• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

【令和のUWF対抗戦】佐藤光留“怨念”インタビュー「現在進行形のUの現実を突きつけてやる」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【令和のUWF対抗戦】佐藤光留“怨念”インタビュー「現在進行形のUの現実を突きつけてやる」

2021-04-19 17:00
  • 4
d21502989e193faa45f31372f5c92288479dc14f
©阪本勇
6月9日・新宿FACE『LIDET UWF Ver.0』でLIDET UWFとの対抗戦が決定した『ハードヒット』。5月2日の『ハードヒット』新木場大会ではその前哨戦、現代のUWFとはなにかを問う戦いの幕が切って落とされる。その意気込みを『ハードヒット』主宰の佐藤光留にうかがった(聞き手/ジャン斉藤)


【1記事から¥100円から購入できるバックナンバー】

Uのミライを見た女――高岡左千子「私は運気からUWFのスケジュールを組んでいたんです」

【2万字超えの激白】山本喧一インタビュー「高田延彦、田村潔司…真剣勝負とUインターの愛憎物語」

山本宜久「ヒクソンと戦ってるとき、放送禁止用語が聞こえてきたんですよ…」 



――
上半身裸なんですね。

光留 いや、上どころか全裸生活中ですから。

3080e8a7800a5cf4fe84e24d03c4f29edab017c6


――
スレスレのインタビューですね(笑)。長渕剛好きが集まったJEEEPに続いてまた面白い試みが……光留さんが率いる『ハードヒット』がLIDET UWFと対抗戦を行うと。

光留
  そうですね。面白くなってきましたね。

――
よりによって一番絡んでいけない相手に絡んできたなっていう感じが(笑)。

光留
 ハハハハハハ。 いやいや、そんなことないですよ。


LIDET UWFを運営するリデットエンターテインメントはNOAHの前・親会社。ABEMAにNOAHを譲渡後、新プロレス団体GLEATを設立。7月1日の旗揚げが予定しているが、UWFをテーマにしたブランド「LIDET UWF」も立ち上げた。


――
LIDET UWFはGLEATの一部門で。GLEATはUWFをテーマに掲げて田村潔司さんがエグゼクティブディレクターに就任しましたが、『ハードヒット』でずっとUWFを追いかけてきた光留さんはそういった動きを率直にどう思われてたんですか。

光留
 佐藤光留が「これが現在進行形のUWFだ!」と『ハードヒット』をやってきても、まあ響かないんですよ(苦笑)。

――
なるほどお(笑)。

光留 13年間やってきてるんですけどね。業界外の媒体が取材に来たのは『ハードヒット』に出ていた青木篤志選手が亡くなったときと、内柴正人さんが来場しときだけでしたし。

――
内柴さんに『ハードヒット』出場を呼びかけたことから観戦に来られましたね。

光留
 わかりやすくいうと、誰かが亡くなったときと、元・犯罪者が来たときだけしか取材に来ない。そのときにスポットライトを期待するのを諦めたというか。 いまは個人発信の時代になってきたから、マスコミはもういいやと。マスコミに取り上げられないことも、ひとつの価値だと思ってやっていたんですよ。まあ、いまでも「取材されるものはえらい」という風潮はプロレス界の中でも強いので。そうしたら令和の時代に「UWFが復活する」と騒がれてるのを見て、孤独感があったというか。小学校のときにクラスの人気者が作った工作がみんなに「すごい!」とチヤホヤされるけど、 それと同じものを俺は前から作ってるんだけどな……っていう感覚がよみがえってきて(笑)。

――13年前から作っているのに。

光留
 無意識の軽いイジメが重くのしかかってくる感じはありますよ。

――「UWF復活」と喜んでるファンに思うところはあったんですか?

光留 こういう言い方したら失礼ですけど、「センスねーな!」って切り捨てていたんで(笑)。

――
ハハハハハハハハ!

光留
 当時のUWFの熱狂って時代背景的なものあったし、総合格闘技がなかったから、ってこともあったじゃないですか。いまやUWFの役目は終わったという人もいるんですけど、いまはいまで役割はあると思うんですよ。それでいままで『ハードヒット』でやり続けてきたのに、いまだにあの当時の UWFを追い求めてるなんてセンスねぇなぁ……そうやってなんとか精神を保ってましたよ(笑)。

――
現代のUは『ハードヒット』にあると。

光留
 プロレスリングマスターズというイベントもあるじゃないですか。ボクはあれは好きなんですけど、マスターズがいまのプロレスの中心にはならないですよね。 

――そこはなつかしさだけに熱狂してるんですね。

光留
 そうじゃなくて、『ハードヒット』は「UWFとはなんぞや?」と思考してきたわけですよ、13年間。

――
UWFの続きをやっていても、Uを待ち望んでいた層がキャッチしない現状はある。 そこは先ほど言っていた「クラスの人気者」というか、新生 UWFのメンバーだった田村潔司さんがいるからLIDET UWFには反響があるわけですよね。

光留
 もちろんですね。対抗戦が決まったあとにGREAT所属のCIMA選手と全日本で戦うことになって。「GREATの人間に教えてやる。思想のある人間、プロレスに嘘の無い人間の怖さを」ってツイートしたら、「田村潔司に思想がないと思ってるのか」みたいなリプが飛んできたんです。もちろん田村さんには思想があるとは思います。 でも、リングの上で動き続けてきた思想と、リングの外にある思想というのはこれはまた別のもので。正直言って(田村潔司は)リングに上がってないじゃん!!って思ってたんですよ(笑)。

――
回転体なのに止まってるじゃないかと(笑)。

光留
 ハハハハハハハ。ホントですよ。見せてくれよ、回ってるところをって常々思ってたんですよ。

――
田村さんって言葉も少ないですし、黙ってるからこそ我々が妄想をたくましくしてるところはありますね。

光留
 そこは悪く言うつもりはないんですよ。ボクらも田村さんの思想を感じたいんですよね。 触れてみたいんですけど……斉藤さんが言うように回転体なのにいまは止まってますからね。それは失礼な言い方になっちゃうんですけど、思想があってないようなもんなんですよね(キッパリ)。

――
動かないかぎり幻想って保てますよね。ずっと動かないと忘れ去られますけど……。

光留
 『ハードヒット』って佐藤光留がやってる時点で拒否反応を示してる人もいると思うんですよね、正直。 佐藤光留は幻想の「げ」の字もないから(苦笑)。でも、ウチには「現実」はあるんですよね。『ハードヒット』は現実路線。 向こうがディズニーランドなら、こっちはドキュメンタリーですよ。

――
さしずめフジテレビの「ザ・ノンフィクション」というか。「♪生きてぇ」の叫びとともに現実が見えてくる。

光留
 登録者数300人程度のYouTuberの「UWFをやってみた」みたいなものかもしれないですけど(笑)。

――
U好きだったら『ハードヒット』は引っかかるはずなんですけどね。

光留
 引っかかりすぎてるから拒絶反応があるんじゃないですかね。

――
「現実」は見たくないってことですね。総合格闘技がなかった時代の、30年前のUWFが見たかったわけで。

光留
 そうですね。夢は夢のままでと思ってる人はもちろんいるし、今回の対抗戦は「夢と現実」ですよね。今回の対抗戦でウチが勝ったら「現実」を突きつけることになるんですよ。LIDET が勝ったら「夢」に飲み込まれるわけですよね。 そんな現場の矢面に立たされることは嬉しい反面、「マジでどうなっても知らねえぞ!」っていう意気込みはありますよ。

――
今回はLIDETのほうから対抗戦のオファーがあったわけですよね
この続きと、RIZINバンタム級GP、AKIRA、佐藤光留、秋山準vs男色、女子格闘家の減量……などの4月更新記事が600円(税込み)でまとめて読める「13万字・記事21本の詰め合わせセット」はコチラ


この記事の続きだけをお読みになりたい方は下をクリック! 1記事100円から購入できます!
 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

userPhoto
BPH
×
昭和新日やUWFのファンだった自分としては今の新日よりハードヒットの方が全然面白い。
3週間前
×
BPHさん
ものすごくわかります。
非常にわかります。
新日より確実に面白いし確実に強いですからね

強いという言葉じたいナンセンスとい言うファンが殆どなんでしょうが、それこそそのセリフがナンセンスですよね。
新日の選手たちが『強い』と言う言葉を口にしてるんですから。
3週間前
×
君はローキックはじわじわ効くを知っているか⁉︎
3週間前
×
何を面白いと感じるかはそれぞれだけど、いちいち他を落とさなきゃ良さを語れないんじゃ、結局落ちてく一方だよな。
だって落とされた方のファンは嫌な気持ちにしかならんし、ましてや落とした連中のいる方のファンには絶対にならない。
敵を作って、ファン層を狭めていくと行き着く先は終わりしかない。足引っ張んなよ、1とか3とか
3週間前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。