• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

北方領土の解決をどう図っていくか
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

北方領土の解決をどう図っていくか

2013-02-19 05:43

     

    2013218 読売新聞は次のように報じた。

    「安倍首相の特使として、自民党の森元首相を20~22日の日程でロシアに派遣すると発表した。森氏は21日にロシアのプーチン大統領と会談し、首相の親書を手渡すほか、22日には大統領側近のナルイシキン下院議長と会談する。菅氏は派遣について、「(森氏は)大統領と非常に親交があり、首相訪露に向けての地ならしとして、日露関係全般について意見交換を行う」と述べた。森氏と大統領の会談では、北方領土問題もテーマとなる見通しだ。ただ、菅氏は両氏の会談を「(政府間)交渉ではなくて(非公式の)意見交換」と位置づけた。森氏が択捉島以外の3島の先行返還に言及したことについても、「4島の(日本への)帰属が前提だから、日本の立場を逸脱することはない」と強調した。」
     北方領土問題は今、解決の可能性がある。
     ソ連、ロシア側の首脳の北方領土問題に対する姿勢は歴史的に見て

    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。