• このエントリーをはてなブックマークに追加
Vijuttoke20年2月号「Rides In ReVellion」インタビュー
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

Vijuttoke20年2月号「Rides In ReVellion」インタビュー

2020-02-23 19:00

    L→R Guitar.椿 / Bass.渚 / Vocal.黎 / Drums.飴 / Guitar.TaJI



    2020.1.29(wed)Release『5th Anniversary BEST~Alpha~』

    f8dba3aca9511c64a0dfdcd4bd8ec73d9de330f5

    RIRC-004/¥2,800(+tax)/CD only
    [CD]全14曲収録
    1.Destruction and creation / 2.Rosé / 3.最終列車 桜通り 手を振るキミへ 
    4.Eternal~渇望の空~ / 5.-273.15°C / 6.-CHAIN- / 7.F.A.T.E.
    8.SURRENDER / 9.衝動DIRTY / 10.茜空 / 11.NEVER VANISHING BULLET HOLE
    12.ANOXIA / 13.HORIZON / 14.カレタソレイユ

    5th Anniversary BEST Release記念OnemanLive 「α」
    【日程】2020/3/27(金)【会場】OSAKA MUSE



    2020.2.26(wed)Release『5th Anniversary BEST~Omega~』

    2e5c0e2499eac673107f69c80cb0c309dd0a6a32

    RIRC-005/¥2,800(+tax)/CD only
    [CD]全14曲収録
    1.Introduction / 2.BLAZING HEART / 3.Sense / 4.破滅の願い / 5.Seirios
    6.ガラスの花 / 7.アムネシア / 8.JIHAD / 9.RAIN / 10.Daydream / 11.SiNGULARITY
    12.MIRAGE / 13.道-TAO- / 14.STORY

    5th Anniversary BEST Release記念OnemanLive 「Ω」
    【日程】2020/4/11(土)【会場】Shibuya REX



    抜群の演奏力と表現力を武器に過去と現在のシーンをつなぐバンドRide In ReVellion(以下RIR)
    5年の集大成となるベストアルバムを2ヶ月連続リリース!!


    ■新体制となって様々な展開を広げた2019年は5人にとってどんな1年になりましたか?

    黎:結成当初から考えていた5人でやりたいという構想がようやく叶って、2019年にしてやっと全てのピースが揃ったと言える1年になりましたね。

    TaJI:予想外の連続。でも今思い返せば、良い1年でした。

    椿:環境が目まぐるしく変わった一年でしたが、みんなと楽しみながら音楽活動できた気がします。

    渚:5人それぞれが違う個性があって各自のできる仕事をこなして支え合う、とてもバランスのとれた1年でしたし、これからも良いバランスで音楽活動に専念できそうだなと思いました。

    飴:色々環境の変化がありましたがええ感じになりたいです!

    ■そんな中で結成5周年の集大成としてベストアルバム「Alpha」「Omega」が2ヶ月連続でリリースになります。この「Alpha」「Omega」それぞれどのようなコンセプトで収録曲を決定したのか教えてください。

    黎:この選曲もかなり悩みましたが簡潔にいうと、RIRを俯瞰で見た時の"らしさ"を「Alpha」に、"らしくなさ"を「Omega」に詰め込んだイメージですね。

    TaJI:ポップかマニアックか。

    椿:表と裏的な。

    渚:簡潔に言うと、「Alpha」はRIR楽曲の中でも更に定番曲且つあまり僕たちの事を知らない方への入門編、「Omega」は定番とまではいかなくても裏でRIRを引き立たせるマニアック編となっていると思います。

    飴:この2枚聴いたらRIRの曲がだいたい聴けるよー!って感じになってます!アルバムやから当たり前か!≧(ू•_• ू)≦

    ■このベスト収録楽曲の中でそれぞれ音源として思い入れの強い楽曲とその理由を教えてください。

    黎:「Alpha」は「F.A.T.E.」ですね。何度も何度も手直しして完成した楽曲なので、大変だった分思い入れが強いです。「Omega」は「道-TAO-」ですね。デモの段階から良い曲だなあと思ってました(笑)。

    TaJI:「Alpha」は「茜空」。2015年リリース当時、あまり納得のいくミックスでリリース出来なかったので、今回再びミックスをやり直して、仕上がりのクオリティが上がりました。「Omega」は「SiNGULARITY」。当時としてはかなり挑戦的な曲でしたが、LIVEでなかなかの人気曲にまでなりました。

    椿:「Alpha」は「-CHAIN-」で「Omega」は「Seirios」。僕が加入後のアルバム「Re:Vellion」から収録されてるからですね。更にベストにも収録されちゃうという、愛されてる曲だと思います。

    渚:「Alpha」からは「Eternal〜渇望の空〜」。RIRの看板曲。「Omega」からは「STORY」。12分超えのなかなか対バン等では組み込めない、ライブで聴けるとレアな1曲ですかね(笑)。

    飴:「Alpha」は「-273.15℃」です!疾走感が気持ちよいです!「Omega」は「ガラスの花」です!パワーのあるバラード的な感じで好きです!

    ■このベスト収録楽曲の中でそれぞれLIVEにおいて思い入れの強い楽曲とその理由を教えてください。

    黎:「Alpha」はやはり「カレタソレイユ」ですね。LIVEにおいてドラマティックさを重視しているバンドだからこそ、この楽曲のようなエモーショナルさはRIRのワンマンには必須だと思っています。「Omega」は「SiNGULARITY」です。単純にLIVEでやるのが楽しい。

    TaJI:「Alpha」は「Eternal〜渇望の空〜」。初期からの反骨心とかを思い出して、グッとくる。「Omega」は「STORY」。10分以上、難易度の高いフレーズをミスなくやり遂げるのが、ゲームでボスと戦う感覚に近い。

    椿:「Alpha」は「F.A.T.E.」。初めてスタジオで合わせた曲で難しかった。「Omega」は「Daydream」。まだ加入前でメンバーの友達だった頃、ライブで観て普通にめちゃくちゃいい曲だなあと思いました。

    渚:「Alpha」は、初期からの登場SEでもある「Destruction and creation」。長年の思い出が詰まっています。「Omega」からは「MIRAGE」ですかね。恐らくワンマンでの登場率100%だと思います。ループがはちゃめちゃで楽しい。

    飴:「Alpha」は「最終列車 桜通り手を振るキミへ」です!曲入りで「おっ!」てなります!「Omega」は「Sense」です!ライブでの曲入りで「ぬわぁ!」ってなります!

    ■さてベストとはまた別で配信限定にて1月25日に「-反抗声明-」がリリースになりました。こちらはどんな楽曲になっているのでしょうか?

    黎:「反抗声明」の名の通り、RIRの原点である"反骨精神"を改めて意思表示した楽曲となっています。「逆境を前にして立ち尽くすのではなく、声を上げて立ち向かう」今の僕達だからこそ、綴ることの出来た唄だと思います。

    TaJI:2020年から始まった新しいRIRの方向性を、まず最初に提示した曲。

    椿:これからの決意表明といった感じです。歌詞がとても刺さります貫通します。

    渚:簡単に進む人生なんてない、だけど未来を夢見て進み続ける僕たちの想いを唄った曲になっています。

    飴:大事ななんかを思いださせてくれる曲!

    ■RIRとしての進化や変化がどのような部分で出ていると感じますか?

    黎:今まで以上に手探りの活動になるうえで、これまで思考停止していた部分もメンバー全員で考え、乗り越える。今までの経験がバンドの礎となって、活動を支えているんだなと感じています。

    TaJI:バンドとしての役割の分担が、よりメンバー同士で出来るようになってきていて、より良いバンドに今後もなっていくんだろうなっていうビジョンを感じられること。

    椿:できる事は自分達でやろうとか、色んな事にチャレンジしてみようとか。チームワークが一層強くなったと思います。

    渚:長年お世話になった事務所を巣立って、自分達だけでやっていく大変さを改めて感じながらも、その中の楽しさや追求心を、メンバー一丸となってイチから始めている部分が出ていると思います。

    飴:あまり具体的に表現できないですけどFF4のセシルが暗黒騎士からパラディンになった感覚はあります≧(ू•_• ू)≦

    ■「Alpha」と「Omega」を掲げて東京、大阪とワンマンが春に決まっています。この2日間どんなワンマンになるのでしょうか?

    黎:5年目の節目に、ひとつの区切りをつける。そんなLIVEになると思います。

    TaJI:今までの道程の総集編。

    椿:ベストアルバムを表現するかのようなライブになりますね。

    渚:両日とも、それぞれのアルバムの味が出るライブになると思います。

    飴:やってみないとわからないです!でもばりおもろいライブになることは確かっす!

    ■さて2020年RIRのヴィジョンは?

    黎:まさに「反抗声明」です。誰の手垢も付いていない、僕達自身の意志を掲げてやれる事全てに挑戦します。

    TaJI:思い付いたら即行動。

    椿:今まで以上に早く舵を切れるようになったので、沢山チャレンジする年にしたいですね。

    渚:バンドとしても人間としても、また初心に帰ってイチから始めます。

    飴:少しなぎやんとかぶるけど初心に帰りまくってそれでも残っちゃってるものを大事にしておもろくなります!≧(ू•_• ू)≦

    ■ありがとうございます。最後にVijuttoke読者にメッセージをお願いいたします。

    黎:ありがとうございました。今年も宜しくお願い致します!

    TaJI:大好きです。

    椿:超絶感謝。

    渚:ここまで読んでくださってありがとうございます。少しでも皆さんの心に残り、何かひとつでも支えになれるような曲を届けられるよう、メンバー一同努力しますので、今後とも応援していただければ幸いです。よろしくお願いします!

    飴:へ(・_・)へ
        く く てんきゅー!
    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    V援隊ブログ
    更新頻度: 不定期
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥330 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。