• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

ヨン様参戦!? 誰もルールがわからなかったアルティメットロワイヤル■ズンドコ・トラブル興行研究会
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ヨン様参戦!? 誰もルールがわからなかったアルティメットロワイヤル■ズンドコ・トラブル興行研究会

2017-11-21 11:00
  • 2
ズンドコ・トラブル興行研究会!! プロレス格闘技のウラに精通する書き手たちがマット界を騒がせたズンドコな事件を振り返ります! 今回はプロレスブログ「多重ロマンチック」の漁師JJさん。今回のテーマは「ヨン様参戦!? 誰もルールがわからなかったアルティメットロワイヤル」です!




【関連企画】


幻の闘魂三銃士興行の顛末

小島聡まさかの「四冠王者誕生」ズンドコ模様


アントニオ猪木が「整理」したスポーツ平和党




2005年大阪ドーム大会後、新日本プロレス・アントニオ猪木オーナーはこう言った。「一寸先はハプニング。“お祭り”なんだから、いろんなことがあっていい。みんなで格闘バトルロイヤルをやればいい」。

イッテンヨンを前に、スタッフは当然のごとく困り果てた。総合格闘技ルールでバトルロイヤル。一見おもしろそうだが、明らかにムチャクチャすぎる。複数人で一人の選手をボコボコにする場面も出てくるわけで、誰がどのタイミングで止めるんだ。その瞬間になっただけで橋本vs小川戦における村上一成状態のデンジャラス。優勝賞金1000万という提案だけが独り歩きする中、猪木オーナーは次々、無責任な予告を開始する。さあ、世界一危険な乱舞、アルティメットロワイヤルのはじまりだ!

12月11日、当初は曙、ボブ・サップを初めとするK-1勢やハッスル勢、さらに鈴木みのるの参加も示唆され、1月1日締め切りのプロアマ問わない参戦公募も行われた。1月1日期限って、どう考えても大晦日参戦選手へのコンタクトを考慮してのものだけど、お前誰やねん的道場破りアマチュア格闘家が参戦してたらどうなってたんだろう的見たさ加減だけが膨らみまくる。ただし実際に手を挙げていたのは「くだらないやつらばかり」と鈴木みのるに指摘されたブルーウルフ、ドルゴルスレン・スミヤバザル、タイガーマスク、さらにベースとなったアルティメットクラッシュルールを制作した成瀬昌由を含む新日本勢のみ。

鈴木みのるは「募るというなら、見合う選手を集めてくれ、猪木さん」と当然の言葉を残して新たなる戦場を求め去って行った。ああ、誰もやりたがらないアルロワルール。この時点でルールは一切決まってない。

18日、蝶野がオットー・ワンツ主催ストロングマンコンテスト優勝者ロン・ウォーターマン投入示唆。フライパンを捻じ曲げ、電話帳を真っ二つにすることでおなじみ、みんな大好き闘う牧師のウォーターマンだ。
656e5e148c4248969febbeb0efc2826af6e24047

12月20日にはアルティメットロワイヤル総合プロデューサーに、当時新日本プロレス所属で療養中のジョシュ・バーネットが就任。『新日本が世界で最もユニークにして実験的なイベントを行おうとしている。どんなスタイルの選手が向いているかわからないが、かつてない過酷なサバイバルになることは間違いない』と記者顔意見では半ば自虐的発言。



この続きと、近藤有己、馳浩、金原弘光重病、デストロイヤー、仮面女子、藤田和之、クリス・ジェリコの記事まとめて読める「14万字・記事詰め合わせセット」はコチラ 
 

この記事の続きだけをお読みになりたい方は下をクリック!

 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

×
>まったく、アルティメットにロワイヤル!
マジで鳥肌立った
12ヶ月前
×
>2005年大阪ドーム大会後、新日本プロレス・アントニオ猪木オーナーはこう言った。
2004年の間違いですよ!
11ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。