• このエントリーをはてなブックマークに追加
「私はビンスに襲われた……」元・女性レフェリー“2度目”の告白
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「私はビンスに襲われた……」元・女性レフェリー“2度目”の告白

2022-08-19 18:01
  • 5
アメリカのインディプロレスの“現在”を伝える連載! アメリカインディープロレス専門通販「フリーバーズ」(https://store.shopping.yahoo.co.jp/freebirds)を営む中山貴博氏が知られざるエピソードを紹介していきます! 今回のテーマは「私はビンスに襲われた……」元・女性レフェリー“2度目”の告白です!






「ビンス・マクマホンがどんなに卑劣な人間なのか、ずっと世の中に知らしめてやりたかった……」

こう語るのは、1980年代半ばにWWE(当時WWF)にとって“初めての女性レフェリー”、リタ・マリーとして活躍していたリタ・チャタートンさんだ。

今年6月、米経済紙「ウォール・ストリート・ジャーナル」が、2019年から今年初めにかけてのビンス・マクマホンと40代の元女性社員との不倫口止め料支払いスキャンダルを報じた際、この暴露報道が世に出たことをリタさんは喜んだ。

現在、65歳となったリタさんには、忘れようにも忘れることができない36年前の嫌な出来事があったからである。

「ついにビンスの性的不正行為が明るみになったのね。ビンスから性的不正行為を受けたのは、この元女性社員と私だけではないはずです。まだ出てきますから」

リタさんの予言どおり、翌月7月8日、ウォール・ストリート・ジャーナルは、「過去16年で4人の女性たちに、16億円(1200万ドル)もの口止め料を払っていた」とする不倫スキャンダル告発第2弾を発表。

それを受け、7月22日、77歳を目前に控えたビンスが引退(辞職)宣言を発表したのは、皆さんすでにご承知のとおりであろう。

36年前の夏、1986年7月のある日、ビンスと2人きりのリムジンの車中で、リタさんはビンスにレイプされたのだった……。
この続きと星野育蒔、所英男、寺田克也、ビンス引退、齋藤彰俊などの8月更新記事が600円(税込み)でまとめて読める「14万字・記事16本の詰め合わせセット」はコチラ

https://ch.nicovideo.jp/dropkick/blomaga/ar2117637

この記事の続きだけをお読みになりたい方は下をクリック!1記事130円から購入できます!
 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

コメント コメントを書く

これはストンコのスタナーで解決出来る問題では無いって事が理解出来ました。
WWFの2000年代初頭のトリッシュとの不倫ストーリーは、車椅子に乗ったリンダが立ち上がってビンスの股間を蹴り上げて解決しました。
クソだったんじゃねーのか?俺が観てたモノは

No.1 1ヶ月前

口止め料を貰ってるのに今更ノコノコ出てきて36年前の事を告発するとか気持ち悪いわ。
口止め料の意味分かってんのか?この女

No.2 1ヶ月前

36年前のことについてリタさんは一銭ももらってないのでは?
まず文章をしっかりと読むことを身に付けないとね

No.3 1ヶ月前

>>2
ちゃんと文章読めてるか?

No.4 1ヶ月前

>>2
まずは深呼吸して落ち着けよ。
落ち着いた?
よし、じゃあもう一度最初から読んでみようか。

No.5 1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。