• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

『日本国の正体』(9月下旬発行)スティムソンは第二次大戦時陸軍長官。〈当面の問題は、 我々が大きな危険にさらされることなしに、いかに、日本側に最初の攻撃の火蓋を切らせる よう追い込むかだ。〉米国は参戦望むも中立法で戦争できない状況。日本に攻撃させる工作
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

『日本国の正体』(9月下旬発行)スティムソンは第二次大戦時陸軍長官。〈当面の問題は、 我々が大きな危険にさらされることなしに、いかに、日本側に最初の攻撃の火蓋を切らせる よう追い込むかだ。〉米国は参戦望むも中立法で戦争できない状況。日本に攻撃させる工作

2019-08-16 07:51
  • 5

日本に先に撃たせる米国の作戦

〈当面の問題は、われわれがあまり大きな危険にさらされることなしに、いかにして、日本

に最初の攻撃の火蓋を切らせるような立場に追い込むか、ということだった。〉

出典:『太平洋戦争秘史』(每日新聞社、一九六五年)中「スティムソン日記」(一九四一年一一月二五日)

■解説

ヘンリー・スティムソンは一八六七年生まれ。第二次大戦中は陸軍長官。『太平洋戦争秘史』(每日新聞社、一九六五年)より関連箇所をさらに引用する。

〈一一月二五日の正午にマーシャル将軍と私(スチィムソン)はホワイトハウスに出かけた

が、会議は午後一時半までかかった。ハル(注:国務長官)、ノックス(注:海軍長官)、マ

ーシャル(注:陸軍参謀総長)、スターク(注:海軍作戦部長)および私が参会者だった。

大統領は欧州戦に参加の場合の国家行動(ビクトリー・パレード)をとりあげずに、本日は

対日関係だけを議題にし

この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

×
スティムソン日記の信ぴょう性は保証されているか?
1ヶ月前
×
米国の罠にかかって最後は広島、長崎に原爆喰らってTHE END。本当に情けない。

ステイムソンの話は星条旗信奉者には聞きたくないことでしょうね。今も米国は日本をどうチャイナにぶつけるか考えて居る。CIA出身のポンペオは既に香港の若者を動員し混乱を起こしている。朝日新聞は毎日香港の若者を支援する記事を書いている。CIAからなんぼ貰っているか知らないが、いくらか報酬はあるだろう(辺野古とかフランスの黄色いジャケットはアリバイ程度に触れるだけ。金にならないからね)。

もう少しましな政権に速やかに代えないと日本は危ないよ。
1ヶ月前
×
最初の一撃を相手に奮わせたのは真珠湾だけではなく、ベトナム戦争や湾岸戦争でも展開されている。そればかりか西部開拓時代の決闘でも、「正義の味方の常套手段」ではなかったか。
つまり米国人が相手と戦う場合に、「自分が正義」と見せかける戦術とみるべきだろう。
それに対して日本人には、そのような戦術はなく、「経済制裁はけしからん」などの感情で行動してしまったのだ。そして、その後も反省をしていないから、徴用工問題で謝罪をしていないと指摘されたら「無礼だ」と怒り、経済制裁に走っている。これではどこの国とも仲良くなれませんね。
1ヶ月前
×
>>1
そう言いたくなりますよね。貴兄は「米国命」なんだから。

言っときますが、当時はルーズベルト治下。まだ正義感があった。実際に日本軍が攻撃するのを待った。ルーズベルトが暗殺(スターリンはそう疑っていた)された後は、何でもあり。偽旗作戦は彼らの常套手段。「やられた」と言って、よくサッカー選手がつんのめって見せる。そういう手を戦争でもやります。
1ヶ月前
×
>>4
サッカーは大変おもしろいスポーツですが、あれはほんと
サッカーのガンですね。

まるで、どのチームにも振り付け師が雇われているみたい。
1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。