• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

<ビュロ菊だより>No.110「<フジロックに出る>という事」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

<ビュロ菊だより>No.110「<フジロックに出る>という事」

2016-07-26 10:00
     

     もう何年前か忘れてしまったけれども、我々(デートコースペンタゴン・ロイヤルガーデン=当時)が初めてフジロックに出る時、ワタシはまだ精神分析の治療中で、「フジロック(の、ような有名でステイタスの高いフェス)に出たら死ぬ」と思っていた。本当に思っていたのである。 

     

     何度か書いている一般論だが、神経症とは、複数の症状に対して、複数の要員がある。これを複合体(コンプレックス)というのだが、それを言葉によって構造を読み取り、最終的に解体することが分析行為であるのも、また一般論である。 

     

     「フジロックに出たら死ぬ」と思うこと、これは不感症の女性と似ている。勃起不全、射精不全の男性とは、「取りあえず」区別する。 

     

     オルガスムスを最悪徳と最重罰と自己決定し、イク(物凄い快感を得る)と死ぬ。と思い、イク前に(それが直前なのか遥かに前かは個人差があるとして)自分で醒めてしまう。パニックの傾向がミックスされれば、イク直前に相手を投げ飛ばしてベッドから闘争する患者もいる。 

     

     何れにせよ、そんなに深刻な症状ではない。イカなくても(実際は、もちろん「イッても」)死にはしない。リスクがあるとすれば、相手の男性(或は女性)を追いつめてしまうか、場合によっては相手が、プライドを守る為に暴力を振るったりする可能性まである。それだけである。 

     

     罪悪感=宝の在処を移動させてやれば治りそうなものだが、複合的だからそうはいかない。絡んだ糸である。 

     

     それにワタシは、不感症の女性と違って、というか、逆転的に、いくら真剣に「出たら死ぬ」と思い、過換気になっても、眠れなくなっても、結局出た。つまり、さきほどの例えで言えば、イったら死ぬと思いつつイッた訳で、なんだかんだ苦しいフリ(勿論、演技ではないが)をして、お宝の価値を上げ、そして、出ても死なない事によって、下ろした。つまり、神経症者がよくやるマッチポンプをしただけとも言える。 

     

     神経症の話はどうでも良い。フジロックの話だ。神経症の話の方がフジロックの話なんかよりずっと興味がある。という方には、悪い事は言わない。退会をお勧めする。 

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。