• このエントリーをはてなブックマークに追加

チャンネルと同時入会でプレミアムが初月無料!(0円)

「パパ起きて」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「パパ起きて」

2020-08-12 07:00

     蝉時雨の小径を歩いていたときのことだ。突然思い出したように娘が言った。
    「つむちゃんだけ、夜に起きたんだけどね、ママもパパも眠ってて、怖かったの」
     強い西日に照らされたぼくらの影がアスファルトに映っていた。目眩がした。目に映る影が蜃気楼のように揺れ、ぼくと娘のものから父とぼくのものになったような錯覚に陥った。ぼく自身にも覚えがあった。子どもの頃、真夜中に目を覚ましたときのことだ。両親の寝顔を見て、彼らが二度と目を覚まさなかったらという不安に駆られた。なんとも得体の知れない底無しの不安だった。暗闇の中で彼らが息をしているのかどうか確かめようとした。微かに上下する掛け布団を見てようやく安堵して眠りについた。だから娘の「怖かったの」という言葉に込められた不安が手に取るように分かった。
    「そっか、パパも子どものときそういうことあったよ」
    「パパも?」
    「うん」
     娘が落ち込んでいるとき、困っているとき、気

    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。