• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

「面従腹背」はやむを得ない倫理だ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「面従腹背」はやむを得ない倫理だ

2017-07-11 13:00
     

    産経新聞の産経抄が、文科省前次官・前川喜平氏のバッシングを続けている。
    役所を退いてから加計学園の問題点を指摘したからと言うのだ。
    在職中に、左遷人事を恐れず、政治家に直言すべきだったと言っている。
    それは一つの正義のありかただろう。 

    だが、昔と今は違う。
    「内閣人事局」の設立によって、もはや「国家」のためでなく「官邸」のために働く官僚しか生き残れなくなっているのだ。
    これは重大な変化である。 

    真正面から正義・正論をぶつける者は、たちどころに首が飛ぶ。
    これでは官邸の奴隷しか残らない! 

    公務員は、官邸の僕でなく、公の僕であるべきだ。
    現状でそれを貫くためには、前川氏の言うように「面従腹背」しか方法論としてないだろう。

    文科省の次官として、やりたいことがあれば、「面従腹背」しかない。
    それは権力が腐れているからだ!
    権力が「腹心の友」のために便宜を図り、国民の財産や税金を無駄づかいするまでに堕落しているからである!

    「内閣人事局」を直ちに廃止して、公務員の主人を「官邸」ではなく、「公」の元に戻せ!
    産経抄は実に浅い!

     

     

    RSSブログ情報:https://yoshinori-kobayashi.com/13475/
    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    小林よしのりライジング
    更新頻度: 毎週火曜日
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥550 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。