• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

おっさんMMAファン悶絶!! 日本の格闘技界を変えた平成ベストバウト■大沢ケンジ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

おっさんMMAファン悶絶!! 日本の格闘技界を変えた平成ベストバウト■大沢ケンジ

2019-04-05 15:50
  • 5


――
大沢さん!今日は「平成の日本格闘技界ベストバウト5」を挙げてください!!

大沢 これ、日本格闘技界だけってことなんですよね? マクレガーやロンダ・ラウジーも選びたかったんですけど……。

――
すいません、あえて日本縛りにしてみました。

大沢
 名勝負というよりは、日本格闘技界の空気が変わった試合を選んでみたんですよ。まず94年のバーリトゥードジャパンの中井(祐樹)さんとジュラルド・ゴルドーの試合です。ゴルドーの反則で目が潰れてしまった中井さんがそこからブラジリアン柔術家に転向したことで、日本に柔術が広まったわけですよ。日本の天才格闘家が総合格闘技ができなくなったことで、柔術が文化として根付くっていう。中井さんは「俺が日本で一番最初のブラジリアン柔術家じゃないよ」とは言うんですけどね、日本の柔術の発展に一番貢献したのは中井さんかなって思いますしね。 

――
中井vsゴルドー、納得です!

大沢
 古い試合ばっかり出てくるんですけど、2試合目はPRIDE1の高田延彦vsヒクソン・グレイシーを選びたいところですが、ボクが格闘技を始めるきっかけになった桜庭和志vsホイス・グレイシーです。

――
鉄板の試合ですね!(笑)。

大沢
 桜庭vsホイスはいままで見た試合の中で一番緊迫感があったんですよ。人生の中で一番緊張しながら東京ドームで観戦してて。

――
ボクも興奮しながら、あの90分間の死闘を現地で見てましたけど、いま見直すとそこまで攻防に……。

この続きと、追悼・北尾光司、骨法、レッスルマニア、平成ベストバウト…などの記事がまとめて読める「13万字・記事20本の詰め合わせセット」はコチラ 


この記事の続きだけをお読みになりたい方は下をクリック! 
 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

×
残念ながら、kー1とUWF がないですね!
15ヶ月前
×
プロモーション、試合内容、感動要素、試合後のずんどこ、
全部一気に楽しめる三崎vs秋山が推しカードですね。
15ヶ月前
×
日本縛りなので無くて当然ですが、初戦のホイスvsシャムロック戦の衝撃度も大きかった
当時のシャムロックはパンクラス代表としてみてたし、
何だったら日本代表ぐらいに思ってたので特に
15ヶ月前
×
中井さんとゴルドーはバリジャパ95では?
15ヶ月前
×
桜庭vsマーカスコナンのUFC-Jは当日深夜に日本テレビで放送されましたよ
15ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。