• このエントリーをはてなブックマークに追加
マーク・コールマン、性的虐待の告白
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

マーク・コールマン、性的虐待の告白

2020-11-01 00:00
  • 2
860655c1a6075fd0db27fc2ceb36f90f94b8fd58
アメリカのインディプロレスの“現在”を伝える連載! アメリカインディープロレス専門通販「フリーバーズ」(https://store.shopping.yahoo.co.jp/freebirds)を営む中山貴博氏が知られざるエピソードを紹介していきます! 今回のテーマは
マーク・コールマン、性的虐待の告白です!


<1記事から買えるバックナンバー>









「男が男に性的虐待をするなんて思わなかった」

初代UFC世界ヘビー級王者、PRIDE GP 2000王者、そして、UFC殿堂入りも果たしているマーク・コールマンは、オハイオ州立大学在学中に、中年で小柄な男性のドクターから性的虐待を受けていた。その男性ドクターは「健康診断するわよ」とまるで女性のような口調で囁くと、コールマンの服を脱がし、筋骨隆々に鍛え上げられたコールマンの身体に触れた。しかし、コールマンにはドクターの手を拒否することができない理由があったのだった……。

被害にあっていたのは、コールマンだけでなかった。いわゆる「オハイオ州立大学性的虐待事件」と呼ばれ、大学体育局の担当医師を務めていたリチャード・ストラウス医師が、1978年から1998年の20年間にわたり、男子学生350人以上に性的虐待を加えてきたスキャンダルである。ストラウス医師は、学外の診療所のほか、学内の検査室、更衣室、シャワー室、サウナなどで男子学生に対し性的な行為を行なっていたそうだ。

性器が炎症を起こした、あるレスリング選手は感染症の治療後、およそ20分にわたりストラウス医師の手で性器を弄ばれたという。

被害に遭った男子学生の多くは、病気や症状に関係なく、診察が終わると性器をまさぐられた。ストラウス医師は学生たちに「男の子はリンパ節が睾丸にあるのよ。だから、ここも念入りに診察してあげるわね」などと医師の立場を利用し、言葉巧みに若い彼らにセクハラ行為を繰り返した。

あるヘビー級レスラーは、20回の診察中19回も被害を受けたと語る。

「診察を終えると、彼の細長い指が股間に伸びてくるんだ」
この続きと、アポロ菅原vs鈴木みのる、斎藤裕、和田京平&木原文人、ウォリアーズ里…などの11月更新記事が550円(税込み)でまとめて読める「10万字・記事18本の詰め合わせセット」はコチラ
 

この記事の続きだけをお読みになりたい方は下をクリック! 1記事90円から購入できます!
 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

コメント コメントを書く

率直に過去を語るコールマンに、一区切りついたら高田延彦戦の真実を回想してほしい

No.1 19ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。