• このエントリーをはてなブックマークに追加
AV新法をめぐる難しい話(1,590字)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

AV新法をめぐる難しい話(1,590字)

2022-05-16 06:00
  • 2
今、AV新法(AV強制出演被害法案)を巡って難しい議論が展開されている。

まず、日本の成人年齢が20歳から18歳に引き下げられた。それに伴って、18歳と19歳が未成熟さゆえ製作者に騙されてAVに出演した際、たとえ契約書を交わした後でも無効にできる法律を作ろう――という動きになった。これがAV新法である。

そういう法律を作るための審議が進む中で、「そもそもAVは禁止すべきだ」とフェミニストが言い始めた。なぜなら、「全てのAVは立場の弱い女性の性を搾取するものだから」という理由である。

それで、AV新法はその搾取に逆にお墨付きを与える恐れがあるという。つまり、AV新法に触れてさえいなければ、逆に何をしてもいい――ということになりかねないというのだ。

こういう現象は、確かに存在する。新しい法律が制定されることによって、逆にこれまであった「曖昧さ」が取り除かれ、「厳密化された法律に該当しなければい
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

コメント コメントを書く

老害扱いされることを恐れた中年がポリコレに迎合して他者を老害扱いする光景をよく見ます。
学生の頃によく見た流行りでマウントを取る行為のようで嫌になりますね。

No.1 1ヶ月前
userPhoto 岩崎夏海(著者)

>>1
全くその通りです!

No.2 1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。