• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

「安倍首相の戦後70年談話を検証する」小林よしのりライジング Vol.144
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「安倍首相の戦後70年談話を検証する」小林よしのりライジング Vol.144

2015-08-18 17:40
  • 63
c3f0d4ea8027341f15369617681477ec895171d2
第144号 2015.8.18発行

「小林よしのりライジング」
『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりが、Webマガジンを通して新たな表現に挑戦します。
毎週、気になった時事問題を取り上げる「ゴーマニズム宣言」、『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成してもらう読者参加の爆笑企画「しゃべらせてクリ!」、著名なる言論人の方々が出版なさった、きちんとした書籍を読みましょう!「御意見拝聴・よいしょでいこう!」、漫画家キャリア30年以上で描いてきた膨大な作品群を一作品ごと紹介する「よしりん漫画宝庫」、読者との「Q&Aコーナー」、作家・泉美木蘭さんが無限に想像をふくらませ、とことん自由に笑える「日本神話」の世界を語る「もくれんの『ザ・神様!』」等々、盛り沢山でお送りします。(毎週火曜日発行)

【今週のお知らせ】
※「ゴーマニズム宣言」…安倍首相の戦後70年談話が発表された。もともと安倍晋三が戦後70年談話を出そうとしたのは村山談話を否定するためであり、安倍を支持する自称保守派はそれを期待していたはずである。しかし結局は村山談話の揺るぎない踏襲を宣言、“自虐史観の克服”は大きく後退してしまった。従米属国精神によって書かれた安倍談話を徹底検証する!
※よしりんが読者からの質問に直接回答「Q&Aコーナー」!調味料へのこだわりはある?集団のルールに依拠せずに子供を善行に導くにはどうするのが良い?ロッテのお家騒動、どう思う?ゴー宣の翻訳は考えている?日本はいつまでお詫びを続けるべき?『古寺記』(SAPIOで連載)の再開は?天皇陛下の終戦記念日のお言葉に「反省」があったことをどう感じた?…等々、よしりんの回答や如何に!?
※著名なる言論人の方々の立派な御意見を思いっきり褒めそやす「御意見拝聴・よいしょでいこう!」。誰も知らない、証拠もない、けれども日本中を裏で支配している、恐るべき共産党の陰謀と日夜戦い続けている、日本保守論壇の二大虚頭・渡部昇一、中川八洋両先生!今回もお二人の篤き尊皇心に学びましょう!


【今週の目次】
1. ゴーマニズム宣言・第139回「安倍首相の戦後70年談話を検証する」
2. しゃべらせてクリ!・第104回「チャマシック・ワールドの大激突ぶぁ~い!の巻〈前編〉」
3. 御意見拝聴・よいしょでいこう!・第4回「『皇室消滅』④毅然として真に勇気のあるお方、竹田恒泰様!」
4. Q&Aコーナー
5. 新刊案内&メディア情報(連載、インタビューなど)
6. 読者から寄せられた感想・ご要望など
7. 編集後記




d556ed59b27e197aa0ea52274848687e1ca8ff4b

第139回「安倍首相の戦後70年談話を検証する」

 8月14日、安倍首相の戦後70年談話が発表された。
 安倍談話は戦後50年の村山談話の約2.6倍、戦後60年の小泉談話の3倍近い長ったらしいものだった。
 もともと安倍晋三が戦後70年談話を出そうとしたのは村山談話を否定するためであり、安倍を支持する自称保守派はみんなそれを期待していたはずである。
 ところが蓋を開けてみれば、ただ村山談話を冗長にしただけの代物。「植民地支配」「侵略」「痛切な反省」「心からのおわび」という村山談話の4つのキーワードも全て入れ、「歴代内閣の立場は、今後も、揺るぎないものであります」と、村山談話の揺るぎない踏襲を宣言してしまった。
 
 同日に出演した「朝まで生テレビ」では、この談話は事前にアメリカに見せているはずだと指摘しておいたが、案の定、談話の作成にあたっては事前にアメリカに内容を説明し、理解を求めていたという報道がすぐに出てきた。
 国民はこれを普通の事として受け入れているが、首相自らが「内政干渉」を申し出るというのは属国の証明である。
 もし中国に日本の首相談話をチェックさせていたら、大騒ぎになったはずだ。中国には内政干渉させない、アメリカなら内政干渉されていいといのが、この国の従米属国精神なのだ。

 結局のところ、安倍首相やそのコアな支持者が唱えていた首相談話からの自虐史観の克服は、戦勝国の監視を恐れてどんどん後退し、ついには安保法制を通すために、村山談話を踏襲するしかなくなってしまったわけだ。
 これは完全に安倍首相自身の変節であり、保守派は激怒してデモを起こさねばならないのだが、静かなものである。相変わらず、安倍ちゃんのやることなら何でも支持の、安倍真理教に嵌ってしまっている。
 こんなことなら、新談話を出す意味など何もない。村山談話でよかったのである。

 わしは外国特派員協会の記者会見で「アメリカの戦争史観に染まったような談話だったら批判する」と表明しておいた。
 もちろん、先週批判した有識者懇談会の報告書を見た時点で予想がついていたことだが、談話は完全に欧米中心の歴史観によって書かれていた。これについても、批判する以外にない。

 談話では日本は満州事変以降、道を誤ったとして次のように言っている。
 世界を巻き込んだ第一次世界大戦を経て、民族自決の動きが広がり、それまでの植民地化にブレーキがかかりました。この戦争は、一千万人もの戦死者を出す、悲惨な戦争でありました。人々は「平和」を強く願い、国際連盟を創設し、不戦条約を生み出しました。戦争自体を違法化する、新たな国際社会の潮流が生まれました。
 当初は、日本も足並みを揃えました。しかし、世界恐慌が発生し、欧米諸国が、植民地経済を巻き込んだ、経済のブロック化を進めると、日本経済は大きな打撃を受けました。その中で日本は、孤立感を深め、外交的、経済的な行き詰まりを、力の行使によって解決しようと試みました。国内の政治システムは、その歯止めたりえなかった。こうして、日本は、世界の大勢を見失っていきました。
 満州事変、そして国際連盟からの脱退。日本は、次第に、国際社会が壮絶な犠牲の上に築こうとした「新しい国際秩序」への「挑戦者」となっていった。進むべき針路を誤り、戦争への道を進んで行きました。

 日本は、平和を望む欧米諸国が作った「新しい国際秩序」への「挑戦者」になったというのだ。
 こんな単純な「欧米=善玉、日本=悪玉」の歴史観は、実は欧米の研究者でさえ否定している。
 少々長くなるが、イギリスの歴史家クリストファー・ソーンの『満州事変とは何だったのか』(市川洋一訳、草思社)から引用しよう。 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

他53件のコメントを表示
×
今週も配信ありがとうございます。
Vol.144の感想です。
「ダイナミックな歴史観を堂々と語れる首相が現れればいい」まったく同感です!昨今の首相と呼ばれる人たちは、「大東亜百年戦争史観」はもとより歴史的見地に立って日本のビジョンを語らなさ過ぎです。
それはアメリカに付いていけば安泰だと、またアメリカと運命を共にしようと、一方で憲法9条で平和は守れるんだと本気で思っている政治家がいて、そのためには過去の日本の戦争は愚かだったと自国の歴史観をアメリカ様に平然と差し出す、それでも国民の代表かとわたしは首をかしげたくなります。
そんな体たらくだから、保身を第一に考え国民から非難を浴びても辞職しない某議員や品のないヤジを飛ばす某首相、カネ集めに奔走する議員、政局だけを見て日本のグラウンドデザインを考えない議員、ネトウヨ議員等など…が出てくるのも仕方のないことなのかもしれません。いや仕方のない事で済むことでは本当は無いのですが。
それに比してよしりん先生が外国特派員協会で語った事の中で国連から「旧敵国条項」を削除するようアピールしたのは痛快でした!どうして他の政治家たちは先生のように世界に向けてメッセージを発信できないんでしょうか?
わたしにはそれが歯痒くてたまりません。

時浦さんの「よいしょでいこう!」今週も冴えています!
しかしこんな出鱈目な本に真っ正面から付き合うトッキーさんの姿勢には本当に頭が下がります。
わたしなら一読して(その電波な文章のために)頭が痛くなるような内容なのに…。
渡部・中川両氏といった保守派の重鎮をバッサリと薙ぐ姿は、さすが上等兵殿といったところです(笑)

ところで、今週のQ&Aでふぁんたんさんが質問されていた、「小林先生は44歳時、どのような作品を描いておられましたか?」に対して小林先生が「『ゴーマニズム宣言』じゃないかな?」と回答されていましたが、念のために申し上げますと、小林先生が44歳のときは今から18年前のことで、1997年のこと、ちょうど「戦争論」を執筆されていらっしゃって、サカキバラ事件(少年A)があった頃だったのです。

しゃべクリですが、わたしのネタの1コマ目は、「ザ・神様」で景行天皇がヤマトタケルの兄オオウスノミコトが朝餉に参加しなかったのを弟が咎めて兄を殺したシーンにかけて、ディナーショーに参加しなかった袋小路君を咎める茶魔にアレンジしました。
4コマ目は、わたしの力作&関西人の本懐としてのネタです(笑)吉本新喜劇をリアルタイムのテレビで見れない地域の人はどう思ってらっしゃるのか、知りたいところではあります(笑)
最後のコマの「ちょーど時間となりましゅた―」は、地元河内音頭をベースに、東京漫才の「相模三太・良太」(名前あっているでしょうか?)をほうふつとさせるちょっぴり懐かしいネタに仕上げています。

がんTさん、元坂口さんと2作も連続でコラボするなんて、私には裏山鹿〜です(笑)

そして、元坂口さん、「進撃の巨人」ネタ!別に申し合わせたわけでもないのに(笑)どうしてこんなにネタがかぶるんですか?最高です(笑)

そして、つぼきちさん、しゃべクリデビューおめでとうございます!「吸血公務員つぼきち」、爆笑してしまいました。
体を張って(?)ネタを提供するつぼきちさんの姿勢にただただ感動するばかりです。
しゃべクリでライジングを盛り上げていきましょう!
53ヶ月前
×
安彦良和氏との対談、面白かったです。本当に刺激的でした。
実は最初、二人のファンである自分は冷や冷やしながら見ていました。天才同士は反発しあい険悪になることが多々あるので。

「機動戦士ガンダム」が最初にふれた戦争の物語だったという現40代は結構多いんじゃないですかね? そこから戦争に興味を持ち、歴史に興味持ち、思想、政治と興味を広げてよしりん先生の作品に出合った人もいると思います。自分がそうなんですよ(渡部昇一に嵌った黒歴史も含めて)。
その作品でアニメーターをなされていた安彦さんの画には馴染みがあって、漫画家転向後も画の上手さや世界観に惹かれて今も読み続けています。

安彦さんの漫画は敵の描き方が本当に素晴らしくて、「王道の狗」の陸奥宗光という巨悪の存在感は圧倒的でした。その作品を読んだ相乗効果なのかよしりん先生の「大東亜論」の大久保利通の描写はとてもゾクゾクしました。大久保はもう暗殺されましたが、これからも頭山は大久保の亡霊(彼の念がこもった権力や政策)と対峙する訳ですよね。強大な敵とどのように対決して行くのか、これからも「大東亜論」の展開が楽しみです。

安彦さんの古代、天皇を題材にした漫画は、「ナムジ」→「神武」→「蚤の王」→「ヤマトタケル」と続いて行くんですけど、高森さん、木蘭さんにも是非読んで頂いて批評をお聞きしたいです。
53ヶ月前
×
「戦後70年談話」として語るべき言葉とは何か?

小林よしのり先生の外国特派員協会でのスピーチは、
敗戦までのプロセスを日本の「運命」として物語る、日本人による歴史観。
それを世界に向けて堂々と語る小林よしのりに、
「全ての日本人が到達しなければならない姿」を見ました。

ライジングコメント欄を拝見して気付かされたことですが、
『通訳のために話のまとまり毎で明快に言い切る姿勢』
『立ち上がって去るときの「ありがとう」の言葉』
その「佇まい」から『公』を感じました。

外国人の方々も言葉は通じなくとも伝わったのではないでしょうか?
「この男が発している言葉は“公”である」と。

ゴー宣道場に参加させて頂ける機会には、
師範方の『佇まい』こそ絶対に見逃さず、
『公論』を体感し、学び取りたいと思いました。
53ヶ月前
×
この週末にやっと『朝生』のビデオを拝見ました。席こそ一般コメンテーターと一緒でしたが、まるで『報道ステーション』で古館伊知郎のとなりの人みたいな扱いでしたね。田原総一郎は事あるごとによしりん先生のコメントで答え合わせしているみたいでした。できれば田原氏のとなりで『サンデーモーニング』の張本勲みたいに「喝!」とか「あっぱれ!」とかよしりん先生にやって欲しかったですね(笑)一般視聴者である私は、ライジングや日々ブログを読んで「よっしゃ、おおむね自分の理解で正しかった!」とか「そっかぁ、そっちも見なきゃだめだよな~」とか、自分の思考をチェックしています。いつもありがとうございます。
53ヶ月前
×
配信お疲れ様です。とどのつまりは村山談話の継承、なんともお粗末ですが・・謝罪の継承をなくしたいのなら、まずは首相自身が歴史に正しく向き合ってほしいです。俺たちが苦しむのは、『朝鮮人』、『中国人』のせい!など戦争する気もないくせに『敵』を作り出して叩く行為はうんざりだ!我々は歴史を正しく見つめて、本当にアジアの国々が手をつなぐ日を作るべきだと思います。
53ヶ月前
×

朝日の2015年8月24日 社説に
『創作された作品が、戦争を考える入り口になることも多い。中でも「マンガの影響力は大きい」』とあって、戦争と漫画について書かれてありました。

しかも『戦闘の興奮を見せるだけのものや安易なメロドラマなど、質の高くない作品もたくさんある。しかし、描き手の自由の幅が広いからこそ、優れた作品も生まれる。』の発言を載せながら、よしりん先生の作品紹介はなかったですね。つい、この間インタビューが載ったばかりなのにい。今、暑くて、熱くて、厚さも、ほどよいの作品があるのにい!

やはり、猛毒〜誤読〜注意!の内実の効いとるけんしょうか?

やはり、先生の作品には、車のバックナンバーの横にある ⬜︎ 黄色の「危」とか「毒」とかの表示が、要るけんしょうか?

>>66
武藤さんの「世論の暴走」。これに何故か気持ちが引き付けられます。

『右 [ ヨタ ] ろー!』『左 [ ヨタ ] ろー!』の暴走といっている者がいます。安倍晋三をはじめ、これを止められない社会とは、我々とは考えさせられます。歴史の大きなうねりなんて言えません。有史の中で、充分、歴史の積み上げがあるにも関わらず、本来、分別のあるべき者まで、おかしい事を言っています。このような流れは、とっくに息の根を止められていて然るべきです。

>>67
カレー千衛兵さんには、先日は失礼致しました。関西 ゴー宣道場の立役者の御一人のカレー千衛兵さんが、ゴー宣道場初参加とは、御縁というのは、その人、それぞれですね。私は、日にちの予定不明もさる事ながら、金欠病という難病でして、これを押さんと参加いけんとです。しかし、ゴー宣道場というのを知って、関西「初」ブランドには抗し難いです。絶対、ブランドにしてはいけないのは承知しています。

ここの新参者としてだけでも【ゴー宣道場参加心得】は、よくよく理解すべきと肝に銘じます。ネットでも、現実でも視野狭窄が一番いけないです。私は、噛みつき癖があるので、相当に注意すべきと気を引き締めます。「しゃべらしてクリ!」の 茶魔ちゃまが袋小路くんに噛み付くような事態に、私がなったら、皆さんに寄ってたかってガブリついてもらって、是非「智」だらけにして頂きたく思います。けれども、まずいと思います。味の保証は出来ません。

53ヶ月前
×
>>74
ありがとうございます。支那事変に関しては、右翼、革新派にも人気があった近衛文麿が首相になったことが大きいです。
近衛は陸軍からは支那に関しての強硬姿勢、革新派にとっては貧富の格差是正政策と左右を組み上げる政策をしてましたから、両者から近衛を首班とする一党独裁を懇願されるまでになってしまいました。
先生が過去のライジングに書いたように、強硬派に支持される点では安倍晋三と近衛文麿はかなり似ていると思います。
どちらも、血筋が良く将来の首相候補に目された人物ですしね。
まあ、最後まで人気が落ちなかった近衛文麿に対して安倍のほうがまだ打倒はできる可能性はあると思います。
53ヶ月前
×
続きですが、戦前日本において対立軸になっていたのは、欧米と協調し、国際秩序を維持する「現状維持派」と世界恐慌の中で欧米秩序を打破し、新秩序を建設する「革新派」の2派に分かれていました。
支那事変において軍部が蒋介石打倒を目指したのは蒋介石が英米の支持を受けて現状維持を目指していると見られていたためです。
だから、支那事変は蒋介石から支那を解放する「聖戦」であると国民から支持されたわけです。
大東亜戦争も新秩序建設のために行われましたが
敗戦し、「現状維持派」であった幣原喜重郎、吉田茂らリベラルグループが戦後日本を引っ張ることになりました。
革新派は社会党に合流し、ソ連支持、資本主義打倒を目指したわけですね。
ここで面白いのは、革新官僚であった岸信介は総理になり、日米安保を改定し、親米路線を確定させたことです。
岸自体は国内政策では最低賃金法、国民皆保険制度を作ったり、「革新派」でしたが、国際情勢では
「現状維持派」になってしまったのです。
安倍晋三も岸路線を継承して、戦後レジームべったりになっていますが、彼らにとって「革新」すべき
はGHQの占領政策(実際に第一次安倍内閣の時に教育基本法の改正、防衛庁から防衛省に格上げを行いました)の是正であり、アメリカ支配からの「革新」は大反対という方針です。
結局は国民自体がアメリカべったりの「現状維持」から「革新」に転じない限り、戦後は終わらないと痛感しております。
53ヶ月前
×

>>75 >>76
武藤さん

教えて頂いてありがとうございます。何気なく開きましたら、もうコメントが入っていて驚きました。感謝をもって、今、投稿させて頂きます。

智識は、信用出来ない人からは学びたくありません。よしりん先生や読者の皆様を信用して良かったと思っております。

コメントで、これだけ、いつも講義して頂いて贅沢です。宿題代行業者は、腹を満たすだけですけれど、義のみで教授して頂くのは、もったいない限りです。あつく御礼申し上げます。この欄で、色々教えて頂いている方々のコメントは時系列でまとめてあります。私の学習の益にさせて頂く事になるでしょう。皆様にも御礼申し上げます。

十分でないものの、抽象的に、まとめさせて頂きます。『右 [ ヨタ ] ろー、左 [ ヨタ ] ろー』が、ただ、並列化した観念を浮かべて動いているだけで、これを結びつけて体型的に論理化しようとせず、また、これが嫌いで、矛盾に気付きもせず、覚悟も無いのが、政治家、世論の劣化ですね。

やはり、タコのように、のたのた左右一緒くたで、まとまりがないだけですか。

その代表が「a baby」安倍晋三と申す者がいます。

近代史は重要です。しかも、あるべき日本の歴史観が必要です。私の埋めるべき大きな欠落です。

皆様には、周知の事実と思います。けれども、感謝の意をもって、まとめさせて頂きました。



カレー千衛兵さんは、私をどこまで把握していてくださるか判りません。けれども、>>67で、やんわり諭して頂いて感謝しています。そう考えております。予想で申し上げて失礼しております。私は、最近、他の所で、沸騰した事があります。しかし、ゆえなく沸騰したわけではありません。明確な事実があるにも関わらず、理不尽な権謀をもって人が苦しめられているからです。もっとも、分別の不足や分別の無い所がありました。

こうして、こちらにコメントする勇気が出たのも、号外で矢巾町の事を先生が取り上げてくださったのを見ての私的な部分があります。しかし、前から先生と皆様の論には、ほとんど賛同させて頂いていました。先生の愛読者でもあります。そして、個と公の結びつきについて考えている者です。

皆様のコメントは、いつも拝見させて頂いています。学ばせて頂いている事に、先生、よしりん企画、読者様に深く感謝しております。借りたものは返さないとなりません。再び、復活してコメントさせて頂けたらと思います。その時は、あっけらかんとさせて頂きます。道場参加も目標にします。

53ヶ月前
×
安倍談話は最初に読んだ時にもとんでもないと思いましたが、今回のゴー宣を読んでもう一回読み直すとさらにとんでもないものだということがわかりました。

結局安倍首相は一貫して「究極の媚米野郎」だということですね。

そして一番残念なことは、頭の中身がないネトウヨはおろか一般の庶民でさえもアメリカへの警戒心はなぜか持っていないことでしょうか。

先日「日本のいちばん長い日」を観たのですが、あそこで描かれていた日本人の独立心、プライド、そして尊皇心はどこに行ってしまったのかと、寂しくなります。

早く目覚めるべきですが、難しいでしょうね・・・
53ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。