• このエントリーをはてなブックマークに追加
「軍港の風に吹かれて」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「軍港の風に吹かれて」

2017-04-17 07:00
  • 6

 三浦半島をぐるりと一望できる衣笠公園はさくら百選にも選ばれている桜の名所だ。
3b81461d5f28f1fc13c727cc21ae5fd9e4fcf74d

 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

×
おはようございます。

怒ることさえも麻痺している自分もいて。

横須賀や三浦にも親しい友人や家族が昔から住んでいて、何かある度に、怖いねーと話しあい、デモや抗議行動を起こしていても、結局はなにも変わらず
ことは進むーー。身近にあっても、そんな日常に慣れてしまってる私たちがいて。
どうしようもないんですかね。

あの戦艦を見るたびに恐怖を感じているのに。

昨日はキリスト教の復活大祭。神父の説教で、社会情勢についてのお話が空しく響いていました。
家族が健康に幸せに!だけを望めば
戦いはなくなるのに。
30ヶ月前
×
おはようございます。
今、気仙沼の海に来ています。
草花が咲き始め新しい年度のはじまり。
心がワクワクするはずが気持ちの悪い事案ばかり。
国民の意思よりも独裁的な国家にしたいのか、なりたいのか。未来ある子供たちを危険に晒さないで欲しい。無力な私は海を眺め心を落ち着かせています。
30ヶ月前
×
美しい場所に秘められたかのようにある史実。
そして、悲しみの裏にある現代の景色。
複雑な心境になりますね、戦争に向かうのではないかという昨今の世情からすると。

第二次世界大戦は教訓にはならなかったのでしょうか。戦争は有益なのでしょうか。
人の心に影を落とす戦争はすべきではないし、未来を残すためにも平和で居続けてほしいものですね。
30ヶ月前
userPhoto
小原信治
×
>>1
資本主義は成長を前提としているにもかかわらず、成長を止めてしまったからどこの指導者も自国の利益だけを優先して他国を許容しないナショナリズム病が国民にも蔓延してそういう政権を支持しているんだそうです。みんないつまでただの紙屑に縛られ、振り回されているんだろう。と、お金から自由になる生活に舵を切った身としては思います。
30ヶ月前
userPhoto
小原信治
×
>>2
誰かが言ってました。「バカがトップに立つと国民もみんなバカになる。」言い得て妙だなと。生き残る方法はただひとつ、今の世界と同じ方向を見ないこと、のような気がします。
30ヶ月前
userPhoto
小原信治
×
>>3
戦争は人殺しです。外交手段だなんて言う人がいるけれど、人殺しでしょう。国の外交手段として戦争が認められるなら、企業だってビジネスの為に人殺しをしてもいいことになってしまう。弱虫な僕はそう思います。
30ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。