• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

「演出やユーモアが通じない視聴者たち」小林よしのりライジング Vol.35
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「演出やユーモアが通じない視聴者たち」小林よしのりライジング Vol.35

2013-04-24 09:00
  • 55

613fa6073c5f8ed03d0d4810436837a241e3c2b3
第35号 2013.4.23発行



「小林よしのりライジング」
 『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりが、Webマガジンを通して新たな表現に挑戦します。
 毎週、気になった時事問題を取り上げる「ゴーマニズム宣言」、AKB48ブームから現代社会を掘り下げる(本当は新参ヲタの応援記!?)「今週のAKB48」、よしりんの愛用品を紹介していく「今週の一品」、漫画家キャリア30年以上で描いてきた膨大な作品群を一作品ごと紹介する「よしりん漫画宝庫」、珍妙な商品が盛り沢山(!?)の『おぼっちゃまくん』キャラクターグッズを紹介する「茶魔ちゃま秘宝館」、読者との「Q&Aコーナー」、作家・泉美木蘭さんが無限に想像をふくらませ、とことん自由に笑える「日本神話」の世界を語る「もくれんの『ザ・神様!』、秘書によるよしりん観察記「今週のよしりん」等々、盛り沢山でお送りします。(毎週火曜日発行)


【今週のお知らせ】
※「今週のAKB48」は土曜日に放送された「めちゃイケSP!AKB48期末テスト」を徹底解剖!?そしてテレビの「阿吽の呼吸で演出に加担する」感覚と、ネットのバッシング、わが物顔にのさばるクレーマーとの関係性を分析!バラエティ番組は生き残れるのか!?
※毎週、隠れた(?)名作を紹介している「よしりん漫画宝庫」。今週から紹介するのは『若造』。よしりんが特に気に入り、別キャラとして度々登場することになる「最強」の顔面を生み出した、この作品。一度見たら忘れられない、その顔とは!?
※今週発売の『週刊文春』で、AKB48メンバーの新たなスキャンダルが発覚!?あの、とも~みが禁断のお泊まり愛…!!「今週のよしりん」では、よしりんの良からぬ企みも発覚!?


【今週の目次】
1. 今週のAKB48・第29回「阿吽の呼吸で演出に加担する感覚」
2. 茶魔ちゃま秘宝館・#007「コロちゃんパック うたとおはなし『おぼっちゃまくん』」
3. よしりん漫画宝庫・第35回「『若造(じゃくぞう)』① 最強武器・人造顔面を持つ男」
4. Q&Aコーナー
5. 今週のよしりん・第35回「とも~みのお泊まり愛に『ウソだろうが!!』」
6. 新刊案内&メディア情報(連載、インタビューなど)
7. 読者から寄せられた感想・ご要望など
8. 編集後記




587083ca0d8d332551b332108e08dc26afdb8a05

第29回「阿吽の呼吸で演出に加担する感覚」

 土曜日に放送された「めちゃイケSP!AKB48期末テスト」が最高に面白かった。
 この企画は以前からやってたらしいが、初めて見た。AKBのセンターバカを決めるというから見たのだ。

 川栄李奈がバカだということは以前から知っていたから、予想通りの結末だったが、その次にバカだった高橋みなみとの差が30点もあったというのが見事なセンターバカだった。
 その上、それを聞いた川栄が、なんと「嘘だろうが!」と叫んで、信用しようとしないのが、素晴らしいバカだった。
 足がクサいというキャラと、センターバカというキャラの、二大マイナスキャラを背負って、だからこそカワイイという評価になるのは、アイドルの歴史の中でも画期的なことである。
 川栄は絶対勉強してはダメだ。どんなにバカがばれても、「嘘だろうが!」で通すバカになってほしい。


 現役高校生の入山杏奈(あんにん)が1位という結果で、あんにんが頭のいい子だったと知って良かった。だがそれ以上に感心したのが2位の大島優子だ。
 中学生レベルのテストとはいえ、大島優子は学校卒業してから年月経つのに、よくいい点とれるものだ。

 やっぱり優子は秀才的な頭の良さと、反射神経としての地頭の良さが両方揃っている。
 一気に常識を吹っ切って、キンタロー。に復讐する「フライングゲット」を、オーバーアクションで踊ってみせるひょうきんさが素晴らしい。妖艶な色気も持っているのに、カマトトぶらないはっちゃけ方に、ひたすら感心しながら笑うしかない。

 こういうエンターティンメントの凄さは、残念ながら次世代センター候補とされる渡辺麻友にも、ましてや島崎遥香にもない才能なのだ。やっぱり優子には惚れざるを得ない。


 それにしてもナインティナインの岡村には、本当に感謝したいくらいだ。指原をいじり倒し、峯岸みなみをいじり倒してくれた。
 はげちゃびんのカツラをつけた峯岸にも、「フライングゲット」を踊らせたのは大成功だった。
 そもそも峯岸のダンスの上手さは定評がある。完全に吹っ切れたデフォルメダンスがキレキレ!おどけてるのに上手すぎるという凄さ!もう大拍手して抱きしめたいほど愛おしかった。

 峯岸みなみ、これで禊は済んだ!

 自らをネタに笑えるようになれば、これほど強力な武器はない。
 

 過去のスキャンダルに対する再三の岡村のツッコミに対して、「写真を売られたのです!」と紋切り型で指原莉乃が答えるのも面白かった。あんなに端的で的を得た説明はない。
 ついに指原のスキャンダルを利用した自虐ネタも、極限まで達した。

 そして指原のテストの解答に対して、岡村がウケを狙った解答だろうとツッコんだ時の、「大人の理不尽は許せない」と言わんばかりの指原の反抗心は演出ではないようだった。
 指原は大人の理不尽を飲みこむことが出来ずに、つい反抗心を覗かせる時がある。ググタスで「大人ってムズカシイネー」などと書いて、運営に対する不満を表明することが度々ある。

 だが指原は正面切って、反抗を貫く度胸はない。そこはまだへタレなままで、「ムズカシイネー」と嫌味な言い方に止まるのだ。
 その反抗心がテレビでも垣間見えたのが、わしには面白かった。


 キンタロー。というパロディを最大限に活かして、優子峯岸板野友美(ともちん)も、キャラを爆発させた。
 ともちんが、「キンタロー。の前田敦子マネは気に入らん」という芝居を見事に貫いて、「キンタロー。だけは絶対笑わん」とふてくされる顔が、可愛くて、可愛くて、なんとか卒業を阻止できないものだろうかと思った。

 だがこの「ふてくされ芝居」の件、番組終了後に、ネットや、ともちんのツイッターで、「キンタロー。を嫌いなのか?」「板野友美の態度が良くない」という批判が続出したという。

 ともちんは慌ててツイッターでこうつぶやいている。
「めちゃイケ後にたくさんキンタローさんのこと嫌いなんですか?って質問きてたのでびっくりしました。本当は嫌いじゃないですよ♡とってもいい人です。面白かったです。笑」

 すると今度はネットで「やらせ発覚!」と煽る者が出てきたのだ。
 ともちんは「あれはテレビの演出です」とか、あるいは「私がアドリブでやったのです」などとは言えまい。
 幸いこの件は、「あれは演出だとわからないのか!」という声が多数になってるようだから、これ以上の誤解の拡散も起こらないだろう。


 だがこれって、わしが「アウト×デラックス」で、「大島優子とやりたい」と発言してドン引きされたというニュースに似ている。
 テレビ的な演出やサービストークは、場面の空気でやらざるを得ないものになっていくもので、こちらにも楽しませたいという精神があるものだから、ついノッテしまうものなのだ。
 これは極めてプロレス的な阿吽の呼吸で成り立っている笑いなのだが、近頃はユーモアをわかってくれない視聴者が続出するので大変だ。


 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

他45件のコメントを表示
×
配信ありがとうございます。

「阿吽の呼吸で演出に加担する」感覚には考えさせられました。自分はバラエティー番組を
「あれはユーモア」と理解した上で見てますが、それでも時折眉をひそめてしまうことが
あります。これも昨今のデオドラント化のせいなんでしょうか。

よしりん先生が間池呂若造を大のお気に入りの理由、ぜひ知りたいです。
88ヶ月前
×
>>64 エディばっじおボヤキングさん

エディさんの苦言は「ライジングの公を守る為」に
“言わざる得ない覚悟”で発せられた言葉だと私には伝わっています☆
私だって全く同じですもん。
言わなくて済むのなら、言いたく無いですよね、苦言なんて。

「連投はマナー違反である」というエディさんの問題提起。
私は正しいと思っています。
1つは、「常連ばかりの店には一見さんは入りにくい」という点。
2つは、「特定の読者が私物化しているように見える」という点です。
実は、私、その点を、ずっとずっと悩んでいるです・・・。

でも! AKB48に【みなさんもご一緒に】という楽曲があります。
すごく、ご陽気な歌なので、元気が無くなった人は、聴いて欲しい!
私は、特に、セリフの部分が大好きなんです☆

「大変厳しい時代がやってまいりましたが、劇場にお越しいただいたからには外のことは一切忘れて全力でばか騒ぎしようじゃありませんか。盛り上がっても3000円盛り上がらなくても3000円でございます。不況を吹き飛ばすのは、日本の未来を変えるのは、あなたあなたあなた、みなさんなのです。行くぞ~!!!!」

「AKB48」と「小林よしのりライジング」の共通点は、
「よっしゃいくぞ~!!の精神」だと思っています (*^o^*)
エディさんは、私より一回り上の方だと存じますが、
「よっしゃいくぞ~!!の精神」をお持ちなのがイイですね♪
88ヶ月前
×
配信、ありがとうございます。
今日は熱を出して寝込んだのをいいことに、大泉洋氏が出演している北海道ののバラエティ番組のDVDを見ていました。内容は四国のお寺をまわる(怪奇現象に遭遇?)という他愛のないものでしたが、大泉氏と番組ディレクター2人のお互いに挑発しあう絶妙なやり取りが最高に面白かったです。これこそ小林師範の言っていた「プロレス的な阿吽の呼吸」だと思いました。ユーモアがわからない人はこの番組見て真顔で「ディレクターの態度が横柄だ」「大泉、何様のつもりだ」と怒ってツイッターに書きこむのかと思うと(今のところはそんな人がいたという話は聞いたことがありませんが)…。遊び感覚のない人ってちょっと怖いなと思いました。
開戦前夜、連休中に読みました。現在の日本人にとって非常に「苦い薬」になったと思います。小林先生の憲法の日の番組、楽しみにしています。 それでは。
88ヶ月前
userPhoto
dai
×
>>66
カレーせんべいさんが「連投」について、悩んでいるようなので、議論を蒸し返すようなことをしますが、途中参加の僕の意見を述べさせていただきます。
僕は12月からライジングを読み始め、1月頃からコメント投稿をしだしましたが、「連投」で入りづらいとか、特定の人が私物化しているとか、感じたことはなく、それどころか「連投」そのものを意識すらしませんでした…。
そもそもコメントはライジングの感想を書くのが第一の目的なので、作品や作者への想いをどうしても伝えたいという気持ちが最初の動機となるのではないかと思います。その想いに比べれば、「連投による参入しづらさ」などたいして問題ではありません。
ただ、誤解のないように言いますが、今、僕は結構、人のコメントチェックしているし、それを読むのを楽しみにしてます。だから、エディさんも次号にはまたコメントに出てきてほしいですね。
88ヶ月前
userPhoto
556
×
 先生は武道館行かれたのですね。しかも全公演、泊まり込みで! はるっぴは、チームAでさらに伸びますよね。
 私は、運良くHKTのコンサートを見ました。涙が出ました。キャップの涙や16曲メドレーでは泣きました。メドレーは先達への敬意と覚悟と受け取りました。
 こんな可愛い「ウチのコたち」が羽ばたく姿を見ることができたと、泣きながら福岡に帰りまして。握手会に行きまして。多田愛佳ちゃんのレーンに行ったわけです。すると彼女に、私のポケットからこぼれていたさくらのチャームをひっくり返して確認されちゃいました。
「あー」
「バレたっ」
「私のも買って!」
 もちろん愛ちゃんストラップに変えて、また行きました。何が言いたいのかというと、愛ちゃんに盛大に一本釣りされましたと(笑)。彼女はきっちりやってます!

 私はSAPIOからのゴー宣読者ですけど、このところよしりん先生は「AKBの人」という認識になってます(笑)。
88ヶ月前
×
>>70 daiさん

貴重なお言葉、有り難うございます。
daiさんのおっしゃる通りだと思いました。
ここのコメント欄は、ライジングの感想を書くのが第一の目的。
作品や作者への想いをどうしても伝えたいという気持ちが動機となる。
私もそうでした。

私はライジングが好きです。ずっと、続いて欲しいと願っています。
「コール&レスポンスが無くなったらライジングではなくなる」と考えますので、自分のせいで足を引っ張っていたらどうしようかと、くよくよ悩んでおりました。
でも、もう悩まないです。ありがとうございました!

私も皆様のコメントをかなりチェックしてます。
皆様の感想や想いは大変勉強になります。そして楽しいです☆
「daiさんはオカロ二推しなら、一推しは誰なんだろう?」とか、色々想像するのも好きなんです(^O^)
だから、できるだけ多くのライジング読者さんにコメントを書いて欲しいなぁ、と思います。
エディさんも、次号じゃなくても結構ですから、ご自身のペースを最優先に、またコメントに出てきて欲しいです!
88ヶ月前
×
いきなり、個人的な話になりますが自分の地元は「火曜曲」以外、AKB関連の番組が放送されていないので、今回のめちゃイケは嬉しかったです(^^)
そして、今回のめちゃイケは昨今のAKBのバッシングを一掃するが如く終始痛快な出来で面白かったです!!
個人的に「私はさしこだ!させこじゃない!!」のさっしーの悲痛な顔で爆笑してしまいました(^^;;

あと、ともちんのふてくされ演技…自分もともちんの演技力の高さによって見抜けなかった一人なんですがorz、
それだけ注目されてるって事もあるのだと思いますが、わざわざツイッターで真偽を問い合わせてるヒマがあったら、もっと自分の為にする事があるでしょう?と思ってしまいました。

そして、前回のコメントで『若造』全く知らないと書きましたが、イラストを見た瞬間に『小林よしのりの異常天才図鑑』で見た!と思い出しました(^^;;
幻の作品を見る為にも、みなぼん編集長公式HP作成頑張ってください!
88ヶ月前
×
GWも最終日。カレンダーも「日常へ帰れ!」と言ってます。でも、
「ライジングの無い連休」よりも「ライジングの有る平日」の方がイイ♪
まぁ、「ライジングの有る連休」が一番イイのですが・・(^^)
連休中も、よしりん先生のブログが楽しみで毎日チェックしていました♪
特に、AKBに係わるブログが大好きで、同じAKBファンとして情報や想いや理論や物語を共有できることが、とてつもなく有り難いことだと感謝しています☆

私は政見放送のMVPは、みおりん(市川美織)とさや姉(山本彩)で決まりだと思いました!
総選挙に対する意気込み、志の表明、そして視聴者を楽しませようとするエンターテインメントのバランスが完璧だと思います☆
そして、そんなみおりんがNMB48に来てくれたら、
山本彩と市川美織のコンビ “さやみおりん” で、
「唐揚げに、フレッシュレモン、絞っといたでぇ~」
という鉄板ネタが成立してしまうじゃないかっ! これは早く見たい!

「早く見たい」と言えば、連休明けのライジングが楽しみです☆
今週のQ&Aコーナー、どうか採用されていますように!(ドキドキ)
88ヶ月前
×
今日で大型連休も終わり、明日から仕事です。休み明けはいつもお客様からの電話が集中するので、4連休明けは朝から地獄だな・・・と今から憂鬱です。でも明日は久々のライジング配信、それを心の拠り所に頑張ります。
一昨日、初めてひとりカラオケに行ってきました。2時間ひたすらAKBグループの歌ばかり歌ってました。一番歌いやすかったのは「GIVE ME FIVE」でした。AKBのPVにあわせて歌える機種だったので、とても楽しかったです。「フライングゲット」も歌いました。小林先生のギターのピックならぬマイク落とさないか心配でしたが、ちゃんと歌えました。
あと連休中はAKB関連の本が立て続けに出たので、それも読んでました。「私服総選挙」の写真集、みんな可愛かったです。あと3月に卒業した仲谷明香の本も読みました。彼女のまじめで素直な人柄が、文章から伝わってきました。先生はお読みになりましたか?
あと18日には札幌でAKBの握手会が行われます。その日は仕事休みで「UZA」の握手券1枚あるので、行ってみたいと思います。できれば大島優子と握手したいです。7月31日には札幌ドームでコンサートが開かれますが、行けたらいいなと思っています。
88ヶ月前
×
…何だったのでしょう…
あっ、申し遅れました。諫議大夫(かんぎたいふ)といいます。
先週までは、うちの者が大いにラストで暴れまくって、
大変失礼しました。
今号から、ラストのコメントを締めさせていただきます。
よろしくお願いします。

わたしは、先々週の号から登場していたのですね。
この当時は、コメント数70もあれば多いほうだったんだ。
2013年12月は、平均150以上コメント数があるので
いかに読者が積極的に「公」を育てたいという意欲が
出ているか見てとれますね。

ここまで読んでくださった読者の皆さん、本当にありがとう
ございます。
また、新たにライジングを購読して下さったみなさまに、
あらためて御礼と感謝申し上げます。

次号は、(…いきなり号外か…)
小林よしのりライジング号外
「『主権回復記念日』はインチキである!」
です!
また、最新の「ライジング」が
只今絶賛配信中です!
コメントを書かれるかたは、
「新着記事」
のトップ(最新号)をクリックしてください。
楽しく、面白いのもよし、真剣なのもよし、質問もオッケー!
とにかくみなさまからのコメント、大歓迎です!
読者の皆様とともに、「ライジング」を創っていきましょう!

…にしても、先週のアレはいったい…
81ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。