• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

大谷翔平の次は大仁田招聘だ! アメリカで「邪道」争奪戦!!■アメプロインディ通信「フリーバーズ」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

大谷翔平の次は大仁田招聘だ! アメリカで「邪道」争奪戦!!■アメプロインディ通信「フリーバーズ」

2019-01-01 00:00
  • 5
アメリカのインディプロレスの“現在”を伝える連載! アメリカインディープロレス専門通販「フリーバーズ」(https://store.shopping.yahoo.co.jp/freebirds)を営む中山貴博氏が知られざるエピソードを紹介していきます! 今回のテーマは大谷翔平の次は大仁田招聘だ! アメリカで「邪道」争奪戦!!です


<1記事から買える関連記事>

・「WCWを潰した俳優」デヴィッド・アークエット、血まみれの贖罪

・DDT退団、海外を放浪する入江茂弘のタチムカウ生き様


・エディ・ゲレロ「空白の5ヵ月間」とその死……

・勝手にしやがれ! アメプロ開催中止騒動の歴史

・CMパンク、おまえはそんなところで何をやってるんだ?




2017年のメジャーリーグでは、二刀流の大谷翔平が新人王に輝いたが、2018年のアメリカマットでは邪道・大仁田招聘を巡って仁義なき戦いが勃発している。

「オニータ!オニータ!」

2018年12月9日、アメリカ・フィラデルフィアの“ハードコアの聖地”ECWアリーナ(現2300アリーナ)で行われた、CZW(コンバット・ゾーン・レスリング)の1年間の最後を飾る大きな大会「Cage Of Death XX(ケージ・オブ・デス20)」。前年8月に続き、CZWへの参戦を果たした大仁田。その間、引退してやっぱり復帰をはたした大仁田を、アメリカのファンは“涙のカリスマ”、“邪道”、“ハードコアの教祖”、“デスマッチの神様”などたくさんのキャッチフレーズを持つリビングレジェンドとして暖かく迎えてくれた。


大仁田厚&マット・トレモント対DJハイド&MASADA。ウルトラバイオレント・ルール戦と銘打たれたタッグマッチは、メインイベントの前に行なわれた。

b69c595a21fbb3e730da47792875decfb0452ea2

まずCZWのオーナーであるDJハイドが入場し、続いて日本でもおなじみのMASADA、そして、大仁田のパートナーであるトレモントが入場した。トレモントと大仁田は、2017年8月のニュージャージー大会において、電流爆破バット戦で対決後、交友を深めていた。実のところ、トレモントは、2018年9月大会を最後にCZWを離れたのだが、この大仁田との試合のためだけに戻ってきた。

4人目の大仁田が入場する前から「オニータ!オニータ!」と大仁田コール一色になる。テーマ曲「ワイルド・シング」がヒットするや、場内のボルテージはこの日一番の盛り上がりをみせた。

日本では、引退と復帰を繰り返すことに賛否両論、むしろ批判の声が多いのだが、アメリカのプロレスファンは、歴史を築いた人間に対して敬意を表すのだろうか、そこのところをアメリカの大仁田ファンに訊いてみた

「大仁田が引退、復帰を何度も重ねることは、彼のギミックと思っています。正直言って、引退するたびに、必ず復帰すると思っています。現在のプロレス界は、亡くならない限りは、だいたい復帰してますよね。復帰しないレスラーの方が少なく思えます。引退は、ちょっとした休憩みたいなものじゃないですかね」

逆に日本人がなぜそこまで引退した人の復帰に対して賛否両論あるのか不思議と言わんばかりの答えが返ってきた。

入場ゲートのスクリーンには大仁田の過去の名場面が映し出される。背中に邪道と書かれた革ジャンを着た大仁田が登場すると、大歓声が起こった。椅子を片手に持ち、観客が差し出す手をタッチしながら、ファンの声援を噛み締めるかのように、ゆっくりゆっくりと、花道を歩いた。
この続きと、RIZIN大晦日特集、地獄のシューティング合宿、イッテンヨン、ケニー・オメガ…などの記事がまとめて読める「11万字・記事22本の詰め合わせセット」はコチラ 
 
この記事の続きだけをお読みになりたい方は下をクリック!
 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

×
アメリカのファン?アメリカのマニアのファンですね!
31ヶ月前
×
細かいなー。アメリカのファンで問題ないです。
31ヶ月前
×
細かくない!正確なことなので、マニアのファンです!
31ヶ月前
×
40の時にできなかったことを60を超えて実現しようとするなんて素敵なことですね。
こんなことがあったなんて知らなかったので、ぜひ続報が知りたいですね。楽しみにしています。
31ヶ月前
×
>>3
お前大丈夫か?
31ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。