• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

葛西純がアメリカで吠える!「GCWのクソ野郎ども!お前ら日本に来たいのか?」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

葛西純がアメリカで吠える!「GCWのクソ野郎ども!お前ら日本に来たいのか?」

2019-03-01 00:00
    アメリカのインディプロレスの“現在”を伝える連載! アメリカインディープロレス専門通販「フリーバーズ」(https://store.shopping.yahoo.co.jp/freebirds)を営む中山貴博氏が知られざるエピソードを紹介していきます! 今回のテーマは葛西純がアメリカで吠える!「GCWのクソ野郎ども! お前ら日本に来たいのか?」です

    【告知】
    Dropkickニコ生配信に中山貴博氏が登場します。テーマは「裏レッスルマニア」!
    3月8日22:30〜


    <1記事から買える関連記事>

    ・虐待から救ってくれた一筋の光、それは大日本プロレス

    ・日本のプロレスファンに「ROHの顔」ジェイ・リーサルのことを知ってもらいたい!


    ・父親の名前はブライアン・ピルマン…あの背中を追って


    ・「WCWを潰した俳優」デヴィッド・アークエット、血まみれの贖罪

    ・DDT退団、海外を放浪する入江茂弘のタチムカウ生き様




    葛西純はマイクを取ると「GCWのクソ野郎ども!お前ら日本に来たいのか?」と言い放った。目の前には、まるで獲物を狩るどう猛な肉食獣のごとく凶暴なGCWのデスマッチエリート軍団、ニック・ゲイジ、シュラックらが立っていた。アレックス・コロンとの試合後、次々と葛西純の首を切り裂かんとばかりに、リングに上がってきた面々。盛り上がる観客。いきり立つGCW軍に向かい葛西は続けて一言「ファ●クユー!」と中指を突き立て、日本はハンパじゃないぞ!と、言わんばかりにリングを後にした。

    この日の大会開始前に、GCWの選手たちには、8月に日本大会が開催されることが正式発表されていた。GCWはファンに向けて、その開催を発表する役目は葛西純以外には考えていなかった。

    2月16日、米ニュージャージーのアトランティックシティにあるホテルSHOWBOAT(元カジノホテル)で開催されたGCW(ゲーム・チェンジャー・レスリング)の大会「They Said It Couldn’t Be Done」に、日本から葛西純が参戦した。葛西にとっては、約5年ぶりのアメリカ遠征だった。

    蛍光灯の束を両腕に抱え、入場曲がかかるのを待っていると、観客たちが自分の名前を叫んでいるのが聞こえてきた。5年ぶりのアメリカ。初めての団体。しかもメインイベント。「オレッちの戦略は正しかったんだ」と、デスマッチのカリスマは聞こえてくる大歓声を耳にして、自分に語りかけた。

    「カサイ!カサイ!」「クレイジーモンキー!チャッ、チャッ、チャチャチャ!」と、地鳴りのような歓声が鳴り響く。ゴング前にもかかわらず、「ホーリー・シット!ホーリー・シット!(超スゲー)」の大合唱が起こる異様な空間。GCWのファンたちは、葛西純の参戦を待ち望んでいた。

    そして、葛西純を待っていたのは、ファンだけではなかった。<会員ページへ続く>
    この続きと追悼・ウォーリー山口、フジメグ、引退3連発GSP、飯塚高史、ミルコ…などの記事がまとめて読める「12万字・記事22本の詰め合わせセット」はコチラ 


    この記事の続きだけをお読みになりたい方は下をクリック!  

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。