• このエントリーをはてなブックマークに追加
あえて言おう!「リアリズム」とは・・・である!|THE STANDARD JOURNAL
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

あえて言おう!「リアリズム」とは・・・である!|THE STANDARD JOURNAL

2015-02-10 16:56
  • 1




おくやまです。

▼「リアリスト」とはそもそもどういう考え方をする人達なのか?

日本で「リアリスト」というと、あえて大雑把にいえば
いわゆる「現実派」というイメージになります。
汚い仕事からも目をそらさず実行するという「実務派」
という意味でとらえられがちです。

これはアメリカでも同じであり、政治信条などを度外視して、
生臭い権力闘争や、利権の力学で政治をおこなう実務派たちを
「リアリスト」と呼ぶことがあります。
例えば、チェイニー元副大統領などがその代表的な人物であり、
血の通わない冷酷な人物である、とみられがちです。

しかし、ここで解説したい「リアリスト」というのは、
そういった政府の「実務派」といった意味合いではなく、
「国際関係論」(International Relations)という学問の中の
「リアリズム」という理論を信じる学者たちのことになります。

▼では「リアリズム」とは何なのか。

「リアリズム」といえば、美術などの分野では
「写実主義」のような意味になりますが、
国際政治を理論的に分析しようとする「国際関係論」という学問では、
ズバリ!「国際関係を、主に『権力(パワー)』という要素にしぼって
分析、予測する理論」ということです。

つまり、「リアリズム」とは、
「国際政治というのはすべて権力の力学による闘争なのだ!」
と現実的(realistic)に考える理論です。
よってリアリズム(現実主義)となるわけです。

さて、この理論の中核にある
「権力=パワー」というコンセプトがまずクセものです。
 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

コメント コメントを書く

ここで、敢えて付言させてもらえば、
「軍事バランスを保つこと」=「軍事力の均衡」ではないという事。
抑止力は圧倒的な軍事力の差が存在するからこそ成立する。日本における駐留米軍が典型的な例ですね。


No.1 89ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。