• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

「きみは勉強ができないんじゃない、勉強の仕方を知らないだけなんだ」第28回(1,967字)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「きみは勉強ができないんじゃない、勉強の仕方を知らないだけなんだ」第28回(1,967字)

2017-09-21 06:00
    人が予感を抱くのは、主に二つの方法によってである。
    一つは「経験」による。「パブロフの犬」は、特定の音を聞かされた後に餌を与えられるよう、習慣づけられた。そうすると、やがてその特定の音を聞いただけで、無条件に唾液が出てくるようになる。

    それは、餌が出てくることを「予感」してのことなのだが、その予感は経験に基づく。過去に経験したことが鍵となって、条件反射で予感が引き起こされているのだ。

    実は、多くの人が勉強を苦手とするのも、子供の頃に勉強をして苦痛を味わった経験があるからだ。つまり、条件反射で勉強をしたくないと思ってしまうのである。

    これでは、勉強の進むはずがない。勉強を効果的に進めるためには、まずこの「負の条件反射」を与えないことに最も留意しなければならないだろう。
    その上で、「勉強したら面白かった」という正の条件反射を与えられれば、人は簡単に勉強ができるようになる。誰に言われたわけでもな
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。