• このエントリーをはてなブックマークに追加
安倍晋三がやるべき7つのこと
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

安倍晋三がやるべき7つのこと

2012-12-15 17:00
  • 19



12月16日21時、総選挙当日の生放送!

もう開票速報も見飽きたなあというところで、小林よしのりが新政権に対してモノ申す!

作家・泉美木蘭さんをパートナーに、よしりんが「選択肢ゼロ」の選挙を総括!

脱原発あり、脱線ありの硬軟とりまぜトーク!

今回は総選挙投票終了後、大勢がほぼ決しただろうというタイミングで生放送をぶつけます!

公約を、選挙期間中だけの言いっ放しには決してさせません!

言ったことは、責任を持ってやってもらいます!
あなたが言ったことは、決して忘れていませんよ!

勝利の美酒に酔っている最中であろう新総理確実の男に、よしりんが釘を刺しまくる!!

お楽しみに!!
チャンネル会員ならもっと楽しめる!
  • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
  • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
    • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
    • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
ブログイメージ
小林よしのりライジング
更新頻度: 毎週火曜日
最終更新日:
チャンネル月額: ¥550 (税込)

チャンネルに入会して購読

コメント コメントを書く
他9件のコメントを表示

こんばんは。実はまだ番組は見られてないのですが、とりあえず予測通り自民党の圧勝で…「あっしょう(そう)」ということで…my選挙区も自民が初立候補で取ってしまいました。超超平凡常識人のうちの旦那も自民に入れていたからなぁ…普通の人って悪気なくこういうことするのかも(^_^;)さあどうなりますか安部総理日本。頼むから戦争だけは起こさないで下さい。女性宮家創設も認めて欲しい(こう書くとなんという上から目線だと改めて認識しますね)けど、そんな度量も器量もあの人たちにないだろうな…私もポップコーン食べながら映画見たくなってきた(T_T)

No.12 119ヶ月前

昨日の放送、先生キレてましたね~

ただ自民圧勝という酷い結果が発表されている渦中に、絶望してニヒリズムに陥る事無く
直ちに安部の誇大公約を攻撃するのは見事でした!どうせ誇大公約を達成できず
世相が政治不信の極みに陥るであろう状況は全然ハッピーでは無いんですけどね・・・

自民が、民主が、第三局が、アメリカで言えば共和党か民主党か、そういった選択的民主主義はもう限界です
先生が常日頃繰り返し主張しているように、公論を立ち上げてそれに沿った政治家を「育てる」
そんな民主主義に進化しなければ「騙される」政治が延々とループするだけだと思います

自民圧勝の流れのど真ん中から始まる先生の戦い。見守らせてもらおうと思います
先生の公に立つ主張の支持者が確かにいるという事が、少しでもストレスの軽減になればと祈ってます






No.13 119ヶ月前

私はどこが政権をとろうとも応援します。
政治を語るのなら、本気で日本を良くしようという気持ちが必要です。
ゴー宣の発信側も読者も、そういう気持ちがあるのか疑わしい人が多いのが残念。

ブログで産経を批判したり引用したり、二枚舌三枚舌を使い分け、それが建設的意見ですって?
批判のための批判。自己満足のための批判。うんざりです。
批判でしかアイデンティティーを保てない人はかわいそう。
そういうレベルの低い議論では、もう通用しません。

1割いいことを言っていても、9割が自己満足話では仕方ありません。
今のままでは、ゴー宣は「変な人の集まり」「かかわりたくない」と思われるだけです。
それで良いのでしょうか。それでは何も変わらないのでは?
本気で国をよくする覚悟がないと言うのなら、それでもいいのでしょうけど。

選挙で結果がでたらそれが民意。そもそも、選挙でどこが「勝つ」なんて小さいこと。
それより日本をどうするか、が大問題。

民主党だろうが自民党政権に戻ろうが維新が台頭しようが、国民は現政権に「期待」するしかありません。
批判は悪いことではありません。しかし足をひっぱるのではなく「建設的に」意見し、そして国を「良くしていく」ことが大事でしょう。

No.14 119ヶ月前

政治家に「日本を良くしてもらおう」という考えは改めたいなあ。
まずは自分の日常の中から自分の身の丈に合った生き方を見いだし、
その生き方を応援してくれる政党をぼくは支援していきたい。

No.15 119ヶ月前

初コメントです。
もう安倍さんにはいい意味で期待を裏切ってもらいたいですね。何としてでも。
まぁもし、そうなったなら、ネトウヨが調子乗りそうですけど。。。

あと僕も変えてもらおうという受け身の姿勢は止めた方がいいと思います。
テレビ見た限りでは、ほぼそんな人ばっかりでしたので。

No.16 119ヶ月前

>>14 ショウさん
私個人の印象ですが、ショウさんの文章からは「与党精神」が感じられる点に好感を持ちました。しかしながら、ゴー宣及びゴー宣読者が、「批判でしかアイデンティティーを保てない」というのは誤解だと私は思います。
仮に、この見解の相違をトコトン議論すると、お互い・・・、いや、少なくとも私は、冷静でおれなくなる予感がするので、絶対に避けたいです(苦笑)
ただ、ショウさんが【小林よしのりライジング】を購読し、全てをご覧になったら、少しは誤解が解けるじゃないかなぁ~、と私は淡い期待をしてます♪

ただ一つだけ、自信を持って、反論したいことは、
【小林よしのりライジング】の購読者は、「変な人の集まり」ではないということです。
変な人は、私一人だけです(笑)
購読者は、ちゃんと仕事や家庭といった「現場」を持った人で、「自分の言葉」を持っている人が実に多いというのが私の印象です。実際、コメント欄には、主婦の方も多いのです。
・・・ごめんなさい! その一点だけです!! どーしても反論したかったのです。
「見解の相違」はあれども、「国を大切に思う気持ち」自体は、日本人ならば、きっと同じだと、私は信じています。
嗚呼!早く寝なきゃ、明日の仕事がヤバイです (泣)

No.17 119ヶ月前

>>14 ショウさん

僕もショウさんのコメントに違和感があるので指摘させてもらいます。

まずショウさんが指摘されているブログの件ですが、これはおそらく時浦さんのブログの事だと思いますが
時浦さんは何も産経新聞への態度を180度変更し、急に礼賛しだしたわけではないと思いますよ。

単に自民党の機関紙のような産経でさえ、今回の自民圧勝選挙に疑義を出しているという趣旨かと。
例えば時浦さんが朝日新聞のような反自民的な新聞の報道をソースとしてブログを書いていたらどうでしょうか
「ソースは朝日www」とか程度の低い反論にまみれてしまうでしょ?

僕は自民礼賛の産経でさえ、今回の選挙結果にケチをつけてるんだぞ!という趣旨に時浦さんのブログは読めます。

次に「選挙でどこが勝つなんて小さい事」という記述にも違和感があります
しかもそのすぐ後に「それより日本をどうするか、が大問題」と続いていますが
その「日本をどうするか」の為に、我々が行使できる権利が選挙権なのでは?

僕はただただ「どこが政権をとっても応援する」事が「日本をどうするか」に
全く繋がらないと思います。

そして一番の違和感が、コメントで散々「批判の為の批判」「自己満足の為の批判」を
「批判」されていますが、ゴー宣の発信側とその読者とは違い、こんなにも隙だらけの
ご自分のコメントへその疑いの目が向いていない所です。

まさかご自分の意見だけは「建設的な批判」だと思われているんでしょうか。
申し訳ありませんが僕にはまったく「建設的な批判」には読めませんでした。

「批判の為の批判」「自己満足の為の批判」はダメ。
その意見にはまったく賛成ですね。

No.18 119ヶ月前

>>18
>itchさん
長々とご意見いただき恐縮です。
しかし根本的に誤解があるようですので、ちょっとずれてますね。
トッキーさんが産経新聞の不支持から支持に変わったなんて、私はそんなこと言ってませんから。

紙面の都合上、事細かに長々と書くのも問題ありと思いますので
言葉足らずは行間を読んでいただけたらと思います。
そして「批判のため」ではなく「建設的に」読んでいただけたら誤解しないはずですよ。

改めて端的に述べますが
私が指摘したのは、トッキーさんが情報を「自分に都合よく解釈してるだけ」だということです。
今回はたまたま産経新聞でしたが、対象が産経だろうと朝日だろうと、
叩く対象が自民党だろうと民主党だろうと、全て同じです。
何でも「自分に都合よく解釈する」言論に説得力などあるはずもありません。

また言葉の使い方の下品さは
2ちゃんねるで見られる「便所の落書き」を彷彿とさせる酷さです。
それで「ネトウヨ」だの「バカ」だの誹謗中傷したところで、
それは「あなたのことでしょう」と言い返されるのがオチです。

私はゴー宣は初期からほとんど読破してますので、よしりんの思考はある程度わかります。
これは全て、よしりんを応援する気持ちから出た「建設的な」指摘です。

本来それは、スタッフや読者のみなさんがやるべきなのに、
みんな、よしりんシンパになっているから「やばい集団」と見られるのです。
「裸の王様」に対して「裸だ」と指摘できるのは、
シンパにならなかった客観的視点を持つ者から言うしかありませんよね?
そこでやむを得ず私が指摘させてもらったのです。

現状のゴー宣ブログは建設的ではなくスキャンダル誌のようです。
スキャンダル記事を喜ぶ人たちに受けてるのでしょうが、
そんな層に受けるだけで良いというのがゴー宣でしたら、もはや何も言うことはありません。
読者は広がらず、「ある特殊な人たち」だけの座談会となるでしょう。

ここまで書けば、何を言いたいのか、賢明な方なら理解できるはずです。
これを「建設的意見」と捉えられないとしたら、それは読む方の能力の問題です。

シンパの方はどんな「建設的意見」も「罵詈雑言」にしか捉えないみたいですから。
そう捉える方は例外なく「批判のための批判」に陥っています。

No.20 118ヶ月前

>>17
カレー千衛兵さんは、紳士な方とお見受けします。
誤解しないでいただきたいのは、ゴー宣と読者をバカにしたわけではありません。
私も初期の頃からのゴー宣ファンの一人ですから。

ただ、批判のための批判という、低レベルになっている危険性を感じたので、
気を付けて欲しいと思っただけです。

「変な人の集まり」というのは、私見ではなく「一般人」の意見です。
私の個人的な意見なら、ここに書いたりはしませんよ。
意味がないし、時間の無駄ですから。

ゴー宣道場のブログを、小林シンパではない「一般の人」が見たら
「やばい集団」だと思われます、それでいいのですか?
という問いかけです。
よしりんの言論が、もっと広く世間一般に知られて欲しいと思うから書いたのです。

よしりんの回りのスタッフや読者が、よしりんを歪めてないか?
それとも、それを放置しているよしりんが、元々そのレベルだったのか?

前者であれば改善の余地があるでしょう。
今のままでは、よしりんの言論が「一般に」受け入れられる日が来ることは無いでしょう。
一般層には「便所の落書き」と揶揄されるネット言論の掃き溜めと同じと思われるだけです。

政治にまで言論を及ぼす以上、「私怨」「個人的感情論」ではなく、「社会を良くしたい」という
「公」の思いがあるからと思っていましたが、
あくまでゴー宣と読者は「誹謗が趣味の集団なんだからほっとけ」というなら、もう何も言いません。

どんなに道場内の少人数で騒ごうとも、現実には自民党は圧勝しました。
自分たちの意見が通らなかったことを逆恨みして
現実逃避をして、下品に自民党と支持者を叩いたって、何も変わるわけがありません。
そんなことしたって、「低レベルだな」と一般人に見下されるだけです。

的を射ない批判、批判のための批判、レッテル張りと揶揄、便所の落書き・・・
こういった印象を与えるものがゴー宣ブログには多すぎます。
それでマトモな読者が増えるわけがないのです。

カレー千衛兵さんの「国を大切に思う気持ち」は信じたいと思います。
もちろん私にもあるし、よしりんにも、それがあると信じています。

No.21 118ヶ月前

>>21 ショウさん。
今、このコメントに気づいて、慌てて返信しています(冷や汗)
ちなみに、今は、1月28日23時です。

私もシュウさんと同じで、「行間を読むこと」はとても大切だと考えている人間です。シュウさんの文章から読み取れたのは、貴方が『ゴー宣ファンとの間で何か嫌な思い出のある人』ということです。
どうです? ズバリ当たったでしょう(^O^)
私は「紳士な方」ではないし、ただのド阿呆ですが、
33年も生きた経験で「行間を読めば」、そりゃ分かりますよ(-^〇^-)

貴方と私は境遇と考え方が似ているかもしれない。私も「ゾンビ」です。
ただし、「【自覚症状】があるゾンビ」だと自負してますw

私は、貴方に負けないくらい、よしりんが好きです。
だから、よしりんのことが好きな人が好きです。
ゴー宣読者が好きです。 よしりんファンの方が好きです。
よしりん企画のスタッフさんが好きです。

仮に、理不尽な扱いを受けたとしても
仮に、心が折れる状況を味わったとしても、
私は、絶対に、よしりんが好きな人を無差別に憎悪の対象にはしない!
それが、よしりん好きの『矜持』であり、
ゾンビとしての『公共心』というものなのです♪♪

それはそれとして、ここでシュウさんと会話できたのも何かの縁。
シュウさんもゴー宣初期の頃からのファンでしたら、【小林よしのりライジング】を購読されてはいかがでしょうか?
「ゴーマニズム宣言」のような骨太の内容のみならず、結構、お笑いな内容やエッセイ的な内容も盛り沢山ですから、それこそ初期のゴー宣を彷彿とさせるものがありますよ☆

また、シュウさんが、今のスタッフや読者に色々とご不満があり、それを自らが正したいという強いお気持ちは理解できました。
が、しかし!
「他の読者さん」を小馬鹿にする(ように人から受け取られる)コメントは絶対に控えてください。
なぜなら、これは最低限の「マナー」の問題だからです。
もし「マナー違反に対抗する為の自覚的なマナー違反」だとしても、これではキリがありません。

「言葉を正したい」と志すならば、
人の振る舞いを批判するのではなく、
まずは自分自身から始めるしかないと、私は考えます。

No.23 117ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。