• このエントリーをはてなブックマークに追加
生きるとは何か?:その12(1,864字)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

生きるとは何か?:その12(1,864字)

2021-11-30 06:00
  • 1
今回は、「自分がこの世界の一部であることを思い出す方法」について見ていきたい。

トルストイの『アンナ・カレーニナ』という小説がある。ここには、二人の主人公が出てくる。タイトルにもなっているアンナという女性と、そしてリョーヴィンという青年だ。物語は、この二人のエピソードが交互に展開するので、二人は全く対等の主人公といえる。

ところが、この作品におけるアンナは人気で有名であるにもかかわらず、リョーヴィンは不遇だ。映画化や舞台化などをされると、決まって話がアンナのパートに集中し、リョーヴィンのパートは全部カットになったりする。

あるいは、20世紀の偉大な小説家であるナボコフも、「リョーヴィンのパートは不要だ」などと言ったりしている。そのため、この作品におけるリョーヴィンは、今に至るまでほとんど注目されていない。『アンナ・カレーニナ』という、世界の小説史の中でも指折りの作品の主人公であるにもかかわ
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

コメント コメントを書く

興味深い

No.1 1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。