• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

週末に見たい映画#42「年末年始に見たい映画10位から6位」(2,518字)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

週末に見たい映画#42「年末年始に見たい映画10位から6位」(2,518字)

2013-12-20 06:00
    今年もあと僅かということで、今週と来週は2週にわたって「年末年始に見たい映画」と題し、ぼくがこれまで見てきた中のベスト10を紹介しようと思う。


    第10位「ゴッドファーザー」

    4df5f0ccf18cc6d9edb62154706a3839de0099ec

    「ゴッドファーザー」は10位だが、別段1位でもおかしくない作品だ。これまで見た映画の中で、最もくり返し見ている作品だろう。くり返し見ていても飽きない作品である。

    なぜ飽きないかといえば、一つには演技が素晴らしく、一つには描かれている風景が美しいからだ。特に、イタリアのシチリア島の風景が美しい。あまりにも美しいので、思わずシチリア島に旅行に行ってしまったくらいだ。ぼくがイタリアを好きなのも、この映画の影響が多分にある。

    しかし、それだけではない。この作品は、物語が非常に面白い。
    この物語から、ぼくはどれだけ学んだか分からない。原作も、何度となく読み込んだ。原作を読んでから映画を見ると、また違った面白さが見えてくる。ぜひ、原作も併読されることをおすすめする。

    「ゴッドファーザー」は本当に素晴らしい映画なのだが、その中でも最も素晴らしいシーンは、アル・パチーノ演じるマイケル・コルレオーネが、病院で孤立した父親を助けようとしたとき、一緒にいた男の手が震えているのを見て、自分は震えていない――度胸が据わっているというのに気づく瞬間だ。これは、何度見ても惚れ惚れする。


    第9位「ノーカントリー」

    0d9845a638fc99c6759abe228010ac709b3cdfed

    ぼくが考える、史上最もすぐれた映画はこの「ノーカントリー」だ。文句なくベストワンである。
    ではなぜ9位かというと、このランキングは「思い入れ」の順に並んでいるからだ。必ずしも「すぐれた映画」が上、というわけではない。

    「ノーカントリー」の何が素晴らしいかといえば、これもやっぱり演技と映像だ。特に演技が素晴らしい。取り分けハビエル・バルデム演じる殺し屋シガーが最高だ。
    シガーがガソリンスタンドで店主相手に賭けをするところや、薬屋で万引きするシーンなど、どれも出色の出来映えである。

    このハビエル・バルデムだけでも素晴らしいのに、もう一人、保安官を演じたトミー・リー・ジョーンズが素晴らしい。
    彼の何が素晴らしいかというと、「顔」だ。ジョーンズは、「BOSS」のCMで長年宇宙人のキャラクターを演じているが、ただコーヒーを飲むだけで、多くの人を魅了している。
    なぜ魅了できるかといえば、それは「顔」が凄いからだ。彼の顔こそ、役者の極みといって差し支えない。魅力的な顔を作ることこそ役者の仕事なのだと、この映画を見て知らされた。


    第8位「天空の城ラピュタ」

    0bd98e17c38da2d2e06afc49bc185547c07d0d8b

    くり返しになるが、このランキングはぼくの思い入れの順に並んでいる。そして「ぼくの思い入れ」とは、「見ているときに心を持っていかれた」ということ――つまりどれだけ夢中になれたかということになる。

    「ラピュタ」は、全ての宮崎駿作品の中で、ぼくが最も心を持っていかれた作品だ。「ナウシカ」は、原作を読んでいたからそれとの差異が気になったし、「トトロ」は、必ずしもぼくが好きな風景ではなかった(風景なら「耳をすませば」が好きだ)。
    しかしこの「ラピュタ」は、とにかく心を持っていかれた。ぼくが宮崎駿を決定的に好きになるきっかけとなった「カリオストロの城」のテイストが、この作品には凝縮している。

    「ラピュタ」は、とにかく何から何まで最高だが、取り分けエンディングが最高である。
    ぼくは正直、ラピュタが壊されるのはとても残念に思った。なんとか残すことはできないか、あるいはもう一度あの島に行くことはできないかと、映画を見ている最中から思った。
    するとエンディングでは、そんなぼくの思いを叶えるかのように、中空に浮かぶラピュタが大写しになっていた。それはまるで、ラピュタが滅びず、いつの日か再び人々がこの島へ行く、ということを示唆しているようでもあった。
    それでぼくは、大いなる満足感を覚えたのである。

    そのためぼくは、この映画のエンディング曲が大好きだ。あの曲を聞くと涙が出る。そして、あのエンディングを作るよう進言し、あの曲を作ったのがプロデューサーの高畑勲さんだったと聞くと、「やっぱり高畑さんはすごいな」と、あらためて思わされるのだった。

    第7位 
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。