• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

作家は読者の奴隷ではないし、そうなってはいけない。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

作家は読者の奴隷ではないし、そうなってはいけない。

2016-07-25 02:59
    妹さえいればいい。 5 (ガガガ文庫)

     『妹さえいればいい。』最新刊を読み終えました。

     前巻はほぼギャグ一辺倒で、面白いことは面白かったのですが、お話そのものは何も進んでいない印象がありました。

     しかし、この巻では劇的に物語が進行します。いやー、面白いですね。ぼくはこういうものをこそ読みたいのだと思う。

     物語が進むとは、ただ状況が変化することではありません。状況が「二度と元には戻らない形で」変化すること、それを物語が進むというのです。

     この巻で、主人公たちの恋愛状況はドラマティックに変わり、そしてこの先、もう決して元に戻ることはありません。

     それは幸せなことではないかもしれないけれど、しかしとても印象的なことです。

     こういうものを読むとぼくはやはり「物語」が好きなんだなあと思いますね。

     平和で幸福で、どれだけ読み進めても何ひとつ変化がないようなお話もいいけれど、でも次の瞬間何が起こるのかわからないようなサスペン
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。