• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

ニューヨーク・タイムズウイルスの特集・我々はこのウイルスと長く付き合わなければならない、コロナが消滅する兆候はない。多分一年それ以上かかるだろう。呼吸器系ワクチンの開発は難しく早期に期待できない。対策はマスク、人との距離これらの続行しかない。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ニューヨーク・タイムズウイルスの特集・我々はこのウイルスと長く付き合わなければならない、コロナが消滅する兆候はない。多分一年それ以上かかるだろう。呼吸器系ワクチンの開発は難しく早期に期待できない。対策はマスク、人との距離これらの続行しかない。

2020-06-03 08:32
  • 19

ニューヨーク・タイムズ紙特集「コロナウイルスの六カ月、我々が学んだこと(Six Months of Coronavirus: Here’s Some of What We’ve Learned)6月2日

1:冒頭:何時コロナウイルスが人間に感染し始めたのかはわからない。でも我々と六カ月はいる。 最初は名前もなく実態も判らなかった。最初は中国の大都市武漢。今判明したこと。

2:我々はこのウイルスと長く付き合わなければならない(We’ll have to live with this for a long time.

今、米国ではコロナは低下し、経済再開が行われ、世界で少なくとも100の科学チームがワクチン開発に取り組んでいる。

だがコロナが消滅する兆候はない。多分一年それ以上かかるだろう。マスク、ソーシアル・ディスタンス. 手洗い、友・家族との距離これらは健康でいる最良の希望である。

WH

この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

他9件のコメントを表示
×
>>7
あらま!又論点が変転した。まるでコロナみたい。勿論、常時変異する点です。

検査が肝?なるほど、分かる。岡田先生、知ってますよ。彼女は優れていると私思います。徹底検査主義者は彼女だけじゃない。WHOの専門家も韓国の専門家も中国の専門家も米国の専門家も全部徹底検査主義者です。日本のいい加減で曖昧な安倍さん好みの専門家は孤立してます。

今や、コロナは経済と共生せねばいけません。そのことに気付いたのは「恐怖、不安を徹底追放して、サッカー行おうと決意した」Jリーグです。称賛に値します。貴殿みたいに「俺は大丈夫。隠遁万歳」と善がる人物にはどうでもいいでしょうが、不安と恐怖が払底されないと経済は不定愁訴に陥る。結果、生活保護者が増える。

その不定愁訴解決に乗り出したのが武漢です。勿論、私には武漢は徹底しすぎの感あり。だけど、武漢モデルはいろいろ工夫できるモデルと言えましょう。曖昧な日本モデルではない「より科学に近いもの」くらいは日本人に出来ない訳が無い。

そう思いませんか?他人事のCHANGEさん。
1ヶ月前
×
>>9
WHOが「検査、検査」といっていたのは承知しています。ただし、全数検査といっているわけでなく、濃厚接触者の全数検査を勧めていたと記憶しています。健康な人を検査しろといっていましたか。

児玉教授は、血清の抗体IgMとIgGのことに触れ、PCR検査だけでなく抗体検査を組み合わせないと的確な診断ができないといっていたのは承知しています。

PCR法が感染診断に用いられているが、2~4割の感染者では、偽陰性を示すといわれていました。新型コロナウイルスではタンパク質抗原があり抗原が産出されるので、PCR検査に抗原検査を用いると診断率が向上するといわれていた。

PCR検査万能とは言われていないのですが、あなたが言っているような発言があるのであれば、教えてください。
1ヶ月前
×
>>12訂正
1.「抗原が産出される」は、「抗体が産出される」の間違いです。
2.「抗原検査」は「抗体検査」の間違いです。
1ヶ月前
×
>>12
「健康な人」の定義を言って貰わないと話が進まないな。もう一つ、貴殿は、昔からと言っても二月末くらいかな、何だか検査だと言うと神経過敏になるのを覚えている。ネトサポと何か貴殿は関係ありかな?
1ヶ月前
×
>>13
抗原、抗体、いろいろ大変ですな。そういう細かいことに興味おありかな?
1ヶ月前
×
日本がPCR検査を充分に行わずに非常事態宣言を終了したので、マスク着用の感染防止効果を世界に知らしめたと思います。
出来るだけ家にいる。外出先では窓を開ける。マスクをする。三蜜を避けるで不思議に達成したしました。

スーパーとか銀行の窓口とかビニールのフェンスを設けたのも大きいと思います。

日本人の清潔性とスーパーの買い物とかで皆がマスクを着用するという決まりを守る国民性も抑え込みの要因ですかね。

でも結果良しのままではいけないと思います。市中の感染者はまだ8万人はいるらしいので院内感染防止のためには、今後もPCR検査と感染者の隔離は必須と思います。
1ヶ月前
×
つい2週間前くらいには、「韓国に学んでPCR検査をもっとやろう」という声がネットの一部にあふれていて、正直たいへんうざったらしかった。
その後、(当然予測されていたことだが)韓国の化けの皮がはがれて、「韓国に学んで」の部分は言われなくなった。言ってたヒトビトは、
さぞかし恥ずかしかろうとわたしなどはおもうのだが、まあ、そんな感性などなくしれっとしているようにみえる。

PCR検査は治療でも予防でもない。検査の全部ですらなく検査の一部だ。
PCR検査は重要な検査だが、欠点も限界もあり、チャイナ肺炎対策のなかで、どのように位置づけるのか、議論が必要なものだ。
前から言ってるように、チャイナ肺炎に対する取り組みには、各国できることに違いがあり、国情や国民性の違いもあり、
そのなかで最善の対策を探していく中で、各国なりのPCR検査の位置づけができあがる。
日本でPCR検査が少なかった主要な理由はいまさら繰り返さないが、PCR検査が少ない分、クラスター追跡やCT検査は(比較データをみたことはないが)、
他国よりも徹底的にやっていると想像される。
医療も一部で崩壊しかけたがなんとか踏みとどまり、結局のところ死亡者数などで見た今までの結果は、成功といえる。

ただし、ここにきて、唾液によるPCR検査が可能となり、外来のその場で結果のでる抗原検査も導入されることになった。
チャイナ肺炎陽性者の受け入れ態勢も整いつつある。こうなると、「チャイナ肺炎ではないか」と不安を感じている人々の
検査需要にこたえることも、視野にはいってくるし、その余力もできてきたとおもわれる。

もちろん、国民全員に毎日やることはできず、ヨリ検査の必要なひとを選別しつつ、
不断に検査体制をバージョンアップしてゆくことになるのだろう。
1ヶ月前
×
インフルエンザワクチンは、(インフルエンザウイルスの変異が激しいため)はしかのワクチンのような劇的な効果はないが、
接種しないよりもしたほうがいいことは常識だ。とくに病気もちのひとや高齢者の死亡率を減じるといわれている。
こういう常識がわからない人もいて、そういう人がいっぱしにチャイナ肺炎対策について議論している。
そういう人は、肺炎球菌ワクチンがワクチンであることも知らないのではないか。
肺炎球菌ワクチンは、ここを見ている高齢者には、接種したことがある人も多いだろう。
あれを接種しても、肺炎球菌肺炎を100パーセント予防できるわけではない。

アビガンも日本では、実質的に、チャイナ肺炎で入院しかつ希望した者には全員処方されている。
ただし、臨床治験ではまだ有効性があるという結果は出ていない。理論的な演繹などは別だが、
まともな治験で有効だと示された結果はまだ世界のどこにもない。最近、藤田保健衛生大学の
中間報告が出たが、もし顕著な効果が示されていれば、治験を中止して、治療薬として承認される。
つまり、それほどの効果は示されなかったということだ、(最終的に顕著に有効ではないが、比較的有効だという結果に
なることはある。抗がん剤や認知症のくすりなんかがそれだ)。

こうしたことが、一部のヒトビトには、どうして理解できないのだろうか。

1ヶ月前
×
>>18
>>17
私の文脈の肝は何かが書けてなかったかな。反省する。

チャイナ肺炎でないCOVID-19についてだが、今や、経済とどう共生させるかが、課題なんです。ワクチンが効力あるとか、ないとか、は口角泡を飛ばすことでは無い。

経済の活性化を期待するなら、コロナ(COVID-19を今後そういう)の恐怖、不安を国民の心理から払拭することが大事なんですよ。安倍氏も小池氏もそれが分ってない。

アビガンは中国、ロシアで既に評判が良い。日本でも元プロ野球選手、テレビタレント等有名人の効果を証明している。極めつけは、安倍さんが宣伝している。仮に御用学者が効き目無しと言っても、有名人の証明もあるし、体質が同じであれば治るかもしれない期待は否定出来ない。更に大事なのはパシーボ効果です。国民は安心を得て、経済は活気を得る筈です。

PCR:安倍氏たちは概念的に敗北したと言えよう。高校野球は安倍政策に殉じたが、Jリーグは果敢に経済に入った。全所属員にPCRを強制するというのだ。恐怖を除き安心を得る武漢モデルの採用と言えよう。プロ野球も、相撲も、広島県も、オリンピックの来年度再開もPCRの陰性証明が基本となろう。

安倍政権とその従者は古い。東京も古い。武漢に倣えとは言わないが、爪の垢ぐらいは、呑むべきではないか。ポンペオとかトランプの白人絶対主義を否定しないりゃんさんには無理かな。だって、チャイナ風邪とか言うんだもの。


1ヶ月前
×
水俣病を有機水銀中毒と言え、みたいなはなしですねえ。

さて、あなたの書いていることはだいたい違うとおもいますけど、国民が「チャイナ肺炎に自分がかかっているかどうか知りたい」というのは自然な気持ちであり、それを実現する方向に政治は動くべきだ、という趣旨が含まれているのなら、
その趣旨の点については強く同意しますよ。

別にずっと検査するなと言っているわけではない。2月3月4月ごろには、検査しようとしてもかえって混乱を持ち込むだけだったという考えです。しかし、ここにきて、いろいろな条件が検査を積極的にする方向にととのいつつあるとおもいます。(検査、と書いているのであって、PCRにこだわっているわけではありません)。
1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。