• このエントリーをはてなブックマークに追加
市場潮流
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

市場潮流

2020-05-20 00:16
    cd0a1c3027531ddc28d651f7c97fa20e_s.jpg



     今週(5月11~15日)の東京株式市場は、日経平均株価が週間で141円62銭下落し(率にして0.7%の下落)、2万37円47銭で取引を終えました。3週ぶりの下落です。

     週初の11日(月)は、前週からの流れを引き継ぎ、新型コロナウイルスの感染拡大ペースの鈍化に伴う経済活動再開への期待を背景に、日経平均株価は前週末比211円高と前週から3日続伸となりました。
     しかし、翌12日(火)からは、新型コロナウイルスの二次感染への懸念、米中対立の再燃への警戒、パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の発言に伴う米国景気への先行き警戒感などが浮上。日経平均株価は3日続落しました。ただ、週末の15日(金)は、日銀による上場投資信託(ETF)の買い入れ観測などを支えに4日ぶりに反発。前日比122円高で取引を終えました。


     国内主要企業の決算発表が続いていますが、経済活動の人為的な停止などの影響で、総じて厳しく、20年度の見通しの公表を見送る企業も相次いでいます。
     これらを反映し、日経平均株価に採用されている225銘柄の予想PER(株価収益率)は24.59倍(5月14日ベース)まで上昇してきました。
     ただ、実績PBR(株価純資産倍率)は0.95倍と依然として割安感があります。日銀によるETFの購入を含む大規模な金融緩和などが下値を支える形になると思われますが、企業業績の面からは、日経平均株価が大きく上値を追うことは難しいと考えます。


     引き続き、個別銘柄の物色を軸に、「コロナ後」を織り込む展開が見込まれます。


    (水島寒月)


    (情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。