• このエントリーをはてなブックマークに追加
<菊地成孔の日記 2022年 10月2日午前3時記す>
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

<菊地成孔の日記 2022年 10月2日午前3時記す>

2022-10-02 10:00
  • 17

 猛烈な速さと密度で9月が終わってしまった。ライブが2回、DJが2回あったが、どちらも何とか、自分のコンディションを鑑みるに、まあ、よくやったなあと思う。

 

 今は、来月、書評を書くのに、金原さんの長編を読んでいて、いつも言っている様に僕は、邦人文学者の、特に長編は、金原さんの作品以外読んでいないので、久しぶりで(というか、初めて)文学作品の書評を書くことにした。

 

 金原さんと、特に帰国後の作品は、プログラムピクチュア的といえるほどに毎回同じで、「複数の母親が出てきて、その中の一人は金原さんがモデルだと思しき人物で、複数の男性との関係を持ち、まさに<文学的>に、その男性と自分との関係について考察し続ける。という話に、料理に関する描写が、ものすごくいっぱい(ほとんど見開きごとに)入ってくる」というもので、やっぱ物凄い文学者だなと思うし、文学批評家の誰にも見えない、ヒップホップとの関係と、料理の話が入っているので、編集者は恐らく、そこを描いて欲しいのだと思うので、書く。

 

 アレッサンドロミケーレがグッチのプロモ用ショートフィルムを、キューブリックの作品からの引用的コラージュのみで構成したので、これに関してもコメントを依頼された。キューブリックの溺愛者も、今のグッチの溺愛者も山ほどいるだろうが、両者の溺愛者は山ほどはいないのだろう。

 

 「浜辺のアインシュタイン」が、何と今週末に横浜で上演される。ただ、今回は、日本語訳による日本語上演で(言葉の数は極端に少ないが)、振り付けもダンサーも、演奏するアンサンブルも全員日本人なので、どうなるか予想もつかない。コメントを求められたので書いた。

 

 オーニソロジーのアルバムがやっと完成(MV含む)したので、今、彼のアー写と、作品のジャケ写を選んでいる。時間をかけた甲斐があった。時流に全く乗っていない、ものすごく良いアルバムだと思う。

 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

コメント コメントを書く
他7件のコメントを表示

以前に見たジャズドミニスターズのライブでpaypayを「payって2回言うな」ってディスってたのを思い出しました。省略がカジュアリティにつながるように、反復もカジュアリティにつながりますよね。省略がカジュアリティにつながるように、反復もカジュアリティにつながりますよね。反復もカジュアリティにつながり反復もカジュアリティに反復もカジュカジュカジュカジュカジュアリティにつな反復反復反復反反反、反復もカジュアリティにつながりますよねねねねね。

No.9 2ヶ月前
userPhoto 菊地成孔(著者)

>>6

 こうちゃん、ラストが「、、、、、、」が最近イージーだから、ラストしっかり止めるの心がけてみましょう笑。独り言だってわかっちゃうと、読んでる人が甘えられてるkんを引き起こすので笑。

No.10 2ヶ月前
userPhoto 菊地成孔(著者)

>>7

 「昼顔」は、そもそもジバンシィが衣装やってて美しいんで、いろんなメゾンが引用する作品ですけど、ヴァカレロの新サンローランは、おっしゃる通り、かなり良いですね。あと、テキストは、11月も同じと限りません笑。

No.11 2ヶ月前
userPhoto 菊地成孔(著者)

>>8

 上記の通り、テキストは同じではないと思いますが(その前の第一幕のビートの部は、完全に全く違います=違うビートメーカーが作ったので)お楽しみに!笑

No.12 2ヶ月前
userPhoto 菊地成孔(著者)

>>9

 致命的ではないですが、2つ間違えていると思いますね。第一には、「ペイ」を「ペイペイ」というようなものは、カジュアリティよりも過剰に、キューティーに踏み込んでいます。パンダの名前とか。我々が批判したのは、キューティーのつもりで自動的に命名されたものの中に、「執着性=ウザさ」と「押し付けがましさ=<菊地成孔、菊地成孔に清き一票を>とかいった」が無反省に入っていたことですね笑。

 もう一点は、としゆきさんがコメントでなさっているのは反復ではなく、ループとその変異で、要するにCD-Jの機能ですが、(一回性を前提とした)「反復」ではありません。でないと「ペイペイ」は、「ペイペイペイペイペイペイペイペイペイペイペイペイぺぺぺぺいぺぺペイ」とかになります笑。

 何が言いたいのかというと、これ等はだから、禁止しなくて良い。ということなんですね笑。反復もループも称揚して良いです。僕の名前が「菊地成孔菊地成孔」になり、メンバーが皆、「林昌樹林昌樹」「相川瞳相川瞳」になるのはラディカルですよね笑。


No.13 2ヶ月前

全人代、六全協、文革もポップになりませんね。

No.14 2ヶ月前
userPhoto 菊地成孔(著者)

>>14

 とりわけ六全協はひどいですよね笑

No.15 2ヶ月前

気狂いピエロのウォッチカンファレンス楽しみにしてます!

No.16 1ヶ月前
userPhoto 菊地成孔(著者)

>>16

 今、ブルーレイで復習しているところです笑。

No.17 1ヶ月前

>>17
「今さらゴダールについて蓮實先生と対談しても誰も驚かないでしょ」(大意)とおっしゃっていたので、あっちゃんでもなければ谷王でもない。そうするとアネットの時に来日してDOMMUNE にも出演してたカラックス?とも思いましたが、まさかのMs.メラニーだったとは!?と小ボケを入れたくなるほど相手がカラックス以上に驚きました笑

No.18 1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。