• このエントリーをはてなブックマークに追加
第8回文化レクリエーション…大相撲9月場所7日目
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

第8回文化レクリエーション…大相撲9月場所7日目

2018-09-25 12:00


     昨今、協会内外での喧噪が散見される大相撲ですがレポートしていきます。本会としても非常に重要視する行事でした。当日は朝から雨模様の中、両国駅に集合して意気揚々と国技館へ。今回の企画は団体予約を受け付けない土曜日にも関わらず桝席(以下、桝)をべた押さえするという特別な配慮を頂いての開催。手配に尽力下さった関係者の皆様に深く感謝しております。


    - 両国駅構内は相撲色 -
    ed54d341e00e42c4542c739563fa1b1283b412d8

    87d72342732b60b985ee62fae25d9470706b3e8d

     国技館への入場も通常口ではなく「お茶屋さん(案内所)」を通ってのもの。それだけでも高揚するような気さえしたものです。指定されたお茶屋さんの出方さんに誘導されて、いよいよ場内へ。テレビで目にする「あの画」が目前に開けてきた時には「おおおおー」と声が上がりました。恥ずかしながら興奮が抑えられないといった胸の内。

    - 国技館入り口・お茶屋さん通路 ・土俵全景(取り組み)-
    12ed3fb19f366ebd7b422979e0ebaab3b53cf2a5


    165989d6a2a65564d0e4c0825f17174f4a7a541d

    652071e6dc7808f8e0ed44d244df100643a40932

    d3927f52eabee4df775e746a3f0ea596ef0b5932

    a8e444d6528ba0cc9fd665c97c5b512885a384d6

     MAAが押さえることのできた桝はいずれも正面でした。二手に分かれており土俵に近い側と最後列のNHK実況席前という双方とも超が付くほどの良席。私は後者の桝でしたが生中継の様子が後ろから聴こえつつ、目にしているのは本物の土俵という特異な体験をしたと言って良いでしょう。画的にもこの桝は「相撲中継そのもの」の画角でしたね。どんなスポーツ・行事・催事でも言えることですが、やはり生で接する迫力は格別なものがあります。

    - 放送席・実況風景-
    159c4e4f91e22ed77c8cd8a38ea76a562c14c42f

    5d3a38335cbe7b93c88c0285681ad96b3dc68396

     私たちは相撲観戦時の作法については知識がなく緊張感をそれなりに持っていたのですが、実際はあまりセンシティブにならなくても大丈夫ではないかと感じました。心づけに関してもそれぞれ桝ごとにポチ袋を用意して、出方さんに渡すという対応で問題なかったですね(出方さんはお茶屋さんに所属しており、担当する桝に座るお客さんの手伝いをする役割の人)。先方から要求を受けるということもないので、あくまで「心次第」といったところではないかと思われます。大相撲観戦をサポートしてくれることに対する、感謝の心情を具体化する営みが伝統的に形成されてきたと想像します。出方さんは注文した飲食物などを持ってきてくれるのですが、残念ながら各席には彼らを「呼び出す機能」はありません。時折担当する桝を巡回しており、そのタイミングで声を掛けることになります。席を立つことなく様々な食事(名物の焼き鳥、枝豆、日本酒など)を運んで来てくれるのはちょっとした特別感もあって嬉しく感じますね。地下にはちゃんこ屋さんもあって、リーズナブルに本場の味を楽しむことが出来ます。国技館ならではの食べ物の一つでしょう。
     
     「桝」そのものについてですが、4枚の座布団で一つの区切りとなっています。大人4人では窮屈を感じるのは避けられそうもないです。私たちは3人で「一桝」と設定しましたが、周囲を見ると4人ぎゅうぎゅうの方もいるにはいらっしゃいましたね。荷物が隣席にはみ出てしまっていて、やはりあまり現実的ではないような気がします。女性会員は3人横並びで足を延ばして座るという使い方をしておりましたね。国技館内の食事処やここならではの食べ物を注文したりして、午前中からの長丁場を楽しんでいた様子。また、場内には相撲博物館が併設されていて自由に入場ができます。過去の大力士にまつわる展示などが中心のようです。場所開催中は国技館への入場券が必要ですが普段は無料で見られるとのこと。

    - MAA女性桝の様子・館内飲食物等・相撲博物館内 ・力士入場-
    131cf1e0d518f212193338689ee8a1bfdfaf8c72

     
    275380340bb366c7ec8cbb049f0b49e03fac9299

    f7946a61b1e041fb2d4890302779da02e888f493

    ca8ef7426c9fd0e05ab29d52b7d4d2208ef928bf

    4ce1bb351cd4a55310f41583a924d7627fb00185

    83ae57e4cfa71fe66667bc8dbba960defb80afb3

    42ec11c8966f5371993a71d0867dcafa19c321b6

    c53fcdda0c81e084a5e5abde3dd3f5fc5c6b4a80

    dc841c02fe07f10ef54e04ac048fe29eb72232e9

    48ae00acb5a425f8b13270f253532d8bc6ec1678

     観戦ですが結論から言って大興奮・大満足・大感謝の1日でした。先場所優勝で長野県出身の関脇・御嶽海関、横綱・稀勢の里関、白鵬関、鶴竜関といった主要力士は皆勝利。ある意味で「勝つべき力士が勝つ」ということが会場の盛り上がりにも繋がる部分もあるのでしょう。今回、長野県から2名の会員が参加してくれていましたが、御嶽海関の勝利に直に接したことは大きな喜びとなったのではないかと感じます。また、大阪出身の会員が豪栄道関を応援するシーンもあったりで私もその場を共有できて歓喜もひとしお。同県人の活躍は掛け値なしに胸を揺さぶるものですよね。254勝10敗の大関として有名な雷電為右衛門関も長野県出身とのこと。御嶽海と聞くと雷電為右衛門が紐づく知識となりました。永谷園の広告を見るとホッとするのは、それだけ大相撲とセットの印象が深いからなのでしょうかね(笑)。

     この日は午前中から会場入りしていたので序の口~幕下の取り組みもじっくりと見ることができて、濃密な時間を過ごせたかなと思います。通な人だと序盤に登場する力士を見て「大成するか否か」を考えたりするものなのかなとぼんやり考えたりもしていました。以下に写真も置きますが、白鵬関の取り組みでは「腰砕け」という珍しい決まり手も飛び出して会場が沸いていましたね。

    - 土俵全景・懸賞広告と言えば永谷園・取り組み・星取表・弓取式 -
    c701f66165aa6d33f9e0eea655bee5cca9751fff

    3bcf622bed693d80d93e7ed954c0b507569f9538

    81e6095a9724ce6521c51ab8ac19117c83a09165

    f979ba7022e15705e7f588db3bddc2685662d697

    dd713207bd7be97af217e6f3b277a804cfd2b50c

    385f4b2913a1e4b8964e1fd908f0b0a06fbb9361

    a11449726346226a6f925feaf25b01137ef8e27f

    c992ec25efb63691276e442604d961f22e745f7b

    f521e259751bd0695c30eb8677a47c43c8d82b58

     また、
    会場には直前に女子テニス全米オープンを優勝した大坂なおみさんも観戦に来られていて、入場時はかなりざわざわと。普段は「観られる側」でしょうけれど「観る側」になる姿はなかなかにレア度の高いことではないでしょうか。米国育ちと聞いていますが日本文化にも強い関心を持っているそうですね。

    - 大坂なおみ選手も来場 -
    38796a29bc40043f4a1380c38504912eaf44b354

     それと、もう一つ忘れてはいけない貴乃花親方についてです。この日も審判部としてその任に当たる姿を目の当たりにしていました。物言いが付くたびに土俵に上がって協議するシーンも少なからずあって、どこから見ても貴乃花親方だなと思って注目していたのです(当たり前ですが)。実物の存在感はやはり確かで観戦の思い出を補強してくれていたのですが、まさかこの後すぐに退職という結末を迎えるとは予想だにしていませんでした。あくまで本レポート執筆時点での状況ですが、そうなればもう2度と土俵で姿を見ることはできなくなります。偶然に親方の最後の場所に接することになったかもしれないと思うと、人生における「機会」について考えないわけにはいかなかったですね。「できる時にやる、行く、触れる、動く」ということをしないと、取り戻せない出来事も起きるものだと…。

    - 貴乃花親方 -
    a7a1e5e00d691bad6c3f4649194993422a0dbf4b

     ともあれ、力士同士のぶつかり合う音・行司が張り上げる声・観客の熱狂・会場内の無量の情報が五感を通じて私たちに飛び込んできます。体全体で場の空気と一体になることの凄さを改めて感じた次第です。この日のことを生涯忘れることはないでしょう。国技館での作法も経験したことですし、今後は力むことなく大相撲観戦ができるのではないかなと思っています。贔屓の力士を持つようになれば一層楽しくなるんだろうなと感じながら、雨の上がった国技館を後にしました。

    bc3a5190375a0a5bc5eef710a1c2cd3390a2dfef

     なお、この日はゲストとして私の知人であるケアプロ株式会社川添高志社長がご参加下さいました。彼は我が国のソーシャルベンチャーの先駆けともいえる人物で、大衆の健康意識を向上させて社会に貢献しようと意欲的な挑戦を重ねています。私個人として開業当初からその意義に着目し、微力ながら応援を続けているところであります。彼は属性オープンの方なのでここで紹介させて頂き、お礼と代えさせて頂きます。

    - 集合写真 -
    104ea1b4010fa536fa92fdfbefc3fda721d47a43

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。