• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

北尾光司vsジョン・テンタがシュートマッチになった理由/アポロ菅原
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

北尾光司vsジョン・テンタがシュートマッチになった理由/アポロ菅原

2020-12-03 11:30
  • 7
9d48b72c31044eca7ca1d5ee50d926366a81c336
国際プロレス、全日本プロレス、パイオニア戦志、SWS……昭和から平成にかけて様々なプロレス団体を渡り歩いてきたアポロ菅原インタビュー第5弾。
北尾光司vsジョン・テンタがシュートマッチになった理由を語り尽くします!(聞き手/ジャン斉藤)


【アポロ菅原インタビューシリーズ】




――
前回、SWSの鈴木みのる戦を振り返ったインタビューが大好評で。

菅原 ああ、そうなんですか。

――
今回も期待しています!

菅原
 よろしくお願いします(笑)。

――
その鈴木みのる戦があったSWS神戸大会で、北尾(光司)さんがWWEから派遣されたアースクエイク(ジョン・テンタ)相手に試合を壊すような行為に出ました。脇固めで腕を折りにいったり、目潰しのポーズで威嚇しながら、実際に目を狙って攻撃。激怒したテンタとお互い目潰しのポーズで威嚇し合うという……。最後は北尾さんがレフェリーに暴行して反則負けでした。

f67c208c5ef777893be43a683603541e85a452bc


菅原
 自分のことで手一杯だったので、あの試合自体はちゃんと見てなかったんですよ。あとからいろいろ話を聞いて……この試合は東京ドームでもシングルマッチをやってますよね。

――
2日前にやってテンタがヒップドロップからの体固めで勝ってますね。 

菅原
 その日の晩、横綱から自分に電話があったんですよ。「神戸でも負けるのかな」と。自分は「それはないと思うけどなぁ」と言ったんですよね。だって東京ドームで負けるって影響力はありますよね。それなのに2日後にまた負けるということは、なかなか考えにくいと思うんですよ。でも、横綱は「また負けるのかなあ」という感覚でいたみたいで。いまだから言えますけど、自分は「最悪の場合、ケガしたということで会場に来なくてもいいんじゃないか」って。そんなふうに言ったんですよ。

――
そんな反則アドバイスを(笑)。菅原さんからしても2連敗はさすがにないと思ったんですよね。

菅原
 テンタさんがWWEでプッシュされているのはわかっていても、横綱は知名度的にもこれから日本のプロレスを背負って立つ人ですよ。 

――
北尾さんにとってはSWSはホームだし、相手は他団体の選手で今度はいつ来日するかわからない。

菅原
 もっと他にやりようがあったんじゃないかなあとは思いますけどね。

――
いまの話を聞いて驚いたのは、北尾さんとテンタの2連戦はかなり前に決まっていたわけじゃないですか。マッチメーカーから事前に試合内容についての説明はなかったということですか?

菅原
 なかったんじゃないですかね。わかりません、それは。さっきも言ったように東京ドームが試合が終わった夜に、横綱は自分の所に電話をかけてきて「神戸でも負けるかもしれない」って言ってたんですよ。

――
ということは事前に説明はされてないということですよね。 このカードは注目カードですけど……。

菅原
 よっぽどの試合だったら事前に説明はあるかもしれないですけど。普段のシリーズなんかは16時ぐらいに会場入りしますよね。それでポンポンで了解ですよ。相手のことはわかってますから、こういう技を使ってくるから、自分がどういう風に対処するかとか考える程度ですよ。

――昭和のプロレスはエース外国人がシリーズ最終戦に猪木さんや馬場さんとシングルマッチで戦うじゃないですか。それまでにシリーズ中にタッグマッチなんかで何度か肌を合わせて……。

菅原
 最後に大きい会場でやりますのでね、それに向けて持っていくっていうところはありますよね。途中の札幌中島体育センターあたりで気合いの入った試合を見せたりして。

――あのときのSWSとWWEの接触は東京ドームと神戸大会だけで、テンタと北尾さんは今回が初手合わせでした。北尾さんからすれば、2連敗後の展開はどうなるのかという不信感があっても不思議ではないですね。

菅原
 そういうところはあったと思いますよね。本人が納得するかどうかは横に置いといても、 事前に説明があればまた違ったんでしょうけど。ましてやシングルマッチですからね。シングルマッチに2連敗はかなり厳しいと自分は思ってますよ。 これは風の噂で聞いたんですけども、「いくらなんでも2つはないだろう」という選手の声があったと記者さんたちから聞きました。 仮に東京ドームで負けて、神戸で勝ったとしても3:7くらいの気持ちですよ。

――プロレスは初戦で勝つことが重要ですよね。 

菅原
 横綱の初戦の負けが反則だったら、まだいいんですけどね。

――
当時SWSのマッチメーカーだったカブキさんは天龍源一郎さんのレボリューション所属。反天龍派の荒川さんが北尾さんを焚きつけたんじゃないか……という噂もありますね。<会員ページへ続く>
いま入会すれば読める12月更新記事

笹原圭一広報「RIZINの判定基準について説明いたします」/スダリオ剛は“スポーツの天才”だった!/和術慧舟會創始・西良典「総合格闘技がなかった時代の話をしよう」/デスマッチファイターが引退を選んだ理由とは/北尾光司vsジョン・テンタがシュートマッチになった理由……続々更新!

https://ch.nicovideo.jp/dropkick/blomaga/202012
 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

×
北尾が2日前でも結末を聞いてなかったというのが驚き。
1ヶ月前
×
もう無理な話だけど改めて北尾、テンタからも聞いてみたい。
1ヶ月前
userPhoto
max
×
カブキさんは北尾が負けてから這い上がるのもプロレスだというものを示したかったと思うけど、初めからスーパースター像を描いていた北尾とは考えが合わなかったということかな
1ヶ月前
×
一番凄いのはプロレスをガチだと思ってた田中社長!
1ヶ月前
×
まだ続くのかよ!
1ヶ月前
×
面白い!
1ヶ月前
×
次回も楽しみ!
1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。