• このエントリーをはてなブックマークに追加
孫子と三賢人のビジネス その3
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

孫子と三賢人のビジネス その3

2018-11-30 16:25


    産業新潮
    http://sangyoshincho.world.coocan.jp/
    12月号連載記事


    ■その3 戦わずして勝つべし

    ◆何もしないおじさん

     私の友人で、メディア業界で長年働いた後、現在は自身の事業を行いながら大学の講義で教えている人物がいます。彼は毎年の授業で必ず学生たちにこのように言うそうです。
    「君たち、社会人になったら会社というところには、何もしないおじさんがたくさんいるんだよ!」。
    すると、学生たちは
    「へぇ・・本当ですか?働かないおじさんがたくさんいたら、会社が成り立たないと思うのですが・・・」
    と怪訝そうな顔をします。
     ところが、彼らが卒業して2~3年後に彼のところへ遊びに来ると
    「先生のおっしゃったことは本当でした」
    と口をそろえて言うそうです。

     このような会話はあちこちで交わされていると思いますが、この「学生」や「先生」の考え方は根本的に間違っています。

     まず、江戸時代や明治時代ならともかく、現代の先進国の仕事はドラッカーが述べるように「知識労働」がメインですから、「分析」・「思考」・「発案」が重要です。まだぺいぺいで、得意先回りや雑務を担当して汗を流している若者たちから見れば、上司たちはデスクにかじりついているだけで何もしていないように見えるのは仕方がないかもしれません。しかし、彼らには、(現代の)ビジネスの本質がわかっていないのです。

     もっとも、年功序列システムが維持されている会社では、「分析」・「思考」・「発案」の評価がほとんどおこなわれませんから、モチベーションを失った本当の「何もしないおじさん」が大量発生しているかもしれませんが・・・


    ◆経営者・幹部は片目を開けて寝ていればよい

     最近はあまり聞きませんが、かつては日本型経営の特質の一つとして「おみこし型経営」が良く取り上げられていました。要するに、若いときにはおみこしを担いで汗を流し、歳をとって上司になれば、逆に担がれて楽ができるというわけです。このシステムは、年功序列と結びつけられたため、ポスト不足によりピラミッド型の社員構成が維持できなくなるとともに廃れました。

     しかし、このおみこし型経営は「実力主義」の「知識労働」においても十分機能するのです。ドラッカーは「知識労働者は、マネジメント(上司)よりも、その専門分野においてより多くの知識を持っているから雇われるのである。だから、その点においてマネジメントが口をはさむことができない」といいます。つまり、専門家集団である部下をマネジメントするには、具体的な仕事の指示を行うのではなく、彼らにおみこしを担いでもらうしか方法が無いということです。

     最近は、株主からのプレッシャーがきつくなり、経営者も「私はこんなにたくさんの仕事をしました」とアピールすることに汲々としていますが、本来マネジメントが優れていれば、経営者の仕事など微々たるものです。マネジメントに問題があるからこそ、社長や役員が駆けずり回って問題解決を図らなければならないのです。

     素晴らしい経営を行っている企業は、マスコミに取り上げられることなど滅多にありません。「事件」や「スキャンダル」とは無縁だからです。逆に、マスコミからその手腕を賞賛される「危機を救った経営者」は、前任者たちが危機を起こしたからこそ(場合によっては本人)、誕生するわけですから、企業にとっては恥ずべきことです。

    (続く)


    (大原 浩)


    続きは「産業新潮」
    http://sangyoshincho.world.coocan.jp/
    12月号をご参照ください。


    ★2018年4月に大蔵省(財務省)OBの有地浩氏と「人間経済科学研究所」
    (JKK)を設立しました。HPは<https://j-kk.org/>です。

    ★夕刊フジにて「バフェットの次を行く投資術」が連載されています。
    (毎週木曜日連載)



    【大原浩の書籍】

    ★バフェット流で読み解くGINZAX30社2019年度版<上巻+下巻>
    (昇龍社・アマゾンキンドル版)が発刊されました。
     上巻:https://amzn.to/2ztqB3m
     下巻:https://amzn.to/2L7olUf

    ★「バフェット38の教え・応用編」(昇龍社、アマゾンキンドル版)
     https://amzn.to/2Lxd8sJ

    ★「バフェット38の教え」(昇龍社、アマゾンキンドル版)
     http://amzn.to/2f7AZkD

    ★終身雇用の実力主義―バフェットとポーターに学ぶナンバーワン企業戦略―
     アマゾン・キンドル版
     https://amzn.to/2GdMYx2

    ★バフェット流で読み解くGINZAX30社(2018年度版、上巻、下巻)
     <発行:昇龍社>(アマゾン・キンドル版)が発刊されました。
     上巻:http://amzn.to/2wtdH3m
     下巻:ttp://amzn.to/2wjJTFE

    ★バフェット流で読み解くGINZAX30社(2017年度版、上巻、下巻)
     <発行:昇龍社>(アマゾン・キンドル版)
     上巻:http://amzn.to/2clE4yw
     下巻:http://amzn.to/2clFbxZ

    ★バフェット流で読み解く、GINZAX30社<特選・優良企業>
     昇龍社、アマゾン・キンドル版<上・下巻>2016年度版
     http://goo.gl/3icB5G
     http://goo.gl/ltVLIs

    ★『投資の神様』(バフェット流投資で、勝ち組投資家になる)<総合法令>
      http://goo.gl/MKtnf6

    ★「客家大富豪の教え」18の金言」に学ぶ、真の幸せをつかむ方法
     著者:甘粕正 <アマゾンキンドル版>
     http://goo.gl/rKIvhB

    ★「賢人バフェットに学ぶ・投資と経営の成功法則」
     昇龍社(アマゾン・キンドル版)
     http://goo.gl/UMxBYs

    ★「バフェットからの手紙」に学ぶ(2014)大原浩著 昇龍社<Kindle版>
     http://goo.gl/Blo6KT

    ★「バフェットからの手紙」に学ぶ(2013)大原浩著 昇龍社<Kindle版>
     http://goo.gl/iz1GUV


    (情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
     ては御自身の責任と判断で願います。)
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。