• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

【宗教と幻想、システム論】修斗は朝倉未来に勝ったのか
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【宗教と幻想、システム論】修斗は朝倉未来に勝ったのか

2020-11-23 22:09
  • 10
81f6ae76af8a954e53efe8c50ddecc15dab4447a
この記事は朝倉未来vs斎藤裕語ったDropkickニコ生配信を編集したものです(語り:ジャン斉藤)




【1記事から購入できるバックナンバー】

・朝倉未来戦はタイミングが合えば……斎藤裕はいったい何を考えているのか?





こんばんは、ジャン斉藤です。いやあ、やっぱり味噌汁は、おいしいですね。朝からコーンポタージュなんかも飲みますけど、やっぱり日本人は味噌汁です。それは格闘技も同じで、日本人好みのものがあって。RIZINは日本人に合うんですよ。ご飯と味噌汁、納豆、鮭ね。 松屋の朝食定食じゃじゃないかって話なんですけど。

松屋の朝定にしては、RIZINのPPV5000円は高いという声もありますね。でも、UFCのナンバーシリーズもメインカードで4〜5つぐらいで、それなりのお値段もするし、パンクラスやDEEPのPPVもそこそこの値段ですし。前にも言いましたけど、川田利明のオンライントークショーは3000円ですからね(笑)。 RIZINは煽りV込みの値段って考えたら高くはないとは思うんですけど。宗教をからめた朝倉未来vs斎藤裕の煽りVも素晴らしかったです。あの映像の中で朝倉未来のグスタボ戦のヘッドバットシーンが入ってるのは、信者は“踏み絵”としてどう捉えるか、アンチは魔女狩りの証拠として歓喜するのか、という意味合いもあるんじゃないかと感じました。物語の提示として完成度が高い。

その朝倉未来vs斎藤裕を語りたいと思います。タイトルはですね、「修斗世界フェザー級王者・斎藤裕、2010年代修斗体現者の朝倉未来を勝つ」と。なんだこのタイトルは?どうして朝倉未来が修斗体現者なのか?

今回の試合は斎藤選手のマイクアピールによって流れが作られていきました。未来選手との試合を「タイミングがあえば」とスカしたことで逆に機運が高まっていった。斎藤選手があまり煽らなかったことで口の悪いファンは「プロ意識がない」とか言いますけど、煽らないことが煽ってるわけですよ。だって、そうやって斎藤裕に対してヒートしているファンもいるわけですから。

このカードは地上波ゴールデンでやらないからこそ味わい深かったといえます。それはケレン味のない世界になったからです。これがもし地上波だったとしたら、もっとポップに感じていたと思うんですよ。人気YouTuber朝倉未来をフィーチャーすることで、ここまで硬派な雰囲気になってなかったかもしれない。

この2人に共通してるのは地上波に拘らない姿勢があったことですね。その理由は異なるんですが、未来選手は100万人以上の登録者を誇るYouTubeというメディアを持っている。RIZINでも地上波で大々的に扱われたのは去年の大晦日くらいで。日本格闘技史上、地上波の力なくしてあそこまで登りつめたスターは、極真空手の始祖・大山倍達以来ですよ。力道山から始まって、世間に名が届くスターたちは地上波の後押しを受けています。

大山倍達の場合は劇画やアニメとのメディアミックスによって、あのキャラクターが浸透していった。現代風にいうと梶原一騎という人気ユーチューバーとコラボすることで幻想が膨れていったんですけどね(笑)。

そして斎藤選手は地上波どうのこうの関係なく強い選手と戦えるチャンスがあるならやると。普通の格闘家だったら、このカードなら大晦日の地上波で試合を流したいじゃないですか。「ゴールデンタイムで流してよバラちゃん〜」ってゴネてもおかしくない(笑)。

ポップにならなかったことで秘密の決闘感が出ましたよね。 地上波がダメだという話はないですよ。たとえば皇治選手の試合なんかは地上波だからこそ映えるわけですし。
この続きと、アポロ菅原vs鈴木みのる、斎藤裕、和田京平&木原文人、ウォリアーズ里…などの11月更新記事が550円(税込み)でまとめて読める「10万字・記事18本の詰め合わせセット」はコチラ
 

この記事の続きだけをお読みになりたい方は下をクリック! 1記事90円から購入できます!

 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

×
とても良い記事。値上げしても買うよ。
1ヶ月前
×
面白い記事
1ヶ月前
×
とてもうまく表現されている文章。プロだわ〜
1ヶ月前
×
朝倉に目立った傷は無く、斎藤の顔面はボコボコ…しかし勝者は斎藤。
鼻が折れたのは勝利のために前進した勲章でしょう。
扇久保や石渡も含めて、打・投・極と言うよりは打・倒・根(根性)という感じだけど、修斗の王者として誇らしい。
1ヶ月前
×
snsが進化した5G時代の新たな空間、コミュニティ。
アイドルと会えるをテーマにした芸能界の進化系。

・そこに現れるファンとアンチの境目。
・手のひら返し。
・ネットニュースだけみて否定する人達。

朝倉未来のコメントは、どのメディアや媒体の検閲や操作は受けていないですが、どれだけ広い幅に影響を持たせているのでしょうか…。

中田英寿がnakata.netでやり始めたこと。
北岡悟がぶら下がってないこと。
流血の魔術師が存在しないこと。

腕のロープ引っ掛けも…なんでしょう。好きなんです。どう考えても分かりやすく批判される反則なのに、やっちゃう。

さらに何故か朝倉未来は炎上で儲けようとしてなさそうな感じがまた幻想を書き立てます。
1ヶ月前
×
さすがです。ジャンさんさすが。
1ヶ月前
×
とても中立に真面目に書かれた記事でとてもよかったです。
つい先日「佐山サトル ザ・シューティング」を観たばかりなので感慨深くなりました。
1ヶ月前
×
この試合を観戦した後に、皇治の存在がショボく感じたのは僕だけでしょうか?
1ヶ月前
×
>>5
長文な上にどこかで聞いたようなフレーズの羅列。ポエマーって自己陶酔が激しいよね
1ヶ月前
×
アウトサイダー、2010年代の修斗説。とても腑に落ちました。
その言い出しっぺが佐山聡と前田日明というのも、日本の格闘技大河ドラマの一ページだと思います。
1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。