• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

ジョルジュ・サンピエールが引退記者会見で語ったこと■MMA Unleashed
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ジョルジュ・サンピエールが引退記者会見で語ったこと■MMA Unleashed

2019-03-01 11:38
  • 1
Omasuki Fightの北米MMA抄訳コラム「MMA Unleashed」――今回のテーマはジョルジュ・サンピエールが引退記者会見で語ったことです!!



【1記事50円から購入できるオススメ記事】

・OMASUKI FIGHTインタビュー「2018年の北米MMAで最も印象に残った出来事」


・パルス理論、マイクロドージング、ピコグラム・・・ ジョン・ジョーンズ薬物禍にみる薬物検査新時代

・ケニー・オメガ「新日本でやり残したことはもうそんなにない」

・ドーピングはデッドボールと同じで違法ではない?  米MMA訴訟最新事情



2月21日(木)(現地時間)、カナダのモントリオールで、元UFCウェルター級、ミドル級チャンピオン、ジョルジュ・サンピエールが引退を発表、15年にわたるキャリアに終止符を打った。

その前日に多くの米MMAニュースサイトがGSPの引退を速報で流した際には、筆者の頭の中では、ハビブ・ヌルマゴメドフ戦やコナー・マクレガー戦の実現に向けて、GSPがUFCに対して仕掛けている心理戦あるいは交渉術の一種だという可能性はないか、といったうがった見方も浮かんでいた。

しかし、記者会見に1人で登場し、自ら通訳も兼ねつつ、フランス語と英語で声明を発表し、質疑応答に応じたGSPの、淡々とルーチンワークをこなすかのような様子からは、話に裏表があるとは感じられず、本当にここできれいに身を引くことに決めたのだろうなということが伝わってきた。


「チャンピオンになり、チャンピオンでい続けるためには、自分を律しなければならない。それと同じように、心身とも好調なのに引退を決意するにも、自分を律する強い心が必要だ。ただ僕はずっと前から、トップファイターであるうちに、まだ健康なうちに引退しようと考えていたんだ」

GSPは記者会見冒頭にこのように、引退の決意は自らの哲学に基づくものであると述べた。その上で、あえてこの時期の引退発表となったことについての大きな原因としては、希望していたヌルマゴメドフ戦が実現できなかったことをあげている。
この続きと追悼・ウォーリー山口、フジメグ、引退3連発GSP、飯塚高史、ミルコ…などの記事がまとめて読める「12万字・記事22本の詰め合わせセット」はコチラ 


この記事の続きだけをお読みになりたい方は下をクリック! 

 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

×
ありがとうGSP、本当にかっこよかったよ。
今までお疲れ様。でもヌルマゴ戦は本当にみたいな…。
3ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。