• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

<菊地成孔の日記 2021年4月6日 午後5時記す>
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

<菊地成孔の日記 2021年4月6日 午後5時記す>

2021-04-08 11:00
  • 12

 サウンドチェックとリハとカメラテストが終わったら、開演まで2時間の暇ができた。今日は(こんなにいっぱい出るのに)喫煙者が僕しかおらず、喫煙ブースでも会話がなく口さみしい。メンバーは世代別に割れてしまって、全員で話が盛り上がったりしない。ジャズはかなり個人主義的なので、出かけてしまう人もいる。馴染みである類家くんも珠也も「お前ら、オシか?」と言うほどの訥弁だ。類家くんなんか「こないだはお疲れ様でした」と、憂いの横顔で一言いって、どこかに消えてしまった。

 

 会場の30分前からホールスタッフの点呼と、今日の営業の注意点の確認が行われる。ブルーノートのホールスタッフは3階層に別れていて、全員で21人だ。

 

 なので、そこにシレッと加わる事にした笑。

 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
入会して購読

チャンネルに入会して、購読者になれば入会月以降の記事が読めます。

入会者特典:当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

ブログイメージ
ビュロ菊だより
更新頻度: 不定期
最終更新日:2021-04-16 10:00
チャンネル月額: ¥880 (税込)

チャンネルに入会して購読

ニコニコポイントで購入

当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

他2件のコメントを表示
×
先週の DC/PRG の余韻にひたりつつ、今週はブルーノートに足を運んでリ・アセンションでの菊地さんと類家さんの雄姿を拝見し、今日は同じくブルーノートで大西順子カルテットの大儀見さんの雄姿と唄を拝見・聴し、忙しく楽しい一週間でした(ジャズドミューンは見逃しましたが)。

結局アセンションを1回も聴かずにコンサートに行ったのですが、DC/PRG を聞いているせいか、轟音を楽しめました。

スタッフの点呼に加わるくだり、最高です笑

1つお伺いしたいのですが、アセンションのようなフリージャズには何拍子等のリズムというのは存在しているのでしょうか?
少なくとも私には、そのようなものは感知できませんでした。
(モダンポリリズム講義を見始めたばかりで、講義が進めば出てくるのかもしれませんが)
2週間前
×
ビュロー菊地チャンネル再入会したのでなにがどうなってるのか全く把握できてなくてついていけないですが、類家さんも珠也さんも存じ上げなかったのでとりあえずアップルミュージックで調べさせていただきました。類家さんはルビーの指輪カバーされてるんですね。他の曲も素晴らしいですが、珠也さんはShuffle Boilという曲が素晴らしくて凄く面白い事になってるのかなぁ?と妄想してしまいました。コスプレといえば先日ダシキというアフリカの民族衣装を購入しました!!基本的なメジャーコードとマイナーコードを覚えてから再入会しようと思っていたのですが、今日ドミューンを見たのがきっかけで再入会しました。再びよろしくお願いします。
2週間前
userPhoto
菊地成孔
×
>>1

 松島さんのファン!これは珍しいのでは!ありがとうございます!松島さんはプレイも普段の感じも気さくでカッコイイですね。でも「至上の愛」はワンホーンなので笑、サイドワインダーぐらいが良いかもしれません(それだったら僕すぐ出来ます)笑
2週間前
userPhoto
菊地成孔
×
>>2

 アセンションの感想が滝沢カレンさんと同じなんて素敵ですね笑。なんかツベで「技術解説」と書いてある僕の音源があるらしく、夜電波からの抜粋なんですけど、僕、ジャズのゲーム実況はやったことありますけど、技術解説したことほとんどないので笑、あげてる人に言ってあげて下さい笑。
2週間前
userPhoto
菊地成孔
×
>>3

 お忙しい一週間お疲れ様です!「アセンション」にはもちろん、拍子もBPMもありません。「クレッセント」と「インプレッションズ」は4拍子ですが。
2週間前
userPhoto
菊地成孔
×
>>4

 お久しぶりです!ダシキ買ったんですか!!びっくりしました笑!基本的なメジャーコードとマイナーコードは直ぐに(3時間もあれば)覚えられますよ!ジャズドミューンのが覚えられないと思います!!
2週間前
userPhoto
nn
×
ブルーノートライブオンラインで視聴致しました。改めてアセンション聴いてみますと菊地さんが確かにファラオサンダーストーンをしっかり再現されており、菊地さんのテナーサックスの技量に改めて驚かされました。(ペン大BBLS卒です)

同じテナーマンとしてコルトレーンスタイルで演奏された竹内 直さんについてどのような印象を持たれたか教えて頂ければ嬉しいです。
2週間前
×
菊地さんの赤いシャツのチラ見せがカッコよかったです。演奏も素晴らしく、素敵な時間をありがとうございました。
2週間前
userPhoto
菊地成孔
×
>>9

 いやいやあれは日記中にある通りコスプレですよ笑。ノイズを出す特殊奏法をベースに、フェララオの口癖みたいなのを器用に真似ただけで、技量と呼べるようなものではないです笑

 直さんは、僕よりも年齢も上で、デビューも早いですが、もう、デビューした頃からコルトレーンスタイルで一貫しています。100回ぐらいライブ見てると思いますが、一回もコルトレーンじゃなかったことないので笑、あの日は何の違和感もなかったし、リーダーこそ珠也で、ブルーノートの告知動画こそ(インパルス!契約者、ということもあって)僕でしたが、ミュージカルディレクターは直さんで、楽譜を書き、リハを仕切りました。だからもう直さんは「全身コルトレーン」なんで、僕みたいな近代人の煩悶はなかったと思うし、隣で聴いてて、「やっぱこの道一筋の人はすげえな」と思いました。
2週間前
userPhoto
菊地成孔
×
>>10

 いやチラ見せというか笑、単にインナーに赤いポロシャツを着ていただけで、日記にあるように、あれはアーチーシェップのコスプレですし笑、暑くなってジャケット脱いだら、他全員の(「アセンション」の録音は6月末か7月初頭、すなわち猛暑で、大人数が押し込まれたスタジオも、絶叫が延々と続く演奏も熱く、ほぼ全員が半袖のポロシャツでレコーディングしています)コスプレになるので、便利だなと思って笑、スーツと赤いポロシャツでやりました。ライブはこのままの流れでゆくと、やっぱりどこかで再演があるようですのでお楽しみに!
2週間前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。