• このエントリーをはてなブックマークに追加
マンガの80年代から90年代までを概観する:その65(1,910字)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

マンガの80年代から90年代までを概観する:その65(1,910字)

2022-08-18 06:00
  • 2
日本では、1980年から女性が強くなる。その象徴的存在が薬師丸ひろ子なのだが、その割にこのことを知る人は少ない。

というのも、「強い女性」というと多くの人がフェミニスト的なキャラクターや意思や態度がはっきりしている人のことを思い浮かべるのだが、薬師丸ひろ子の場合はそうではないからだ。彼女は、むしろそのイメージの逆である。フェミニストでないのはもちろん、意思も態度もはっきりしていない。

そして、そのはっきりしていないところが魅力なのだが、実はそこのところこそ彼女の強さの源泉なのだ。だから、分かりにくいのである。

薬師丸ひろ子は、分かりにくい。だから、多くの男を魅了した。年上の角川春樹や高倉健や松田優作、また名だたる監督たちはもちろん、同世代や下の世代のファンも魅了した。

そんなふうに、「分からない」というのは強さだった。その意味で、薬師丸ひろ子は「分からないという魅力」の発見者ともいえた。
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

コメント コメントを書く
userPhoto 岩崎夏海(著者)

>>1
ありがとうございます!

No.2 1ヶ月前

>>2
お忙しい中調整ありがとうございます。

No.3 1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。