• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

すでに起こった未来としての超格差社会(1,649字)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

すでに起こった未来としての超格差社会(1,649字)

2019-12-02 06:00
  • 2
テスラの自動運転がアメリカで始まったが、自動運転の恐ろしいところはAIを導入していることである。テスラの自動運転システムによって何万台もの車が全米を走っているわけだが、その全てのデーターはインターネットを通じてテスラのホストコンピューターに送返され、そこでAIは日々その蓄積されたデータを元に自身の自動運転システムを進化させている。そうして昨日より今日、というよりほんのさっきよりも今の方がそのシステムは進化しており、しかもそれは休むことも止まることもない。ほとんど無休の、そして無限の進化がそこでは約束されているのだ。

そうなると、この流れをもう誰も止められない。自動運転が当たり前の世の中になるのはあっという間である。おそらく2020年以内に何らかのシンギュラリティが訪れるのではないだろうか。これは後に「2020ショック」といわれ、世界中の経済に巨大なインパクトをもたらすかもしれない。

先日壱
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

userPhoto
岩崎夏海
×
>>1
いつもご指摘ありがとうございます!
1ヶ月前
×
修正ありがとうございます。
重箱の隅をつつくようなコメントで申し訳ございません。
1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。