• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

日本経済厳しい状況。昨年10~12月期国内総生産で前期(7~9月期)より1・6%減。年率換算6・3%減。この中、広がる「コロナ自粛」、内外需総崩れのシナリオも(ロイター):今月1─19日の東海道新幹線の利用者数は前年比8%減、外食、大影響31%
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

日本経済厳しい状況。昨年10~12月期国内総生産で前期(7~9月期)より1・6%減。年率換算6・3%減。この中、広がる「コロナ自粛」、内外需総崩れのシナリオも(ロイター):今月1─19日の東海道新幹線の利用者数は前年比8%減、外食、大影響31%

2020-02-22 08:51
  • 5

日本経済はいま、きわめて厳しい状況に直面している。

1:「内閣府が17日公表した昨年10~12月期の国内総生産(GDP)の1次速報は、物価の変動を除いた実質(季節調整値)で前期(7~9月期)より1・6%減り、5四半期ぶりのマイナス成長となった。この状況が1年続いたと仮定した年率換算では6・3%減。10月からの消費増税に台風被害なども重なり、個人消費が落ちこんだことが大きく影響した。

 2019年10-12月期GDP(一次速報)の概要

 実質成長率   マイナス1.6%(年率6.3%)

 個人消費    マイナス2.9%

 住宅投資    マイナス2.7%

 設備投資    マイナス3.7%

 民間在庫寄与率     0.1%

 公共投資        1.1%

 輸出      マイナス0.1%

 輸入      マイナス2.6%

2:ウォールストリートは「みじめな2019年最終四半期に続

この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

×
ここで日本の嫌中族が学ぶべきことは「米国の経済は日本にとって不可欠だが、中国の経済も日本が今の生活を維持して行くのには米国経済と同様に欠くことは出来ない」ということだ。

嫌中族は子供じみた感情を捨てて大人になって中国を経済パートナーとして認めて包容する度量を持つべきだ。

さすれば、世界に明るい未来が到来するし、誰とも対決することしか知らない子供っぽい米国もじわりと日本に従って来よう。
1ヶ月前
×
COVID-19感染船のダイアモンド・プリンセスの航路は日本発着であるが,船籍は英国,船会社は米国である。

国連海洋法条約では公海上の船舶については「旗国主義」に基づき船籍が登録されている国が排他的な管轄権を持つが、感染症に関する対策が明記されていない。

感染が後になって判明した香港人が1月25日下船前後から拡大したとみられる。船内は、COVID-19のことが分かっていながら、船内でどんちゃん騒ぎのパーティーを行っていた。COVID-19の感染拡大の原因を作ったのは、クルーズ船の無責任な客対応に起因していることは明らかである。

英国の通信社であるロイターは、このような事実を把握してこのような無責任な記事を報道しているのか、また、英国の市長選挙で日本の代わりに英国がオリンピックを開催できるなどとふざけたことを言っている。小池都知事は即反論しているが、政府は何故抗議声明を出さないのか。断固として抗議してほしい。

今回の経済的打撃は、中国が一番大きく、韓国・日本の打撃も大きいのは、わかりきったことであり、日本だけをやり玉に挙げるのは,適正を欠いたものといえる。世界全体、特に中国・韓国・日本を含めたアジア全体で議論すべきものではないか。日本政府だけで解決できる問題ではない。
1ヶ月前
×
>>2
全くそうですね。ご趣旨御尤もだと思います。

ただ一言、ちちゃいもんだいですけど、外洋船のナショナルフラッグというのは無くなってます。

日本郵船とか称してますが、この会社には日本に登録している所有船はないんじゃないですか。リベリアとかパナマとか訳の分からない国に籍を置いて船長から水夫まで全員外国人なっているんじゃないでしょうか。

世界を動き回る船は外洋では船長が大統領となるまさしく国と言えましょう。こういうことは世界がアナーキになる種にもなりやすい。世界が規正を加えねばならないと思います。
1ヶ月前
×
するっと書いていますが、孫崎さん引用の記事中にもあるように、もはや政府は「いわゆる「市中感染」を前提に」対応しようとしているようですね。言い方を変えれば、インフルエンザなんかと同等の感染症として共存しなさい、それを前提に人生を謳歌しなさい、というわけです。

ただし、インフルエンザと違い、ワクチンも特異的治療法も今のところないし、死亡率はインフルエンザよりも高い(WHOの会見みてるとSARSより低いというところが強調されてますが)。全年齢が罹患しますが、高齢者のほうがよく死ぬようですね。十中八九、これから高齢者施設なんかでの流行、そして大量死が起きると思います。まあ、むかしは誰でも結核やら赤痢やらでポンポン死んでたんだからうるさいことは言わないことにしましょうか 笑

時事通信が、「政府関係者によると、習近平国家主席の国賓来日を控えて中国側から「大ごとにしないでほしい」と要請があったといい、これも後手に回った要因だとみられる」と報道しています。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020021800962&g=pol
安倍政権による中国への「見事な」忖度ですが、ひごろ米国への忖度を口を極めて罵っているヒトビトが静かなのはどうしたんでしょうね。やはり彼らは、米国の属国から中国の属国に変わりたかっただけなんだなと残念な気持ちです。フィリピンでさえ、中国人を追い出したのにね。

もちろん、中国との経済関係をいきなり断つのは、安保条約をいきなりなくすのと同じく現実的ではありません。しかし、とりあえずは中国人観光客については、ここ十年足らずのあいだに人為的に増やされたのだから、減らすことも可能だとおもいます。「これからの日本は中国人観光で食っていこうよラララララ」と踊り狂っている、自民党二階派、公明党、そのほか日本中の有象無象には退場願いましょう。自民党自体にも退場していただくしかないと思います。

そうでないと、これが最後じゃありませんよ。中国発の感染症によって、同じようなことがこれから何度もおきます。
1ヶ月前
×
人類に免疫のないウィルスが流行すると、現代の医学をもってしても、多くの人が命を落とすことを思うと、まだまだ人類なんて大したことないなと思わずにはいられません。しかし、悲観的にならず、この難局を勇気を持って英断し動く事が必要です。はからずも、春節が終わって中国は見事にそれをやっているように見えます。 問題は多いものの、共産党の統率力を発揮し感染が減ってきています。 その一方で、決める政治と言っていた安倍政権は、まったくその行動力、判断力を示すことができておらず、自らの保身と権力の利用を続ける事に躍起になっているように思えます。
政治の腐敗は、国を滅ぼします。このパンデミックになるやもしれない状況を、チャンスにするような力は安倍政権にはない。もはやグチャグチャな感じです。 
もう、これは、戦争と同じだなと思う。 そういう中で、私はどうしたらいいのかと考える毎日です。
1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。