• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

アメリカのプロレスから“ハウスショー”が消える日
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

アメリカのプロレスから“ハウスショー”が消える日

2020-10-19 20:12
    6799b42afc6a2a1cb1c065b00f054c9225f51dfb
    アメリカのインディプロレスの“現在”を伝える連載! アメリカインディープロレス専門通販「フリーバーズ」(https://store.shopping.yahoo.co.jp/freebirds)を営む中山貴博氏が知られざるエピソードを紹介していきます! 今回のテーマはアメリカのプロレスから“ハウスショー”が消える日です!


    <1記事から買えるバックナンバー>




    オスプレイも加害者? 史上最悪のプロレスセクハラ問題「#SpeakingOut」の衝撃


    「俺らにはインディープロレスが必要なんだ!インディーはプロレス界の生命線だ!」

    こう叫んだのは、AEW世界王座と新日本プロレスIWGPユナイテッド・ステーツ・ヘビー級王座のメジャー2団体2冠王ジョン・モクスリーだ。

    インディー団体のイベント「The Collective ザ・コレクティブ」でのことだった。

    米中西部インディアナ州インディアナポリスのマリオン・カウンティ・フェアグラウンズの屋内特設会場で開催された、このイベントは、GCW(ゲーム・チャンジャー・レスリング)が音頭をとり、アメリカインディー8団体が参加、10月9日、10日、11日の3日間で12大会が行われた。モクスリーの試合は、3日目夜の部「ジョシュ・バーネット主催ブラッドスポート」。ノーロープリング、ピンフォールなし、ノックアウト&ギブアップ決着のみの格闘技ルール大会である。モクスリーは、この大会の3日後に、AEWのライブ放送「ダイナマイト」の1周年記念大会で、ランス・アーチャー相手にAEW世界王座の防衛戦を控えており、怪我をすることは許されない状況にもかかわらず出場した。しかも、モクスリーは、この試合のため、ラスベガスのエクストリーム・クートゥア・ジムでMMAファイターら相手に特訓するほどの力の入れようだった。

    本来ならば、この「ザ・コレクティブ」は、4月2日、3日、4日の3日間、フロリダ州タンパで、レッスルマニアウイークの一大イベントとして開催されるはずだった。しかし、新型コロナウイルスの感染拡大により、全米にロックダウン、自宅待機命令が出され、WWE「レッスルマニア36」も予定していたスタジアム会場の開催を中止し、WWEパフォーマンスセンターでの無観客収録大会へと変更になったため、その近辺で行われる予定となっていた“裏レッスルマニア”のイベントも全て中止となってしまう。「ザ・コレクティブ」主催者であるGCWのオーナー、ブレット・ローダーデールも、イベントの無期限延期を決断せざるを得なくなった。
    この続きと、和田京平、内柴QUINTET、皇治、前澤智、瀧澤謙太、大原樹里…などの10月更新記事が550円(税込み)でまとめて読める「10万字・記事18本の詰め合わせセット」はコチラ
     

    この記事の続きだけをお読みになりたい方は下をクリック! 1記事90円から購入できます!
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。