイートし、『機動戦士ガンダム(以下『ガンダム』)』(1979年)ブームを直撃で体験した筆者などの身からすれば、考えられないレベルの歴史修正主義的な見解を披露して、大炎上したという案件があった。

「『ガンダム』って何となく女性ファン少なそうな気がするけどな。」という発言を「考えられないレベルの歴史修正主義的な見解を披露し」たと評しておいでですが、いかがでしょうか。
 仮にぼくが「昨日は何となく雨だった気がするけどな。」と発言したとして、それが勘違いで実際には晴れであったとしても、「歴史修正主義」とは呼びませんよね。「何となく」「気がする」と言ったくらいでそんな風に糾弾されるなんて、恐ろしい話です。ヘイトスピーチ規制法成立後の世界では、こういうことが通用してしまうのですね。
 まさかとは思いますがこの人たち、別の場所では「表現の自由」などと口走っていらっしゃらないでしょうなあ(……って、当時も書いたな、このツッコミ)。
 そう、通常の感受性を持っていたら絶対におかしいと感じる、論理的な整合性の完全に破綻した文章。これは、加野瀬未友が「市川治」「何となく」「気がする」といった諸要素をカットして表題にしたのに対し、アニキはそこをカットしなかったがために生じた珍事です。まあ、カットしなかっただけ正々堂々としているとも言えますが、そのために万人の前で彼らの異常性が露呈される結果となってしまいました。
 ただし、加野瀬も表題(リード文)でミスリードを誘っていただけで、ツイートそのものは「市川治」「何となく」「気がする」といった発言を含むものもそのまま、アップしていました。やはり彼ら、最初から何も考えていなかっただけかも知れません。それで騙される人々(例:鋼鉄サンボ、新井博之助、原田実)の知的能力が心配になって来ますが。
「自分の気に入らぬ発言は絶対に許してはならないのだ」と絶叫を続ける彼らですが、その一方、その反論として出してくるのは決まって「自分にはファンの女友だちがいた」という超主観的なものなのも奇妙です。彼らの青春時代と、それに対する彼らの想いが窺い知れ、胸に熱いものが込み上げますね

*1「ガンダム事変」についてはもう、蒸し返すのもイヤなんですが、絡んでくるのだから仕方がありません。
 ぼくが「『ガンダム』はロマンロボ(市川治さんの出演する諸作品)に比べると何となく女性ファンが少ない気がする」とツイッターでつぶやいたところ、サブカルライターの加野瀬未友がtogetterに「市川治」「何となく」「気がする」を抜いた形のリード文でミスリードさせ、子分たちを焚きつけて狂ったようにこちらを叩いてきた、という事件です。
 詳しくは以下を参照。
『ガンダム』ファンの女子は少ない気がすると言っただけで政治的論争に組み込まれちゃった件
「1stガンダムに女性ファンは少なかったと主張する兵頭新児氏とそれに対する反応」というデマまとめについて
「ホモソーシャル」というヘンな概念にしがみつく人たち

 さて、上の記事は最近のものなのですが、これをきっかけに、しばらく前にもアニキによる誹謗中傷が同じくシミルボンで記事にされていたことに気づきました。
既に30年前に「となり」じゃなくて真正面にいた801ちゃん」がそれです。
 ちょっと長くなりますが、引用してみましょう。

そもそもが、「腐女子という生き物」は、兵頭新児氏がどんなに頑張って、陰謀論でアニメファン歴史を上書きしようとしても、コミケ創設の前から、アニメファンの最前線で、『海のトリトン』(1972年)とかのファンクラブを支え築いたり、『機動戦士ガンダム』(1979年)だって、正直アレを、男子小学生と思春期男子が支えてたという根拠は、ガンプラの売り上げでしか証明できないわけで、当時から「ガルマ×シャア」だの、801カップリングが、同人誌どころか月刊『OUT』とか月刊『ふぁんろ~ど』等の読者投稿やパロディ漫画で、盛り上がるだけ盛り上がってきたわけであって、アニメオタク市場の歴史は、腐女子と共にありという歴史は書き換えられないでしょ? としか言いようがないのである。

 う~ん、ぼくが「腐女子などこの世に存在しない」とでも言ったのであれば、大河アニキの主張も理を持つのですが、当然、そんな事実はありません。
 一体、アニキのぼくに対する認知の歪みと憎悪は、何に端を発するものなのでしょうか。
 実は今日、ツイッターで興味深いつぶやきを見つけました。
『アニメック』というアニメ雑誌の画像なのですが、1980年6月号とのことで、長浜忠夫監督のインタビュー記事です。

4c56a7a4f812e3bbb44d68a77c9d08c1e31b8fc4

4049192edb2400c17582df2a129ba48df6bc5271

 長浜監督は『コンバトラーV』、『ボルテスV』、『闘将ダイモス』といったロボットアニメの総監督です。これら諸作品は上にも述べたように敵として美形キャラが登場し、声をあてたのが人気声優である市川治さんだったこともあり、女性ファンを多く獲得したことで知られ、「ロマンロボ」と呼ばれたりもします。
『ガンダム』のシャアはこうした市川さんの美形キャラの流れを汲んでいるけど、これらに比べ、殊更女性ファンが多い感じはしない、というのがぼくの感想だったのだから、加野瀬も大河アニキも最初っからこっちの発言を掴み損ねているわけです。
(加野瀬がぼくに最初に絡んだ時、ぼくが最初から市川治さんの名前を出していたことを見落とし、ぼくがこうした流れを知らないものと決め込んでいたことが実に象徴的です)
 さて、少し長浜監督の発言を引用していきましょう。

長浜 そうです。一番良くない見方として、たとえば前の作品ですと、ハイネルが出て来て喜ぶ人がいますよね。すると周囲が冷やかし役をやって「キャ~あなたのハイネル様が出てるわよ~ッ」「イヤ~ン」てなことをやっている。まあこういう見方もあるんでしょうけど、ストーリーは心に残らないですからね。これが極端になると「私のリヒテル様をなぜ殺した!」なんて抗議が来ます。

 かなりお怒りのご様子ですね。このハイネル、リヒテルはそれぞれ『ボルテス』、『ダイモス』に登場し、市川治さんが演じた敵の美形キャラです。この引用箇所の前には、当時放映中であった自身の監督作品、『ダルタニアス』のワンシーンを女性ファンから「おかしくて笑っちゃった」と言われたことにいたくご立腹でいらっしゃった様子が書かれています。
 ちなみに『ダルタニアス』においても市川治さんが敵キャラを演じたのですが、美形と言うよりはヒゲのオッサンになっていまいました。これについて、「美形を出すことに嫌気が差したのだろう」と感想を漏らしていた方もいらっしゃいました。
 ただ、ここで敢えてこの女の子たちの弁護をするならば、この当時はこの種のシリアスな作品をからかうことが盛んであり、オタク文化のある意味では主流であったのです。
『うる星やつら』はそうしたニヒリズムを前面に押し出した作品と言えますが、いわゆる二次創作、当時「アニパロ」と呼ばれていた(アニメパロディの略)一群の作品は「元ネタをおちょくる」という性質が強く、また、その描き手はまさに大河アニキが真っ赤になって主張するように女の子たちがメインでありました。
 ただ、こうした腐女子どもが全て「本質がわかっていない」かとなると、そうとばかりも言えないのでは、と思います。事実、先のインタビューでも長浜監督が女性の作った硬派な評論同人誌を採り挙げ、べた褒めしています。
 アレ? アニキは「男が評論同人誌を作る傾向にあること」を強調し、disっていたような……?
 まあいいでしょう。
 パロディって、少なくともオタクにとっては「反体制」ではなくむしろ「愛」なんですね。正直、ヒーローものをからかうような女性ファンの手つきに対して、ぼくも不快になることは度々ありますが、それは「気難しいお父さんが食事を、入浴をしている時だけ無防備なのに、じゃれついている」的なもので、悪意はないわけです。

 さて……大河アニキ、今どんな気持ち?
 今、ここを読んでいるアニキは顔を真っ赤にして、怒っておいでだと、ぼくは想像します。
 何故か。
 上のアニキの記事をもう一度見てください。
 アニキは文脈に何ら関係なくぼくの著作のタイトルを名指ししています。加野瀬もこれと同様の振る舞いに出ておりましたが、彼らはこのタイトルを表示した段階で、ぼくを論破した気になれるというスキルをお持ちでいらっしゃるのです。何となれば女性に対してはいかなる批判も許されないというのが、彼らの価値観なのですから。
 随分久し振りに蒸し返しますが、以前、東浩紀師匠がBLに対して「男のホモソーシャリティを風刺した表現」というびっくり仰天な解釈を施して、失笑を買ったことがありました*2。
 リベラル君たちがとにもかくにもフェミニズムに平身低頭するのは、それにより「自分以外の男たち」に対し、アドバンテージを得ることができるという勘違いを端に発しています。そう、それはアニキの文章を見るとよくわかりますね。「男よりも先へ行っている女性、その女性を理解する自分」という彼の自意識は、「(自分には)彼女さん(がいた)」と繰り返す切ない文章から溢れ出しています(彼らが目下のオタク文化に憎悪を抱く傾向にあるのは、そうした当時の幻想が打ち砕かれたからでした)。
「ガンダム事変」の本質は、彼らが正義になるために、「女性を理解しない悪者」を必要とした、ということでした。
 必要だが、非実在だった、ということでした。
 それでも必要なので、従軍慰安婦くらいに痴漢冤罪くらいにムリヤリに捏造した、ということでした。
 そういうことだったのです。
 東師匠がそうであったように、彼らの頭の中は女性を「兵器利用」することでいっぱいでした。
『ダイモス』では民間のロボであるダイモスを接収しようとする、防衛軍のタカ派軍人が悪役として登場しますが、彼らのやろうとしていることもこれと同じだったのです。
「ボクたちの代わりに、おにゃのこたちにボクたちの嫌いなおじさんたちをやっつけてもらおう」が彼らのホンネでした。多分、戦闘美少女物のアニメを見て現実と虚構を混同してしまったのだと思います。
 しかし、腐女子たちは別に、男を風刺する意図など持ってはいませんでした。
 男をからかっているようにも見えますが、それは彼女らの好きな、萌えキャラに対してのみの感情で、リベラル君たちの大嫌いなおじさんたちをからかおうとは、してくれませんでした。
 上に「気難しいお父さん」と書きましたが、むしろ腐女子たちは男性キャラをそのような位置に見ていることが多いわけです。『なぜ、腐女子は男尊女卑なのか?』という(腐女子による)本があったのですが(いえ、未読なのですが)このタイトルはなかなかことの本質を捉えています。

 敵に対しては「歴史修正主義」といった虚偽のレッテルを貼りながら、シミルボンというネットマガジンを利用して、歴史の修正を続ける大河アニキ
 しかし、以上のことからもわかるようにそれは、「彼らの村では何ら疑うことなく正義とされている」振る舞いでした。
 いくら何でも……と思い、シミルボンさんには以上の経緯を(できるだけ冷静に)お伝えし、記事について再考をお願いしたのですが、今のところ、お返事はいただけておりません。
 これからも彼らはサンドバッグを求め、捏造と誹謗と恫喝と歴史修正とデマの拡散の限りを尽くすのでしょう。
 めでたしめでたし。

*2「東浩紀「処女を求める男性なんてオタクだけ」と平野騒動に苦言(その2)
コメント コメントを書く
他2件のコメントを表示
userPhoto 兵頭新児(著者)

>>1

顔面核爆弾様>

>現実にプリキュアがいないことを彼はいつになったら気づくんでしょうなぁwww

ホントそれです。
ネット時代になる前、オタクメディアではオタク女子に対する嫌悪感(言い換えれば、プリキュアじゃない感)は、戒厳令によって決して表に出ることはありませんでした。
ですから引用した長浜監督の言は本当に例外的ですが、実際には当時から潜在していたのだろうな、とは思います。

>最近のピル神様の様子を見てたんですが、まなざし村の連中からウヨフェミとか言われてて笑いましたwww
>でも、まなざし村の立場からすればピル神も多摩湖もウヨフェミでしょうね。

>昔、小倉さんが上野さんと対談した時に『リベラル・フェミニズムとは改革の皮をかぶった保守派』と言っていたことを思い出させます。

まあ、「まなざし村」もピル教徒に言わせれば「フェミの名を騙る保守」が正体みたいですし。
しかし小倉師匠の言葉は「表現の自由」クラスタに聞かせてやりたいですね。
宮台師匠が上野千鶴子師匠を「ラディカルフェミニスト」だと言っても全く動じない人たちですから、「命令電波に命ぜられた以外の行動」は全くしないのでしょうが。

>リベフェミはリバタリアニズムと非常に親和性が高い。それゆえ大多数のバカ女はクソフェミを支持するだろうし、宮台さんのような新自由主義者はピル神のような女を支持する訳ですね。

いわゆる、かつて実在したとされてるリベフェミとピル神が、どこまで近いかはわかりませんが、一応はそういう思考経路を辿って入信なさったんだろうなあという気はしますね。

>表現の自由クラスタも結局はオタクの味方ではなく、新自由主義の犬でしかありません。

「オタクはjpgを与えておけば飼育できる家畜だ」と思っていることでしょうしね。

>そんなある日のこと、フェミは海岸で『ぼくたちの女災社会』を音読する美少年を発見。

いや……そういうガキはちょっと……。

No.4 63ヶ月前
userPhoto 兵頭新児(著者)

>>2

gundum様>

う~ん、あんまり関係ないような。

No.5 63ヶ月前

>いや……そういうガキはちょっと……。

ですよねwww

>まあ、「まなざし村」もピル教徒に言わせれば「フェミの名を騙る保守」が正体みたいですし。

まあ確かにアカデミックの立ち位置としてはまなざし村は左派なんですが、実際は右派の人たちと親和性が高いでしょうね。
まなざし村の主張を一言で言えば、共産主義のバリアントですからマッチョ男がいなければ彼女らの理想社会は実現出来ません。
ですが、強者女性からすれば男が男らしさから解放されればされるほど競争相手が減って自分も金持ちになれるチャンスだし、金持ちの男とお近づきになれる機会も増えるって訳ですわ。
ピル神や多摩湖が強者女性なのかは分かりませんが、少なくともストロッセンなんかはバリバリの社会的強者でしょうなwww
メンズリブの信奉者からすれば、ストロッセンがプリキュアに見えるのかもしれませんがwww
私も日本のフェミ様と比べればストロッセンはまだマシな方だとは思うので仮面ライダーストロンガー的ポジションかなと(いや、単純に名前が似てるからストロンガーと言ってみたかっただけですがwww)。
まあ、どちらにせよ私や兵頭さんのような弱者男性の立場から言わせてもらえばリベフェミだろうがラディフェミだろうが結局のところ敵であることに変わりはないですwww
日本型社会主義を再評価すべき時代に突入しているとは思うんですが、現実は真逆の方向へ向かっていっている気がしますね……。
結婚出来なくなったことを『自由』と言い換えるならば、男たちは確かに自由を手に入れました。しかし、その『自由』とやらの引き換えに男たちは貧乏になったとさ、めでたしめでたし(いや、全然めでたくないんですがwww)。
自由と平等って普遍的に相入れない概念ですなぁ……。
表現の自由クラスタって若そうな人たちが多い印象ですが、彼らって子供の頃から親が共働きだったのが当たり前の世代な訳ですから、親と子の絆といった『家族』の物語を信用することが出来ないのでしょうね。旧来の伝統的な家族観から逸脱したBLや百合の隆盛もこうした現在の社会状況が大いに影響していると考えられます(もちろんBLと百合自体は大変素晴らしいジャンルだと思いますが)。

あっ、そういえば『「意識高い系」の研究』を出した意識高い古谷さんが『勝部元気氏との対談を終えて。私はやはり右翼・男性なのだと感じた。「日本男児として生まれたるや、たとえ刀折れ矢尽きるとも敵主力(リア充)を撃砕し、よしんば肉薄せんと猪突するところが男子の本懐なり。それにより路傍の骨となりても本望なり」。この心意気である』と面白いことを仰っていました。
いやはや日本男児ならリア充を撃破するべきとか言っちゃう意識高い系クソワロタwww
意識高い系に対して『自撮りの中からいいところ(奇跡の一枚)しかアップロードしなかったり』とか言ってましたが、それ完全にお前のことやんwww
『今後ともDT気質を忘れず、敵主力リア充の撃砕に全軍を以って邁進していく決意を新たにいたしました!今後ともよろしくお願いいたします』とリア充に言われても困るんだがwww
KTBと対談しただけあって、この人も大変面白い方ですなぁwww
そういえば彼は前にサブカル連中に人気が高い高橋良輔や庵野秀明の作品を褒め讃えながら、萌え撲滅を訴えていましたよね。古谷さんぐらいの世代ですと、子供の頃から萌え作品に親しんできた方は多いと思うんですがね。
Twitterなんかでは古谷さんのことを『もう次世代の本田透。気温マイナスの中、三月の札幌でエヴァ旧劇場版を徹夜で並んだ話でもう心掴まれました。リア充という社会悪を根絶、まさに本田透の再来! 古谷経衛さんが本田透と根本的に違うところは、90年代後半のエロゲー勃興に否定的だったという点。アニオタが挙ってそっちに流れる中、押井守や今敏、大友克洋にかぶれたサブカル崩れでオタクに対して近親憎悪を覚えていたとのこと。エロゲーを経由しなかった点に関しては妙な親近感がありました』と高く評価している意識高いサブカル君がチラホラといらっしゃいました。
いやぁ〜、ホントにサブカルって自意識ライジングしてるんだなぁwww
KTBにいたっては『私の好きなタイプは私です。私は自分の細身なところ、美意識ある程度高めなところ、野心と好奇心が旺盛なところ、性的に活発なところが特に好き。自分と結婚したい』とか言っちゃうほどに自意識ビックバンを起こしている模様www
意識高いコンビで仲良く自滅してくれwww
赤木智弘さんも最近はフェミ寄りの主張が多く、『表現規制の問題を語るのであれば、国や行政といった公権力による規制と、個人による批判は明確に分けて考えなければいけないのに「フェミニクシー」で、さもフェミの抗議を公権力か何かのように妄想してしまっている』と常日頃からポリコレ棒でオタクに殴りかかるフェミ様を擁護していらっしゃいました。ブログの方では『「オタクが行けば、関心を持てば業界が潤う」という偏見は、その対として「オタクを拒否すれば業界は滅びるぞ!」という呪いや脅迫を包有しているのである 』とオタクを盛大にdisっておられました。
赤木さん、ぶっちゃけオタクのこと嫌ってますよね。なんだか被害妄想でオタクを叩いている人にしか見えないんですが……。
くま鉄の時も『くま鉄の特別応援切符中止問題に対する一部のオタクの過剰反応は、(中略)、さもオタクがその要不要を決定できるかのような傲慢さを露呈してしまっていたと、僕は見ている』と勝手に被害者ぶることで相手を悪者にする左派のテンプレロジックを駆使して、結論ありきで最初からオタクだけを必要以上に叩いていらっしゃいました。ついに赤木さんもオタク叩き路線に走ってしまったようです……。
やはり、左派寄りの連中は全員信用に置けませんね。

No.6 63ヶ月前

まなざし村vsリベフェミは外からみたら、、保守vs保守みたいなもんでしょう。

しかも我が国は日本人の股からでたハーフが賞賛されやすいです。

No.7 63ヶ月前
userPhoto 兵頭新児(著者)

>>6

顔面核爆弾様>

>まなざし村の主張を一言で言えば、共産主義のバリアントですからマッチョ男がいなければ彼女らの理想社会は実現出来ません。

う~ん、「まなざし村」というのは単純に「反ポルノ」を標榜している(後は敢えて言えば「ジャップオス」的なミサンドリーを顕わにする)ことが特徴で、それ以外は一般的なフェミニズムと変わらないのでは?
(もちろん、一般的なフェミニズムも内心では「反ポルノ」であり、彼女ら以上のミサンドリストですが)

「まなざし村」とは違うとされる上野師匠のような「プロフェミ」たちも、「共産主義を目指しているのか?」と問われたら首を横に振るでしょうけど、家族の解体、アトミズムなどの諸要素は共産主義に近いと思います。

>表現の自由クラスタって若そうな人たちが多い印象ですが、彼らって子供の頃から親が共働きだったのが当たり前の世代な訳ですから、親と子の絆といった『家族』の物語を信用することが出来ないのでしょうね。

それはありそうですね。
近年の若い連中は親とも仲がいい、反抗期もない、といったイメージがありますが、それは家族関係が希薄なせいなのかも知れません。
「表現の自由クラスタ」の実態について、ぼくも「オタク界のトップ」、つまりある程度地位を持ってる連中に煽動されている若い連中、と判断しているのですが、とはいえ、頭のどこかでは「実は沖縄のデモの人と変わんない年齢層かも……」という感じもしており、本当のところどうなのか、今一わからないのですが……。

>旧来の伝統的な家族観から逸脱したBLや百合の隆盛もこうした現在の社会状況が大いに影響していると考えられます(もちろんBLと百合自体は大変素晴らしいジャンルだと思いますが)。

一方で「妹」、「メイド」ブームはむしろ本来の家族観の再興といった評価が可能なので、両方ある、ということでしょう。
もっとも近年のオタク界のブームとなると、何になるのかわかりませんが……。

>そういえば彼は前にサブカル連中に人気が高い高橋良輔や庵野秀明の作品を褒め讃えながら、萌え撲滅を訴えていましたよね。

これは知りませんでした。
正直、この人についてはあんまり知識もないんで……。
本田透と真逆とすると、ちょっと「非モテのカリスマ」とは言いにくいですね。
(ぼくの中のサブカル君の位置って、謙遜で「ぼくはオタクだ」「だからモテない」と自称しつつ、内心では「俺よりモテないオタク」を完全に見下してるヤツら、というイメージなんですよね)

赤木さんもちょっとショックですね。
わりとツイッターなどでは「普通の左翼」という感じの発言が多かったですが。

No.8 63ヶ月前
userPhoto 兵頭新児(著者)

>>7

gundam様>

いや、外から見たら左派vs左派に見えるのでは……。

No.9 63ヶ月前

男性保育士の件でメガネをかけてる=小さな女の子が大好きと言うイメージをマスコミが流しても文句言えないような事をしているのがオタクとサブカル連中なんですよ。

No.10 63ヶ月前
userPhoto 兵頭新児(著者)

そうは思えませんが。

No.11 63ヶ月前

日本の男に外国へ目を向けさせないように同性愛者を増長させて、邪魔になったら、切り捨てる。
さすが政府だ!汚すぎる。

No.12 63ヶ月前
userPhoto 兵頭新児(著者)

前も書きましたけど、あなたのコメントはよくわからないですよ。

大体の場合、「賛成できないし、根拠不明だし、そもそも話の流れ(ブログ記事との関連性とか)も不明だけど、とにもかくにも何を主張しているかはわかる」んですけど、今回はそれすらわからない。
それじゃちょっと、コメントしようがありません。

No.13 63ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。