• このエントリーをはてなブックマークに追加
特南の歩き方 牌譜添削version
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

特南の歩き方 牌譜添削version

2019-09-19 12:00
  • 2
今日の牌譜添削はYさんです。
総評を先に言いますと、非常に 惜しい 感じですね。

あともう少しなのだけど、その差が中々埋まらないような
じれったさを感じます。今日はそんなYさんの改善案を提示します。

93b9e748dec7665dfdf3c5a44b0b4c4a391c2449

親リーチ相手にカンチャン待ちでテンパイです。

b17b1031367d8688780ab90047a01d9c1554c4a1

Yさん改善案その1 リーチをかけろ!

親リーチ相手に5200カンチャン待ちは十分リターンが見合っています。

781ba609544f2de823d241468e7d79570bcf4e11

このダマテン、意図はよーくわかりますよ。

Yさん改善案その1 リーチをかけろ!

しかし、これだけ早い巡目なら
相手も危険牌を絞り切れませんし、リーチをしたほうが良さげです。

981a113b93a5bb0d85aa6bd93cfd72b9d030ef55

Yさん改善案その1 リーチをかけろ!

ちょっと厳しいことを言いますと、本当にブロマガ読んでますか?

読んでいてなおこれをダマテンにするようなら
きっとこの記事にあるような心因的な問題なのでしょうね。

リーチにはリスクがつきものです。でもYさんは
リーチをしないことで別のリスクを先送りにしているのです。

この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

次回配信予定
  • 2019/10/23
    第11章
×
今回、牌譜添削していただいたYです。
改善案をたくさん見つけて頂き、本当にありがとうございます。
放銃するリスクを気にして、リーチに踏み切れないことが多く、平均打点の低下はとても気になっていたのですが、リーチをしないことで順位点を下げるリスクを背負っているという言葉にとても考えさせられました。
また、ドラを然るべきタイミングで打てないせいで、和了率の低下を起こし、平均打点の低下と和了率の低下で3着を量産しているのだと分かりました。
今後は、上記二つのリーチ判断、ドラ切り判断を改善して、和了率と平均打点(理想のテンパイ枚数も意識して)をあげ、今ある大量の3着を2着に、2着をトップにできるような打ち方を心がけていこうと思います!
本当にありがとうございます!
1ヶ月前
userPhoto
木原 浩一
×
いつもありがとうございます

押し引きはいい線いっていると思います。手組やリーチ判断でもう一歩前へ踏み込む感じで頑張ってみて下さい。
0ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。