• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

「【ゴー宣道場】今年の展望」小林よしのりライジング Vol.341
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「【ゴー宣道場】今年の展望」小林よしのりライジング Vol.341

2020-01-07 21:15
  • 79
72fb1ce34d59e15889f7d5df6d4dc68b237d894c
第341号 2020.1.7発行

「小林よしのりライジング」
『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりが、Webマガジンを通して新たな表現に挑戦します。
毎週、気になった時事問題を取り上げる「ゴーマニズム宣言」、『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成してもらう読者参加の爆笑企画「しゃべらせてクリ!」、著名なる言論人の方々が出版なさった、きちんとした書籍を読みましょう!「御意見拝聴・よいしょでいこう!」、読者との「Q&Aコーナー」、作家・泉美木蘭さんが現代社会を鋭く分析「トンデモ見聞録」や小説「わたくしのひとたち」、漫画家キャリア30年以上で描いてきた膨大な作品群を一作品ごと紹介する「よしりん漫画宝庫」等々、盛り沢山でお送りします。(毎週火曜日発行)

【今週のお知らせ】
※「ゴーマニズム宣言」…令和最初の新年、あけましておめでとう。ご譲位が無事行われて令和の正月を迎えられたことは、まずはめでたい。さて令和2年、2020年最初のライジングは、今年の展望を記しておこう。中東への海上自衛隊派遣、米国とイランの緊張、台湾総統選挙、日中関係、韓国との慰安婦・徴用工問題…今年は、本当に大変な年になりそうだ。
※泉美木蘭の血道一直線!…新連載開始!!私は「血道」と書いて「ケツドウ」と読む。通常、「血道(ちみち)をあげる」とは、色恋や道楽などに熱中するあまり、分別を失ってのぼせあがる状態を言うが、私の場合、「のぼせあがる」程度にはとどまらない。「そのことだけが、あたしの興味!」という常軌を逸したゾーンに突入するのだ。それはまさに極道、地獄道、阿修羅道などと同じく、ある種のおっかなさを伴う、サンスクリットな音読みの勢い!ケツドウ一直線である!
※よしりんが読者からの質問に直接回答「Q&Aコーナー」!アメリカに頼ってる状態で独自の政策を実行することはできるの?今田美桜のセカンド写真集は買う?作家と読者の距離感はどうあるべき?アメリカとイランの間の緊張が高まり、再び戦争になるようなことはある?北朝鮮が力をつけ、韓国を飲み込むという最悪のケースはあり得る?M-1というと関西勢が大半だけど、関東・東京の笑いは好き?どんなに理不尽なことをされても、怒りの感情を表すことができない自分はどうするべき?…等々、よしりんの回答や如何に!?


【今週の目次】
1. ゴーマニズム宣言・第355回「【ゴー宣道場】今年の展望」
2. しゃべらせてクリ!・第298回「鏡もちんこで、おめでたまきーん!の巻〈前編〉」
3. 新連載!泉美木蘭の血道一直線!・第1回「アラブの春にケツ道一直線!」
4. Q&Aコーナー
5. 新刊案内&メディア情報(連載、インタビューなど)
6. 編集後記




8090a94c6f7b584ea42c62378c5abfa802421773

第355回「【ゴー宣道場】今年の展望」

 令和最初の新年、あけましておめでとう。
 ご譲位が無事行われて令和の正月を迎えられたことは、まずはめでたい。
 さて令和2年、2020年最初のライジングは、今年の展望を記しておこう。
 しかし今年は、本当に大変な年になりそうだ。

 2月9日には今年最初の「ゴー宣道場」が東京で開催される。テーマは「道場10年 成果と展望」である。
 4月に10周年を迎えるゴー宣道場を記念する回であり、ここで道場そのものの意義や、10年を節目として今後どう変わるか、これから何をしなければいけないかといった話をする。
「ゴー宣道場」の最大の功績は、天皇陛下の生前退位を妨害しようとした安倍政権・自称保守派の企みを阻止し、ご譲位を実現したことである。
「ゴー宣道場」はこの体験を生かし、さらに活動を拡大していくが、それがこの先どうなっていくかを占うような回をやろうと思っている。

 ただし、もしも何か一大事が起きてしまったら、予定しているテーマは大幅に変更せざるを得なくなる。
 昨年12月27日、政府は中東への海上自衛隊派遣を閣議決定した。
 年末ぎりぎりでニュース番組も激減し、人々の関心が政治や国際問題に向かなくなる時期に乗じて、重大な問題を国会での議論もなしに片づけてしまうというのは安倍政権の年中行事で、靖国参拝も、慰安婦問題「日韓合意」も、IWC脱退も年末のどさくさ紛れにやっつけたのだが、昨年はこれである。
 これによって今月から「調査・研究」の名目で護衛艦「たかなみ」とP3C哨戒機2機、260人規模の自衛官が中東に派遣される。しかも、憲法の制約上「軍隊」としての行動が認められないままで。
 友好関係にあるイランへの配慮からホルムズ海峡やペルシャ湾を除外したというが、そんな折も折、米軍はトランプ大統領の命令によりイランの精鋭軍事組織「革命防衛隊」のソレイマニ司令官を殺害。
 イランは報復を明言し、核開発を大幅に拡大するのは確実、一方米軍は3500人の部隊を中東地域に派遣する方針を示し、一気に緊張感が激化している。
 そんな時に海自は中東に派遣されるのだ。誰がどう見たって、アメリカの戦略にくっついていく行動としか思われないだろう。そもそも昨年の中村哲医師の殺害によって、もう中東における親日感情の遺産は完全に底を尽いてしまっていることは明らかなのである。
 それに、いくら現時点ではホルムズ海峡やペルシャ湾には行かないと言ったところで、もしも米・イランの軍事衝突が勃発した時、すぐ近くに海上自衛隊の部隊がいて、米軍から応援要請があったら、それを断ることなどできるのだろうか?
 いよいよ日本が米国の侵略戦争に巻き込まれる恐れが現実的になってきた。

 アメリカが中東情勢の方で手いっぱいになれば、当然ながら得をするのは北朝鮮だ。米朝会談なんか無意味となり、北朝鮮はアメリカと完全に決裂して核保有へと突進していくかもしれない。

 今週末に行われる台湾総統選挙では蔡英文が優勢を保っているが、蔡英文総統が続投となれば、中国の習近平国家主席が目指す中台統一の野望は大打撃を受ける。そこへ来て香港情勢がくすぶり続けているとなれば、習近平は威信を保つためにも香港に対して強硬手段に出かねない。
 そんな習近平を安倍政権はこの春に国賓待遇で招こうとしているが、これも大問題である。

 そして日韓関係では、元慰安婦らが韓国政府に対して、慰安婦問題「日韓合意」は憲法違反だとして起こしていた訴訟については昨年末、韓国の憲法裁判所がさすがに却下する判断を下したものの、慰安婦問題の解決の糸口は全く見えない状態のままである。
 ましてや、徴用工問題で差し押さえられている日本企業の資産が現金化されたりしたら、一気に最も深刻な事態となってしまう。 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
入会して購読

チャンネルに入会して、購読者になれば入会月以降の記事が読めます。

入会者特典:当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

ブログイメージ
小林よしのりライジング
更新頻度: 毎週火曜日
最終更新日:2020-01-21 21:03
チャンネル月額: ¥550 (税込)

チャンネルに入会して購読

ニコニコポイントで購入

当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

他69件のコメントを表示
×
こんにちは
高森先生今日も昭和天皇のお言葉ありがとうこざいます。
愛子さまが、日本語日本文学科に進まれるそうですが、それすごくないですか。
愛子さまが天皇に成られるとき、元号はどうなるか、本当にたのしみです。
1週間前
×
倉山満氏と産経新聞の人が「アンチ女系論」の動画。
1週間前
×
遅ればせながら、今号の感想です。

 ゴーマニズム宣言・第355回「【ゴー宣道場】今年の展望」
 今年もゴー宣にとっても、世界にとっても大変な年になりそうだな、という気がしました。ゴー宣道場による草の根運動が結実して、もう少し人間がかしこい道をあるけますように。まずは台湾総統選挙、民進党勝利、おめでとうございます(こっちの民進党は頼りになりますね。どこかの後継政党とは違って)。
 政策とか法案というのは、何事も時の政府に反対するだけではなく、是とするべきものは是とし、それで自分たちだったらこうするという案を出すのが野党の役割ではないか、と思います。

 泉美木蘭の血道一直線!・第1回「アラブの春にケツ道一直線!」
 「アラブの春」というと、みんな期待したんですよね。これで中東の地にも人民の意に沿った、新しい政治が行われる、みたいに。しかし、現実はよしりん先生もおっしゃられたように、「アラビアのロレンス」のように、いくら会議をしてもまとまらないわけで、中東の場合、言葉がある程度共通しているから意思疎通もしやすいと思われがちですが、やはり部族が主なのでしょう。最後のロレンスに「凱旋ですね」といった下士官だかの姿が印象的だったのを覚えています。私もアラビア語が読めるようになりたいです。
 これからも、木蘭さんが血道をあげられた話をいっぱい聞かせてください。楽しみにしています。

 Q&Aで、少しだけ気になったのをあげておくと、日常生活の中でそんなに切れる場面はない、というマックンさんの質問の回答が印象に残りました。私も理路整然と反論できればいいのですが。
昔、仕事で待っていた宅配便の荷物が届かず、敢えて怒ってみたことはありますが、廻りからかえって笑われただけだったような記憶があります。

>>70
 バットマン関係は興味があるので、観てみます。

 ということで、まだ風邪の影響が若干残っていて、本調子ではないです(正月はもう少し読書をしたかったです)。しゃべクリも投稿できなくて残念でした。とりあえずはこの程度に。
1週間前
×
ゴー宣道場東海設営隊のたこちゃんです。
令和2年も、東海設営隊は熱く、熱~くいきますよ!!
私は、アラフィフのオバサンですが、今年も頑張って
ついていきたいと思います。

2/9(日)、東京で行われる道場のライブビューイング
を行います。しかも、名古屋、豊橋、岐阜、浜松の4か所
での開催です。

詳しくは・・・
tokaigosendojosetueitai@yahoo.co.jp まで。

皆様のご参加、お待ちしております。
1週間前
×
中東派遣に負けず、ゴーン氏の話題も相当大きなニュースですね。
もし俺が、ゴーン氏を非難する側にあるとするなら、「108日間の長期勾留」「家族と面会できない」「一日8時間の尋問」「公平な報道ではない」。
これらが全て自分、あるいは親族や友達に、検察によって「勾留」として扱われても文句は言わないと言えて、初めて非難するものだと思います。

金融商品取引法違反の容疑、特別背任容疑で逮捕されていても、ゴーン氏の方が信頼できます。
保釈とは「判決を受けるまで、被告人は無罪推定」という原則に基づくものであり、勾留とは「証拠隠滅を防ぐ」という意味もありますが、「刑罰ではない」という意味も併せ持ちます。
しかし日本では、有罪者扱いであり、長期勾留によって刑罰とも受け取れる扱いを受けています。
過酷な扱いだけを見れば、海外逃亡ができて良かったと思います。

いくら日本の隙だらけのルートを見つけたといっても、逃亡をしきるまで、手に汗を握る思いだったはず。
もし、途中で逃亡が発覚して日本に連れ戻されたら、心証を悪くし、状況を更に悪化して、当分保釈は許されないという事態を招くことになるのだから。

ゴーン氏が逃亡できたのは、プライベートジェットを使った荷物の管理の盲点を見つけたのであり、その杜撰な日本の水際対策をも責められないといけない。
逆に言えば、全ての水際対策をきちんと行っていれば、こういう結果にはならなかっただろう。
それをゴーン氏が悪いとしている報道が目立つのだから、メディアの中立性の無さの指摘もその通りでしょう。

通常、航空機に乗って日本を出るには、航空会社で搭乗手続きをして手荷物を預け、空港内の保安検査を受けた後、パスポートと航空券を見せ、出国審査を経て、搭乗ゲートにたどり着く。〔今では顔写真も撮られます〕
これを保釈中の人間がかいくぐるのは、金持ちであろうが、不可能に近い事です。
無論、ゴーン氏も通常のルートで逃亡するなんて考えもしない事でしょう。
その盲点を解決しないといけないのに、保釈中の人間をGPS管理するとか、要点がズレすぎています。

人質司法は、自白強要とワンセットであり、長期勾留によって精神的苦痛を併せ持つ事です。
長期勾留の日数や扱い、尋問の仕方にも左右されるが、精神的苦痛のあまり極限状態に陥り、楽になりたい一心で偽の自白をさせてしまっていたら、恐ろしいとしか言いようがないです。
1週間前
×

>>87
一言で議論にならず済みません。

ゴーンは信用なりません。
日本の司法、出入国管理の杜撰は、ともかくゴーンが「海外逃亡ができて良かった」などと評価してはなりません。ゴーンの下賤にして、恥知らずの小癪な仕業を見れば、保釈中のGPS管理の話が上がって来るのは当然と思います。どの法律にも、利点、欠点は有ります。簡単には考えられない事を簡単に考え過ぎです。法の隙間をかいくぐろうとする下賤は大量にいます。此奴らを許したくはありません。憲法 9 条下の日本の奴隷根性も、ここから来ます。

以上、時間が無いのであしからず。
ほんじゃね。

1週間前
×
こんにちは
小林先生はイヤかもしれませんが、他人は勝手にこの人はこうだと決めるもんですね、でも僕は、小林よしのり、は、小林よしのり、唯一無二の存在です。
1週間前
userPhoto
M.O
×
>>87
ゴーン被告の海外逃亡を擁護されているけど、その感覚は全く理解出来ません。
日本の司法制度については海外メディアでも問題視されているのは確かですが、それでも「日本の制度に従って裁判を受けるべき」とするスタンスがほとんどで、「逃亡して良かった」と断じているメディアは私は聞いたことがありません。
レバノンの新聞でも、ゴーン被告の会見を風刺調で報じていたところがあったぐらいです。
また、日本の出国審査の杜撰さも大問題ですが、それはきちんとメディアでも批判的に報じられています。
「盲点を突いたゴーンが悪い」というのは中立的ではない、というのは意味が分かりません。
だったら、システムに不備があったら、行為の主体は悪くないということになってしまう。

では、お聞きします。
近年、判決がまだ確定していない「被疑者」が警察署から脱走したり、保釈中の「被告」を護送する際に検察官を振り切って逃走したという事件がいくつか発生しています。
いずれも「推定無罪」の立場です。
そして、明らかに警察や検察の管理体制の不備や不手際が原因です。
貴方の論理ならば、これらの事件においても「被疑者」や「被告」を一方的に責めることはできない、ということになってしまう。
もし彼らが勾留されている環境が「過酷」だとか、保釈中の環境が「苦痛」だと言おうものなら「逃げて良かった」と判断できてしまう。
それでも逃亡を支持しますか?

あと、フランスやアメリカでは保釈中の被告にGPSを装着することは法的に認められています。
また、この両国では、確かに逮捕後の勾留期間は短いですが、そもそも逮捕するための逮捕状が不要であるケースがあるそうです(細かい要件までは知りません)。
また、逮捕後に「起訴するかどうかを判断するため」の予審や大陪審という制度があり、それにかけられた場合は被疑者は日本よりも遥かに長い勾留期間が認められることになります(フランスでは最長4年)。
つまり、制度なんて国によってバラバラということです。
もし、日本人がフランスで逮捕されて、予審にかけられるために数年間勾留され、挙げ句の果てにGPSを装着させられた時に、「人権侵害だ!」と訴えて国外逃亡したとしたら、その行為を支持できますか?
1週間前
×
告知文掲載ありがとうございます。

チラシかわってますね。

何かあったのか?につきましては武士の情けでお願いします。

1週間前
×
こんにちは
そう小林先生もどんどん変わるし、ゴー宣道場だって変わる、人はどんどん変わっていける、ゴー宣道場、変化を恐れずいきましよう。

1週間前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。