• このエントリーをはてなブックマークに追加
恋愛工学理論は非モテのルサンチマンを救うか。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

恋愛工学理論は非モテのルサンチマンを救うか。

2016-09-10 05:03
  • 2
 先週号の『マガジン』を読んでいたら、「恋愛工学」で有名な藤沢数希さんがインタビューに出ていました。そのなかに、見過ごせない一節があったので引用しておきます。

藤沢:女性が、自分のことに夢中になっている男性を嫌うのは、生物学的な理由があります。動物のメスは、優秀なモテるオスの子を生み、その子がさらにモテることによって、自分の子孫が繫栄することを本能的に求めます。だから、非モテコミットに陥っている男性は、他の女性に相手にされない非モテ遺伝子を持った劣等オスにしか見えないのです。劣等オスの子を産んだら、子も非モテになって、子孫が繁栄しなくなるかもしれません。それは、メスにとって、なんとしても避けたいことなのです。

 ぼくはべつに恋愛工学について思うところがあるわけでも、くわしく知っているわけでもないのですが、これはないよなあ。

 「工学」とはいっても、ここまで来るともうただのトンデモ差別理論ではないでしょうか。これは女性の反感を買うでしょうねえ。「女は優秀な男の子を生む本能を持っている」といっているわけですから。

 子供を産まない選択をした女性とか、どういう説明をされることになるのだろーか。

 この文章のどこがどうおかしいのかあえて説明はしませんが(説明しなくてもわかってもらえると信じている)、こういう理論を「科学的」とか「生物学的」と主張されると、さすがにどうかと思う。

 でも、 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

×
はなから恋愛工学を否定してしまうようで恐縮ですが
美人って崩れないですからね 寝起きだろうが涎たらそうが
体質とはいえ食べても太らないとか
あるいみでは完成されてるという女性に魅力を感じる男性がほとんどというのであれば
辻褄があうのでしょうが
そういう女性よりも
西野カナの歌みたいに好きな人に気に入られるために
オシャレしたり痩せたりがんばる!って女の子にひかれる男の人も多々いるはずで・・・
現実は意外にそうやってバランスが上手くとれてると思うんですけどねえ




61ヶ月前
×
「しかし最近は、一部の金持ちやイケメンに多くの女性が群がり、ひとりの女性とも関係を持つことができずに死んでいく非モテの男性がどんどん増えてます。現代は言うなれば“恋愛格差社会”でしょうか。」
これについては、恋愛が自由競争になったという意味でいってるのであり、それを極端な表現で言ったに過ぎない。
さらに、「いや、それはまあ、当然、イケメンや金持ちはモテるでしょう。でも、すべての女性がそういう人に惹かれると限ったわけでもない。

 なぜなら、「女性」という人格の生き物がいるのではなくて、女性とはひとりひとり異なる個性を持った人間だからです。」
そうともいえるが人間も「動物」であり、恋愛というものは「セックス」という動物的本能に根差したものであることは否定できません。即ち、恋愛がうまくいくには俗っぽい言い方をすると女性を「発情」させなければならないわけです。恋愛と友愛との違いはそこであり、女性から見ても、今まで「友達」としてしか見ていなかった男性が「男」として迫った来たらやっぱり「気持ち悪い」と思ってしまうのではないだろうか?その発情しやすい要素の一部分として「イケメン」「金持ち」があるのではないかと思う。
この女性を発情させる必要な要素を教えているのが恋愛工学なのではないかと思う。
58ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。