• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

クリス・サイボーグ、UFCとの歴史清算ならず。フェイク動画で墓穴、関係断絶
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

クリス・サイボーグ、UFCとの歴史清算ならず。フェイク動画で墓穴、関係断絶

2019-08-18 11:02
    Omasuki Fightの北米MMA抄訳コラム「MMA Unleashed」――今回のテーマはクリス・サイボーグ、UFCとの歴史清算ならず。フェイク動画で墓穴、関係断絶です!!


    【1記事80円から購入できるバックナンバー】

    ・これは今話題のパワハラなのか!? ああ無情、デイビーボーイ・スミス新日本離脱の顛末




    UFCプレシデントのデイナ・ホワイトは現地時間8月2日、公式サイト掲載のインタビュー動画の中で、元UFC女子フェザー級チャンピオン、クリス・サイボーグをリリースしたことを明らかにした。

    「サイボーグは契約解除だ。他団体からのオファーにもマッチングをするつもりはない。ベラトールでもどこでも、好きな団体に移籍して、本人が希望してやまない弱い相手との試合をするがいい。私は直ちに、弁護士にサイボーグに対する解雇通知を書かせる。我々とサイボーグとのビジネスはおしまいだ」

    2016年にUFC入りしたサイボーグとUFCとの間には、サイボーグのUFC参戦前から続く長い確執がある。ロンダ・ラウジー人気が高騰し、クリス・サイボーグとラウジーの対戦を望む声が高まると、ラウジーとホワイトは他団体の選手であったサイボーグへの激しい口撃を開始したのである。

    ●ラウジー、2014年
    「(2011年にサイボーグが薬物検査に失格したことを踏まえ)あの人が(ステロイドどころか)目玉に馬の精液を注射していたとしても、私はあの人と戦ってやる。ただ、個人的にはそう思っているけれど、女子MMAにとっていいことなのかどうかは分からない。だってあの人はもう長い間、ステロイドを使っている。あの人はもはや「She」ですらない。あの人は「It」だから」

    ●ホワイト、2014年
    「ロンダが言いたかったことは、サイボーグは薬物のやり過ぎで、おそらくもはや女性ではないということだ。これはファイトビジネスなんだよ。お互いに失礼なことを言い合うのも仕事のうちだ。ロンダはサイボーグのことを「ファッキン・チーター」と呼んだ。「It」とも呼んだ。しかしサイボーグだってロンダのことを「チキン」だと言った。ロンダはチキンなのか?はぁ?ロンダはチキンと言われて怒っているか?キミらももっと大人になれ」

    この続きと、朝倉未来、堀口vs海、ハーリー・レイス、クレーン・ユウ、扇久保博正などの記事が540円(税込み)でまとめて読める「15万字・記事22本の詰め合わせセット」はコチラ 

    https://ch.nicovideo.jp/dropkick/blomaga/ar1805952

    この記事の続きだけをお読みになりたい方は下をクリック!
    1記事85円で購入できます!


     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。