• このエントリーをはてなブックマークに追加
庭について:その1(1,531字)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

庭について:その1(1,531字)

2022-09-30 06:00
  • 2
庭について考えてみたい。

日本人にとって庭というのは「贅沢品」というより「縁遠い」ものだ。ほとんどの人が庭なしで生き、死んでいく。そして、それでほとんどなんの問題もない。庭がなくて困ったという人に、これまで会ったことがない。

また、庭は「憧れ」られてもいない。「タワマン」は富の象徴だが、庭はそうではない。むしろ、日本のこぢんまりとした庭は少しバカにされている。「庭付き一戸建て」というと、多くの人が想起するのは「猫の額」だ。「猫の額ほどの庭」という慣用句まであるくらい、日本の庭はバカにされている。それは「狭い」ことの象徴でもあるのだ。

その狭い庭を、一生懸命作っている人もいる。彼らは、周囲から「きれいにしてますねえ」と表面上は感心こそされるものの、羨ましがられるわけではない。むしろ、内心では眉をひそめられたりする。ある種のオタクのように「変わり者」と見なされる。

そんなふうに、日本の庭はネガ
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

コメント コメントを書く

豊饒の海とか、ジブリのかぐや姫の物語でも庭が取り上げられているので、興味がある

No.1 2ヶ月前
userPhoto 岩崎夏海(著者)

>>1
庭はけっこう奥が深いです。

No.2 2ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。