• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

史上最高の引退試合……飯塚高史、無言でリングを去る
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

史上最高の引退試合……飯塚高史、無言でリングを去る

2019-03-13 09:45
  • 1
この記事は史上最高の引退試合……飯塚高史、無言でリングを去るを語ったDropkickニコ生配信を編集したものです(語り:ジャン斉藤)



【1記事から買える関連記事】

・タイムトンネルからやってきたクロン・グレイシーという男のロマン

・ONEと修斗の業務提携ーーコンテスト感の復

・高田延彦RIZIN統括本部長の「迷走解説」問題

・川尻達也vs北岡悟が生きた時代……「やれんのか!」は「でも、やるんだよ!」である

・「今日もダメだけど、まあいいか」と諦める……みんなボブ・サップを抱えて生きているのだ

・【追悼KID】魔裟斗vs山本KID徳郁に見えた修斗四天王の輝き……



飯塚高史選手の引退試合があまりにも素晴らしかったですねぇ。こんなに凄い引退試合はいままで見たことがないです。飯塚選手のキャリアは32年、昭和から平成という時代を駆け抜けたプロレスラーは、新日本では飯塚選手と獣神サンダー・ライガーだけ。そのライガーさんも来年1月に引退されます。

異例だったのは引退試合なのに来賓がなし。おまけに引退のテンカウントゴング時に当の本人がリングに不在。場外で暴れまわっていた飯塚選手は、何もメッセージを残さず我々の前から姿を消しました。引退式のリングに本人が不在って、借金取りを恐れて会場に来なかった剛竜馬以来ですよ。


この続きと追悼・ウォーリー山口、フジメグ、引退3連発GSP、飯塚高史、ミルコ…などの記事がまとめて読める「12万字・記事22本の詰め合わせセット」はコチラ 


この記事の続きだけをお読みになりたい方は下をクリック! 
 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

×
テレビ朝日のアナンサーが勝ち組どうか疑問ですけど、あの引退の仕方は、ある意味ありがとうですね❗
6ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。