• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

相撲と暴力、博打、八百長問題を激白! 安田忠夫インタビュー「貴乃花は、馬鹿乃花だよ!」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

相撲と暴力、博打、八百長問題を激白! 安田忠夫インタビュー「貴乃花は、馬鹿乃花だよ!」

2018-01-23 12:38
    d31c86fa4d4f55fcd3b57b3dd5e260c8530a2a25
    カンボジアのカジノや、タイの繁華街を漂流していたはずの安田忠夫――いつのまに帰国していたのか日本各地でその巨体を見かけたという報告がSNSで相次いでいた。安田忠夫はいま何をしているのか? 相撲界が揺れている今こそ、その声が聞きたい! ということで、相撲では小結まで上り詰め、新日本プロレスや格闘技興行で活躍した「借金大王」を都内某所でキャッチ。日馬富士事件、八百長や賭博、長らく詳細不明だった私生活、借金の額まで赤裸々に語ってくれた。1万字インタビュー!! 


    90年代・新日本プロレスを語り尽くす第2弾はコチラ
    安田忠夫「リングでやっちゃえば警察は介入できないじゃん」

    【関連企画】

    解説、待ったなし!! 元大相撲力士が語る日馬富士騒動/「将軍岡本」あらため岡本将之

    【衝撃の破壊王伝説】至近距離から見た橋本真也――橋本かずみ☓田山正雄レフェリー 


    小原道由「石澤が止めなかったら、俺は◯◯を殺していたでしょうね」


    草間政一 私が戦った暗黒・新日本プロレス 

    永島勝司 アントニオ猪木と北朝鮮 

    田中ケロ ケロちゃんの新日本プロレス伝説 

    西村修 「独裁者・長州力に逆らうってエネルギーが必要なんです」 

    「90年代ハチャメチャ新日本プロレスと俺が愛した橋本真也」 

    村上和成 平成のテロリスト・村上和成――格闘家が挑んだ命懸けのプロレス道!! 

    高岩竜一×田山レフェリー 理不尽とは何か? 90年代新日本プロレス居酒屋トーク 

    大矢剛功インタビュー「新日本、SWS、FMW……辿り着いた北の大地」






    ――ちょっと前から安田さんの目撃情報がアチコチで相次いでいたので、プロレスファンはみんな気にしてたんです。

    安田 いろんなところで見かけてるんでしょ?(笑)。

    ――とくに◯◯方面で見かけたという話が……。

    安田 ◯◯……? ああ、温泉だ。温泉に入ってるんだよ。そっちのほうに住んでるんだよ。

    ――道理で。安田さんはいまどんなお仕事をされてるんですか?

    安田 そのへんのことは、もうちょっとしたらカミングアウトしますよ。でも、知ってる人は知ってるよね。

    ――なるほど。いまのお仕事はそのうち公にするとして、しばらくタイにいましたよね。日本にはいつ頃、帰国されたんですか?

    安田 ちょうど1年前ですよ。今日は何日?

    ――12月19日ですね。

    安田 じゃあ1年と1週間だ。タイに行く前は錦糸町で呼び込みの仕事をやってて。んで、表には出てないけど、介護の仕事を1年をやってたよ。

    ――えっ、安田さんが介護の仕事。

    安田 うん。介護は楽だったよ。他人の身の回りの世話は、相撲でやってきてるから。下の世話はやったことないから、最初は大変だったけど、おぼえてしまえばね。そのときに「焼肉屋の店長をやらないか?」って誘われて、介護はやめたんだけど。焼肉屋の話がポシャったからタイに行ったんだよ。

    ――タイにはどれくらいたんですか?

    安田 タイはね、足掛け3年半くらい。1年半ぐらいで一度帰ってきて。また戻ったら、給料が現地採用と一緒になっちゃったから。その前は悠々自適だったんですよ。向こうで家庭まで作ってね。

    ――えっ、家庭があったんですか!(笑)。

    安田 でも、現地採用の扱いになってからは大変だったよ。最後は日本人観光客向けの居酒屋店長。お客が入らない居酒屋だった(笑)。その店のオーナーはほかの事業で儲けてるから、趣味でやってるようなもんだけどね。ホントはタイ人の客も呼ばないとやっていけないんだけど、観光客相手で値段は高すぎるから。

    ――タイは楽しかったですか?

    安田 最初はね。

    ――後半はつらかった。

    安田 まあ、つらくもないよ。毎日サッカー賭博をやってたし。

    ――出たっ!(笑)。

    安田 博打さえありゃあ、俺はどこでも生きていけるからね。ガハハハハハ!

    ――タイといえばムエタイも賭けられますね。

    安田 ムエタイはやってない。1回見に行ったけど、どっちが勝ったか負けたかわからないから。

    ――サッカーのほうがわかりやすいってことですね。

    安田 そうそうそう。もともとヨーロッパのサッカーは好きなんですよ。

    ――それはスポーツとして好きになったのか、博打として好きになったのか。

    安田 スポーツとして好きですよ。でも、日本のサッカーは嫌い。日本人としては全日本は応援するけど、しょせんは弱いじゃない。弱いのに強いふりをするのは嫌いなんですよ。

    ――タイの前はカンボジアでカジノのディーラーをやってましたよね。かなり怪しい話だったようですけど(笑)。

    安田 ああ、カンボジアには8ヵ月いたね。あれは宣伝塔とセキュリティの仕事だよね。あれは危ない話でね、◯◯が3億円くらい騙されたみたいだよ。

    ――ひえ〜(笑)。

    安田 カンボジア時代は金がなかったけど、楽しかった。ほらカジノの街だから、10ドル握りしめれば遊べるんだよ(笑)。

    ――カジノの関係者が賭けていいんですか?

    安田 そんときは関わった店がまだオープンしてないからいいんだよ。楽しかったよ、カジノの街は。「そんな金があるなら借金を返せ!」って言ってくる人も何人かはいるけど。まぁ、そんなにたくさんはいないから。

    ――いるはいるんですね(笑)。

    安田 よく言われるんだよ、「金返せ!」って。でも、オマエには借りてねえし!って。

    ――あの〜、もしかしてりた記憶が消えてしまったとか(笑)。

    安田 もしかしたら借りたかもしれないけどぉ、証文はないから。文句があるなら「出るとこ出ますか?」って話でしょ(キッパリ)。

    ――ハハハハハハハ! タフですね!

    安田 それに「いまの俺から何を取るの?」って話で。いまある借金はアイフルの10万円くらいだよ。

    ――いまの安田さんでも消費者金融から借りれるんですね。

    安田 うん、借りれた。アイフルは飛ばしてなかった。ほかのところはハナからダメ。

    ――いやあ、あいかわらず破天荒な生き様で、ちょっと安心しました(笑)。

    安田 それは昔の話だからね。いまはマジメもんだよ。カイジみたいに地下に潜って働く生活。日払いの給料1万ペリカもらってさ。その金で競艇やパチンコをやってね。

    ――「ペリカ」という単位が日常用語でサラッと出てくる人、初めてです(笑)。やっぱり博打は止まらないんですねぇ。

    安田 金の問題じゃないから。結局10万賭けようが、100万賭けようが、俺からすれば一緒だから。博打は博打。

    ――博打をすることに快感があるってことですか?

    安田 そういうこと。娘の旦那に「博打だったらジャンケンでもいいんだけど」って言ったら、「この人には何を言っても無駄だってことがわかった……」と(笑)。

    ――手の施しようがない!(笑)。

    安田 娘から「いい加減、ギャンブルはやめて」って言われるんだけど、まあ俺のことがよくわかってるんだろうね。最低限言われてるのは「墓石代と葬式代だけは残しておいて。あとは何も期待していないから」って。

    ――受け入れてくれてるのか、見放されているのか……。

    安田 どっちだろうね。ガハハハハハ!

    ――でも、娘夫婦は会ってはくれるんですよね。

    安田 「いつでもいらっしゃい」とは言われる。孫もかわいいよ。孫のことはね、もうちょっと体育会系でビシっと教育したいんだけど。

    ――厳しいおじいちゃんになりたい。

    安田 やってみたい夢はあるわけですよ。孫と一緒にでどこかに出かけてね、ビシっと怒りたい。

    ――ヘタにしつけると、娘さんに怒られるんじゃないですかね。

    安田 そんなの言わなきゃ、わからないじゃん。

    ――お孫さんが二度と近寄らないですよ!(笑)。

    安田 そんときはそんときでしょ。いまでも怒りたいけど、他人の子だからさ。

    ――他人の子って血は繋がってますよ。

    安田 いやいやいや、4分の1だけだから。娘夫婦の育て方があるし、それをジャマしたり、否定する気もないけどね。

    28ff99219616865ad1e2bb783ee993373cbbd3ce

    ――ところで相撲とプロレスという厳しい縦社会で生きてきた安田さんからすれば、今回の日馬富士騒動をどう見てるんですか?

    安田 あれはモンゴルから出稼ぎに来てる者同士がケンカしただけ。横綱といったって外国人同士のケンカ。なんでモンゴル人同士がケンカしたことをテレビで大騒ぎしてるの?って話。いくら彼らが日本語をベラベラしゃべるようになったからって、日本という国をちゃんと理解してるわけじゃないんですから。ケンカしても次の日に握手すればモンゴルではオッケーなんだろうけど、いまの日本はそのケンカを見て通報する人がいたり、片方が訴えたら事件になっちゃうんだから。

    ――安田さんのいた頃の相撲界でもし起きていたら、ここまでの騒ぎになってましたかね?

    安田 昔だったら、こんな大袈裟な話にはなってないよね。いまの子はある意味でかわいそう。なんかありゃあ、すぐに騒がれるから。

    ――安田さんが生きた時代はいい時代だった?

    安田 いいのか悪いのか。こんな人間になっちゃったから(笑)。

    ――この件で相撲協会と対立している貴乃花親方の行動はどうご覧になってますか?

    安田 馬鹿だろ!

    ――ストレートですね!(笑)。

    安田 馬鹿でしょ。やりたいことはわかるんですけど、相撲協会の一員でしょ。自分の会社を陥れてどうするの?って。しかも自分が理事長なのに。あれがまだイチ親方の立場だったらわかるんだけど、次期理事長と言われてる人がやることじゃない。じゃあ相撲協会から出ていくのかよ?って。もう“馬鹿乃花”ですよ!

    ――貴乃花ならぬ“馬鹿乃花”!

    安田 現役時代はガチンコでやってきたからどうのこうのって、じゃあオマエはいま何をやってるの?って。親方だろ。そこで人生を切り替えろよって。いままで“馬鹿乃花”もあの組織の枠の中で守られてきたわけじゃん。

    ――相撲協会という組織に守られてきた、と。

    安田 ちょっとしたことは昔だったら、もみ消せたしね。いまは違うんだろうけど。そのへんを踏まえてやれよと。いくら「クリーンに!」とは言っても、世の中そこまでクリーンじゃねえだろって。クリーンすぎるとやりにくいよ、逆に。いいことないよ。頭使えよ、“馬鹿乃花”。

    ――いまの相撲界は、かわいがりもできないみたいですね。

    安田 かわいがりってね、制裁のかわいがりもあれば、強くするためのかわいがりもあって、2つあるんですよ。制裁のやつは、何か悪いことしてるんだって。

    ――安田さんも、現役時代はかわいがりを受けたんですか?

    安田 いっぱい!(かわいらしく)。

    ――ハハハハハハハハ! 安田さんは最高位は小結ですから、期待を込めたかわいがりですか?

    安田 いやいや、期待されていない。俺はオマケだもん。

    ――小結までなったのに?

    安田 俺なんかは一山いくらだよ。だって、いまの八角理事長(元横綱・北勝海)と同期。八っちゃんとは15歳のときからの付き合いだからさ。あと北尾もいた。

    ――「花のサンパチ組」と呼ばれた世代ですね。

    安田 俺らのときは相撲教習所の中に土俵が2つあって、外にも2つあった。とくに期待されていなかった俺は外の土俵。ABCDに分けたとすると、俺なんかCですよ。ケツから2番目、落ちこぼれ。

    ――そこそこ上にいければいいかなっていう。

    安田 そうそう、幕下に上がれればいいかなって。かわいがりはある程度になったら受けないもんだけど、俺は幕の内のときでもあったよ(苦笑)。「ゴルフ行くなよ」って言われて隠れて行ってね。

    ――ゴルフ禁止だったんですか?

    安田 そこにはいろいろあるわけよぉ。あるとき千代の富士さんが脱臼してゴルフに行けなくて。俺は「稽古場に最後までいろよ」って命令されたんだけど、風呂にも入らないでゴルフ行ったらバレちゃって。それで次の日、かわりがり。

    ――「俺がゴルフできないのにコノヤロウ!」という(笑)。

    安田 俺の場合、悪いことをやったから、かわいがり……ではないよ。サボったり、嘘をついてとか。「稽古したか?」「はい!」って返事したんだけど、話に辻褄が合わなくなっちゃってかわりがりとかね。部屋の金を盗んで……という奴もいたよね。俺は金を盗むくらいなら、借りるから(笑)。

    ――相撲時代は博打でかなり散財したんですよね。

    安田 野球賭博でクビになった貴闘力と一緒。俺はその前の時代の人間だったから、もっと凄かったよ。いまだから言えるけど、◯◯◯さんがやってる賭場に行ってたからね。

    ――いまでも言っちゃダメのような(笑)。あの頃はバブル絶頂期ですし、マンション麻雀なんかも超高レートの賭場が立ってたみたいですよね。

    安田 「マンション麻雀は相手が組んでるからやめろ」って言われた。俺が行ってたのは、雀卓の隣にバカラ台があったところで。

    ――それも特殊なシチュエーションですね(笑)。

    安田 もうこういう話はやめようよ(笑)。マジメに改心して、ペリカを貯めながら生活してるんだからさあ。

    ――いやいやいや(笑)。お相撲さんって博打が好きなんですかね?

    安田 だって基本的にヒマじゃない。俺らの時代からだよ、稽古が終わったあとにスポーツジムで筋トレをすることが流行りだしたの。古い親方によっては「何が筋トレだバカヤロウ!」って怒られてね。「筋トレやったら脇が開くだろ。そんなヒマがあったら鉄砲をやれ!」と。でも、九重部屋はジムに行ってると小遣いもらいましたもん、5万円くらい。 

    ――稽古後はとくに何もすることがないから、部屋でも外でも博打をやるってことになるんですね。


    ・博打奨励!? 相撲で勝ちたいなら賭け事をやれ!
    ・貴闘力と野球賭博
    ・相撲と八百長、暴力の実態
    ・八角理事長には500万円の借金がある
    ・佐々木健介と新日本道場……安田忠夫の1万字激白はまだまだ続く!


    この続きと、安田忠夫、RIZIN特集、ジェリコvsケニー、長州激怒、ローデス親子、ミゼットの現在などの記事がまとめて読める「11万字・記事詰め合わせセット」はコチラ 
     
    この記事の続きだけをお読みになりたい方は下をクリック!
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。