• このエントリーをはてなブックマークに追加
「浜辺でビール片手に盆踊りを眺めながら僕らの命がどこから来てどこに逝くのかに思いを馳せる。」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「浜辺でビール片手に盆踊りを眺めながら僕らの命がどこから来てどこに逝くのかに思いを馳せる。」

2016-08-19 07:00
  • 2

 1年前と同じ宵闇の浜辺に、1年前とは違う僕らがいた。先祖の御霊を見送った送り盆に浜で開かれる盆踊りの夜だった。まるで現世の人々を見守る御霊のような提灯のやさしい明かり。地元の少年少女によるお囃子。小さな櫓を囲んで浴衣の袖が涼しげに揺れていた。

「柔らかい砂浜の上で踊るには下駄よりもビーサンなんだね」

「ホントだ、浴衣なのにビーサン」

 1年前は見落としていたその間違い探しが発見できるくらい僕らは心に余裕ができたのかもしれない。

 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

コメント コメントを書く

おはようございます。

感慨深い盆踊りでしたね。去年のブログで
奥様がつぶやいた一言、よく覚えています。
なんだか、切なくて。だから、お子さまができた
報告を読んで、よかったなぁーとすごく嬉しかったです。

私の友人にも不妊治療をしていた時期があり、
その辛さや、希望と絶望を繰り返す姿を
間近でみていました。幼い子をみるたびに
自分の存在意義や何気なくかけられる「お子さんは?」という言葉に友人は何度傷つけられてきたか。
その友人もやっと小さな命を授かり、高年齢ながら無事出産。すくすく元気に育っています。

命について考えることがなかった自分が、友人の姿や自分の出産で生まれてくる命、去っていく命のことを考えるようになりました。そしてこの世に産まれて来たことの奇跡に感謝しなければと感じています。

きっと、お腹の赤ちゃんは小原さんの子供になりたくてやって来たはず。その赤ちゃんの思いを信じて、ゆったりとした気持ちで新しい命を迎えてあげてくださいね♪来年の今頃、三人での盆踊りの話が聞けることを楽しみにしています。

残暑も厳しい中、奥さまは大きなお腹で大変だと思いますが、お体にお気をつけて♪

No.1 72ヶ月前
userPhoto 小原信治(著者)

>>1
ありがとうございます。日々勉強です。

No.2 72ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。