• このエントリーをはてなブックマークに追加

イベント

Twitter

ブログ・メルマガ

  • 第10回インターバルレクリエーション…プレイアブルカラオケ3rd

     宇都宮隆さんのライブツアー「Dragon The Carnival」追加公演が中野サンプラザで催されるのを機にプレイアブルカラオケ(以下、プレカラ)の設定をしました。ファイナル公演ということもあり、全国からファンが集まることが想定されたのでタイミングが良いのではないかと判断した次第です。  プレカラについてはもう3度目の開催でこなれてきた感がありますが、簡単に説明すると「楽器を持ち込んでカラオケ音源に演奏を被せながら歌うのを楽しんでいこう」という主旨で、カラオケシステムに楽器を接続することができる店舗ならどこでも可能です。私は鍵盤弾きなのでキーボードを持ち込んでいますが、ミキサーに繋げられる楽器なら何でも大丈夫です。ギターやベースの他、ウインドシンセやガジェット系電子楽器なども接続できます。昨今、様々な電子楽器が発売されているので、使いこなせるようならカラオケは数段楽しくなること受け合いでしょう。  今回のプレカラは会員さんの知人を招待することができるようにして、MAAの活動の雰囲気を知ってもらえればという考えもありました。結果的に全国各地から20名弱の参加者に。九州・四国・関西・北陸・信越・中部・関...

    2020-02-12

    • 0 コメント
  • 第2回全国レクリエーション…番外編

     本記事は金沢での会員交流や食事、施設、お宿などのレク以外のことについての簡単な記録を写真中心に挙げておきます。MAAでは会内において匿名維持・個人情報交換不要が基本方針となっていますので顔出しはありません。ただ、あまりにも「人の気配がしない記事」ばかりでは寂しいですので(笑)。  レクレポートだけに接していると会員が現場でどんな時間を過ごしているのかが今一つ伝わってこないかもしれませんが、「わいわい」やっているというのが実際の所です。ご覧頂けたら幸いです。 - 湯涌温泉かなや- - お部屋の行灯 - - 夜のお食事 - - 加賀牛でしょうか - - 治部煮ですね - - 二次会では祝・新入会歓迎ケーキ(有名パティシエ・辻口氏のお店のものをチョイス) - - こちらは祝・お誕生日 - - 持ち寄られた大量のお酒もスルスルと吸い込まれて… - - 完成したMAAバッヂをお渡し - - 二日目の朝食 - - レク・移動の1コマ -  - 金沢駅鼓門 - - 思い出ピアノ(弾かせて頂きました) -

    2019-12-01

    • 0 コメント
  • 第2回全国レクリエーション2日目…鈴木大拙館~兼六園~金沢城公園

     全国レクリエーション2日目は快晴のもと、鈴木大拙館訪問からスタートです。初日の記事と同様にA.Wさんとの協調文書としました。鈴木大拙氏は近代仏教学の泰斗として著名な人物で、その名を冠する施設への関心から設定。兼六園~金沢城公園は金沢市観光のゴールデンコースと呼んでよいでしょう。少々徒歩移動もあるスケジュール。  2日目のレクは、初日の夜から合流した新会員さんにとって有意義な時間が過ごしてもらえればと念じつつの1日となりました。以下、A.Wさんのレポートです。    「美しいとは、こういうことだ」  昨年MAAで訪れた 十二月大歌舞伎 、坂東玉三郎の演目を鑑賞した後に脳内を駆け巡ったフレーズです。  「整っているとは、こういうことだ」  金沢・鈴木大拙館を訪れた私の脳内には、今このフレーズが駆け巡っています。  大通りから分かりやすい標識を辿って閑静な住宅街を「この道でいいのかしら…」とやや訝しみながら歩みを進めると、剪定の行き届いた生垣の狭間に突然美しい直方体が目に飛び込んできます。 早朝に着いたため未開館でしたが、先に庭園から館を眺めることができました。  館の面積...

    2019-11-25

    • 0 コメント
  • 第2回全国レクリエーション1日目…金沢21世紀美術館「未来の地図を描くために1・2」

     昨年は長野県小布施町を訪ねた全国レクリエーションですが今年は石川県金沢市を訪問しました。去年のレポートにも書きましたが、全国レクは会員所在地から候補を選定することにしています。  各地に甚大な被害をもたらした台風19号の影響で新幹線の運行がどうなるかという状況でしたが無事に開催することができました。「前回からもう1年も経ったのか!」という感覚に包まれたのは会員共通の想いだったようです。11月9日(土)から2日間の設定で、天気も良く快適な滞在となりました。  金沢の特色はあらゆるところで語られており、ここで改めて説明する必要もないでしょう。全国レクは会として年間で1番大きい行事ということもあって、会員の皆さんも大きな期待と楽しみを抱いての参加となったようです。初日の訪問先は「 金沢21世紀美術館 」。ここは現代美術を扱う拠点として著名で、金沢のランドマークとも言える存在感を放っています。訪問日も多くの来館者が入場券を求めて列を作っていて、関心の高さがうかがえます。今回のレポートはA.Wさんとぷらーりが分担して作成しました。以下、A.Wさんのレポートとなります。お楽しみください。  「おもちゃ箱...

    2019-11-20

    • 0 コメント
  • 第13回文化レクリエーション…美しきいのち -日本・東洋の花鳥表現- / 大観・春草・玉堂・龍子 -日本画のパイオニア-

     10月5日(土)に開催された第13回文化レクリエーションは、東京・南青山の根津美術館「美しきいのち ―日本・東洋の花鳥表現―」と東京・広尾の山種美術館「大観・春草・玉堂・龍子 ―日本画のパイオニア―」という、文化レクとしては初めてのダブルヘッダーでした。ダブルヘッダー、そういえば近年のプロ野球ではとんと開催されなくなりましたね。 【新創開館10周年記念 企画展】美しきいのち ―日本・東洋の花鳥表現― 2019年9月7日(土)〜11月4日(月・祝) http://www.nezu-muse.or.jp/jp/exhibition/past2019_n06.html 【山種美術館 広尾開館10周年記念特別展】大観・春草・玉堂・龍子 ―日本画のパイオニア― 2019年8月31日(土)〜10月27日(日) http://www.yamatane-museum.jp/exh/2019/pioneer.html  10月になっているにもかかわらず最高気温が30度を超えたという真夏日、汗をかきながらまずは南青山にある根津美術館へ。筆者個人は初めて訪れるこの美術館、根津という単語にひょっとして?と思ったら、やはり明治時代の実業家・初代根津嘉一郎の所蔵品による美術館でした。東武鉄道沿線で育った筆者が「名前は知ってる〜」程度ながら...

    2019-11-08

    • 0 コメント
  • 第9回インターバルレクリエーション…マイセン動物園展&クラフトビール工房見学

     暑気払いだ!と意気込んだ2019年9月14日(土)、思いのほか涼しくなり若干拍子抜けなテンションでスタートした第9回インレク。終わってみれば当初の意気込みを上回るホットな一日となりました。  1枠目は マイセン動物園展 @ パナソニック汐留美術館へ。突然のTipsですが、パナソニック汐留美術館は「ホームページ割引」がいつでも使えますので来訪の際はお忘れなく。  知らなかったのですが、ドイツのマイセン地方というのは磁器で有名な場所なのですね。ちょっとその、豚肉に衣を付けて揚げた食べ物が思い浮かぶなーとか、ぶっちゃけ磁器あんま興味ないしなーとか。  ・・・思っていたら!  ドハマりしましたですよ!  見てくださいこれ!(一部を除き写真撮影OKというのもポイント高い展覧会でした)  磁器というと文字通り「器」しか思い浮かばなかった自分の見識の狭さを思い知ることになりました。磁器というのは材料と製法のことであり、精緻さと艶めきの両方を纏ったテクスチャと、透き通るような発色が蒐集欲をガンガン刺激してくるものだったんですね。  メインのシャンデリア。これぞまさにフォトジェニック。 ...

    2019-10-22

    • 0 コメント
  • 第8回インターバルレクリエーション…NHK技研公開2019

     こんにちは会員のuehatsuです。私は数年に一度、NHKの技研公開に来るために用賀の駅に降り立ちます。会員数名で薄曇りのなかバスを待っていると明らかに同じ目的と思われる人がちらほら。いつもですと会員の集合は一箇所なのですが、今回は目的のNHK技研が用賀駅と成城学園前駅の丁度真ん中という事もあり、二箇所に分かれて待ち合わせをし、NHK放送技術研究所前で合流という流れになりました。この日から新規加入された会員さんと用賀駅前改札で落ち合い、そのままバス停へ。どんなきっかけで会に入られたのかなど話しているとバスがやってきました。 いつにも増して道が混んでいて合流の時間に間に合わず、成城学園前組を 待たせてしまう形に。焦っても速くは進まないので、気長に都内の景色を見ながらのバス移動でした。 -  この日は私が勝手に作ったMAA旗を先頭に会員の皆様を先導させて頂きました -  そもそもNHKの「技研公開」とは何でしょうか?たくさんの事業やコンテンツを持っているNHKですが、映像関係の基礎研究・応用研究も行っていて、そこからNHK自体で利用する技術が生まれたり、民放に提供したり、民生品として我々の元に届けられ...

    2019-10-15

    • 0 コメント
  • 第12回文化レクリエーション…日中文化交流協定締結40周年記念 特別展「三国志」

     本会設立以来、毎年のように訪れる「東京国立博物館(TNM)」ですが、今年は日本でも大人気の三国志をテーマとする展示での開催となりました。会場では日本人はもちろん、中国語と思われる言葉も飛び交っていて関心の高さが感じられましたね。中国語も正確には4種の区分があるようですが、私の耳には区別が付きません(苦笑)。  音声ガイド(有料)にも一工夫あって、三国志関連のアニメやゲームの声優が担当したものと、歌手が後段で述べる吉川英治著「三国志」の物語を交えつつ語るものの二種類が用意されており、来場者の趣向によって選べるようになっていました(値段も少し異なります)。最近は三国志への入り口が小説や漫画だけではなくエンターテイメント分野からの流入も多いとのことで、その方面からの関心もきちんと評価して捉えようとする姿勢には好感が持てますね。私はガイドを使わずに鑑賞するタイプですが、三国志の前提知識がなくても楽しめるような仕掛けがあることはとても良いことだと思います。 - 関羽の石像が出迎え -  基本的に中国の歴史は「正史」に位置付けられる書によって記されているのですが、三国志については正史の他に「演...

    2019-08-24

    • 0 コメント
  • 第11回文化レクリエーション…劇団四季ミュージカル「パリのアメリカ人」

     令和になって初めての文化レクリエーションは、 劇団四季 (以下、四季)のミュージカル鑑賞です。昨年度から開催を検討していた企画が実現し、上半期の文化レクの目玉行事となりました。実施にあたって様々なご配慮を賜りました関係者の方々に改めてお礼申し上げます。    今回観た『 パリのアメリカ人 (以下、パリアメ)』は、1951年公開のアメリカ映画『An American in Paris(邦題:巴里のアメリカ人)』をベースとして2014年にパリで舞台化、ブロードウェイを経て2019年の今年、四季によって日本で上演されることになった作品です。   四季というとロングラン中の『キャッツ』や『ライオンキング』を思い浮かべる方が多いかもしれません。そのため、関係者の方が『パリアメ』を薦めてくださったと聞いたとき実は少し意外な気がしました。でも、それ以前から電車内の動画広告で毎日のように目にして気になっていた演目でもあったので開催当日がとても楽しみでした。私はレクに参加するとき何かしらその回のテーマに関するアイテムを持ち物や服装に取り入れることにしているのですが、ハイヒールで軽やかに踊る動画広告のワンシーンを思い出し...

    2019-07-31

    • 0 コメント
  • Musiumart Ambassador Association一般社団法人 設立2周年記念総会/プレイアブルカラオケ

     本会も創設から3年目に入ります。これまで計画してきた種々のレクリエーションの全てを大過なく消化してきており、会員の皆さんのご協力を頂きながら今後も豊かで深みのある文化鑑賞の営みを継続していけたら幸いです。  今回の総会はカラオケボックスの大部屋を借り切っての開催。二枠目にプレイアブルカラオケを設定したので、「総会自体も同じところで良いのでは!?」という運営部会メンバーの意見を取り入れてのことでした。こうした柔軟な対応が取れるのもMAAの良いところです。総会の議題はほぼ昨年の通りですが、幾つか運営部会で揉んだ試案も提示・検討しました。以下、議事を箇条で示します。 ・事業報告(文化レク・インレク・全国レク) ・事業計画(同上) ・決算報告 ・各種提案事項 ・意見交換  新年度の新しい取り組みとして、文化レクリエーションの開催について「行事保険」を設定することに。保険会社と契約をしてレク中における万が一の事故・トラブルへの対応を図ります。費用的にも安価ですのでレクごとに参加者で按分する運びです。まずは1年間運用してみて、課題等が整理されてきたら適宜調整するということになります。  それから...

    2019-04-20

    • 0 コメント

生放送

放送済みの番組はまだありません。

動画

動画が見つかりませんでした。